IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

カジノ法案可決!カジノが生み出す仕事の種類と仕事内容

更新日:2022年08月03日

職種研究

カジノ法案がついに可決されましたね。カジノ法案が可決されたことにより日本にもカジノが誕生するかもしれません。カジノにはどんな仕事があり、仕事の内容はどんなものなのかが気になる人もいるのではないでしょうか。今回はそんなカジノの仕事をご紹介します。

「履歴書ってどうやって書けばいいの?」 「面接でなんて話せば合格するんだろう」 そんな人におすすめなのが「就活ノート」 無料会員登録をするだけで、面接に通過したエントリーシートや面接の内容が丸わかり! 大手企業はもちろんのこと、有名ではないホワイトな企業の情報もたくさんあるので、登録しないと損です! 登録は1分で完了するので、面倒もありません。ぜひ登録しましょう!

カジノのお仕事

カジノのお仕事と言って思い浮かぶのはテーブルでゲームの進行をするディーラーでしょう。しかしそのディーラーやディーラー以外にもカジノには様々な仕事が存在します。

テーブルゲームとスロット

カジノには大まかに二つのゲームが存在します。一つはブラックジャックやポーカーなど、テーブルを使用して行われるゲームと、スロットマシンのゲームです。 これらはそれぞれの部門に分かれていて、それぞれに違ったお仕事が存在いたします。 さらに、テーブルゲームは種類が多く、一つのテーブルで多くの場所を取るために数台を一つのピット(島)として管理しています。

カジノディーラー

カジノと聞いて真っ先に思い浮かぶのはこれでしょう。ディーラーの仕事はお客様と対峙してゲームの進行をすることです。勝敗の判定やチップの配当、回収も行いますのでスムーズに手際よく進行をしなければならず、またミスもしてはいけないので非常に神経を使う仕事です。カジノの多くはミスを無くすために1時間の勤務と20分程度の休憩でローテーションを組んでいます。

フロア・パーソン

フロア・パーソンは数台のテーブルを監視する仕事です。基本的にはカジノディーラーと同じような格好をしているのですが、その役目はカジノディーラーのゲーム進行、配当支払い、両替などに間違いがないかを確認するのが主な仕事です。 また、ゲーム中に発生したトラブル、不正の監視も行っています。 インスペクター、スーパーバイザーなどと呼ぶ場所もあるようです。

ピットボス

前出の通りテーブルゲームは数台、あるいは数十台を一つのピット(島)として管理しています。そのピットの責任者がピットボスです。 ディーラーのローテーション指示、問題のあるお客様の対応、支払い等のクレジット業務など、現場の運営業務を広く行います。テーブルゲームの運営管理の知識やピットの会計管理の知識も必要になる仕事です。

シフトボス

シフトごとの責任者がシフトボスです。日本でのカジノが出来た場合どうなるかは分かりませんが、24時間営業のカジノでは次のような名称で呼ばれています。 朝~昼間:デイ・シフト 夕方~夜:スウイング・シフト 夜~早朝:グレーブヤード・シフト このそれぞれにシフトボスがいます。シフトボスはテーブルゲームの運営管理に関する知識はもちろん、現場での顧客対応の責任者であるため、優れた接客能力と交渉力が必要となる仕事です。

テーブルゲーム・マネージャー

テーブルゲーム・マネージャーはテーブルゲーム部門における運営全体を管理監督する責任と権限を持つ仕事です。テーブルゲームの導入や配置、ゲームのルールや掛け金などのゲームシステムの設定、従業員の管理、収支管理など、多くの仕事を担います。

チェンジ・パーソン

ここからはスロット部門のお仕事になります。 チェンジ・パーソンはお金をスロットマシン用のコインに両替する仕事です。また、マシントラブルやジャックポットが発生した際に、お客様の対応もします。

次のページ:メカニック
初回公開日:2016年12月09日

記載されている内容は2016年12月09日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング