IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

転職を成功に導く「職務経歴書」のフォーマット例と注意点

書類選考

次のステップを目指して転職しようとお考えのITエンジニアの皆さん、転職時に提出が求められる書類の準備は大丈夫でしょうか。転職活動の最初の関門である書類選考で非常に重要な職務経歴書。その失敗しない書き方のコツを伝授。併せて、サンプルフォーマットもご紹介。

更新日時:

そもそも職務経歴書とは?

転職希望者が採用担当者に対して提出する応募書類の1つである「職務経歴書」。職務経歴書とは、これまであなたが経験してきた職務内容やスキル、所属企業に関する情報をまとめた書類のことです。 採用担当者が採用選考をする際の判断材料となり、転職活動で非常に重要となります。次のステップである面接に進むためには、採用担当者に魅力を感じてもらう職務経歴書の作成が必要不可欠です。 しかし、履歴書と異なり、職務経歴書には明確な書式の仕様がありません。相手にあなたを上手く伝える書類を自ら作成しなければなりません。実際、職務経歴書の作成に戸惑う転職希望者は後を絶ちません。 どうすれば失敗せずに職務経歴書が書けるのでしょうか。この記事ではフォーマット例を踏まえつつ、そのポイントを紹介していきます。

職務経歴書の作成ポイントを抑えましょう

職務経歴書には、これまでの勤務先の所属部署や役職(ポジション)、携わってきた業務とその期間、あなたが持っている専門知識や技術、どのような評価を受けてきたかなどを具体的に書くことが重要です。また、その経験を生かして今後転職先でどうしていきたいかという自己PRを伝えることも大切です。 特にITエンジニアの職務経歴書作成で重要となるのは、あなたの技術スキルや実績を明確に示すことです。例えば、システムエンジニアの場合、開発環境やプロジェクトの領域、担当した役割などを伝えましょう。プロジェクトマネージャーの場合、技術面に加えて、予算管理やスケジュール管理などマネジメントのキャリアを記載するとよいでしょう。 取得資格や語学力なども重視されますので、持っている資格やスキルは忘れずに記載してください。また、資格以外でも自分の能力や技術、知識としてアピールできることは「活かせる能力」として記載することをお勧めします。 経験が浅く、内容が乏しいと感じる人は、転職の決意や希望業種に就くための勉強内容などをまとめた自己PR、これまでの業務で成果を出せたエピソードなどを書くようにしましょう。

職務経歴書のフォーマット例を紹介

職務経歴書のフォーマットの基本は、横書きでA4用紙1~2枚程度。パソコンで作成することが一般的ですが、手書きでも差し支えありません。手書きの場合は、市販されている罫線入りの用紙を使うと記載しやすいです。その際は、黒のボールペンや万年筆などを用います。 職務経歴書の記入方法は、大きく分けて「編年体形式」と「キャリア形式」の2種類があります。 編年体形式とは、時系列に沿って業務内容をまとめていく方法です(現在から過去へさかのぼる「逆編年体形式」もある)。キャリア形式とは、業務内容やプロジェクト単位で職務経験をまとめる方法です。 編年体形式では、あなたの経歴が一目で分かるメリットがあります。専門性の高い職種だったり、転職回数が多かったりする場合にはキャリア式が向いています。これまでの実績状況や応募先企業が求めていることに応じて書き分けることをお勧めします。

職務経歴書の記載項目例

・冒頭:標題(職務経歴書)、日付、氏名(※連絡先は任意) ・職務経歴:職務概要、時期、勤務先、会社概要、所属、役職、職務内容、実績など ・能力:取得資格、活かせる能力 ・自己PR ・志望動機 以下、システムエンジニアの職務経歴書のフォーマット例です。

転職を成功に導く「職務経歴書」のフォーマット例と注意点

可能な限り名詞や体言止め、箇条書きで記載するなど簡潔な文章になるように努めましょう。ただし、「自己PR」や「志望動機」の項目は丁寧な文体にすると好印象です。また、具体的かつ客観性な数値を活用するなど、家族や知人が読んでも理解できる内容にするとよいでしょう。

職務経歴書作成上の注意点とは?

ここでは、職務経歴書を作成する上での注意点を紹介します。書き終わった後に以下の項目について確認することをお勧めします。

応募先企業に応じて記載しているか

応募先企業(採用担当者)が知りたいことや求めていることに合わせて記載することが重要です。応募先企業が求めている経験やスキルと、あなたの経験・スキルの共通部分については積極的にアピールしましょう。

見やすい経歴書になっているか

様式が自由であるため、レイアウトや文字の大きさなど記載の見やすさもアピール要素になります。「」(括弧)や記号を使用して項目を立て、適度に改行や行間を空けるようにしましょう。

面接でのやり取りを想定しているか

多くの面接では、職務経歴書の内容に基づいて質問されます。質問の内容と回答の仕方を想定しながら記載してください。 また、完成した職務経歴書はコピーを取っておいて面接前に確認するとよいでしょう。

現在までのすべての期間の情報を盛り込んでいるか

失業中の場合、その期間中のアルバイトや資格取得の勉強などの経験があれば追記しましょう。応募先企業での働く意欲が伝わり、前向きな印象を与えることができます。

あなたをアピールできる(=転職に成功できる)職務経歴書を作成しましょう

職務経歴書の作成を通して自分の長所や新しい価値に気づいたり、自分をより深く知ることで自信が持てるようになったりすることもあります。 職務経歴書の主要目的は「自分にはこんな実務能力や長所、強みがあり御社に貢献できる」ということをアピールすることです。上記のフォーマットを参考にして、採用担当者に魅力を感じてもらえる(=転職に成功できる)職務経歴書を作成してみてはいかがでしょうか。

志望動機が内定へのカギ

この応募者、スキルは高いが、志望動機が弱いからすぐに辞めそう」 転職時の採用担当者にとって志望動機は「採用するかしないか」の最後のひと押し。志望動機がしっかりしているかどうかで、合否が大きく変わってきます。 各企業の欲しい人材像に合わせて、自分の持っている動機を合わせるには、企業の文化や採用時の癖を知ることが重要です。そのようなネットでは手に入らない情報を持っているのが「転職エージェント」。転職エージェントは、志望動機や職務経歴書など、各企業へのアピールポイントを教えてくれます。 どの転職エージェントを使えばわからないという人は、Mayonezが口コミから調べた転職エージェントランキングをチェックしましょう!

関連タグ

アクセスランキング