IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

面接での「優柔不断」の短所の伝え方・克服法

コミュニケーション

面接での「優柔不断」の短所の伝え方や克服法をご紹介します。優柔不断ならではの良さや、それをを活かす方法、自己PR等も考察しているので、自分は「優柔不断」な性格の短所があると感じている方は、是非参考にして活かしてみてください。

更新日時:

優柔不断な人の特徴3つ

気が弱く決断力に乏しい、優柔不断な人というのはどのような特徴があるのか、3つご紹介します。 ①優柔不断な人はなかなか決められない 優柔不断な人の性格を代表するような特徴として、「物事をなかなか決められない」という点が挙げられます。日常の些細なことでも、選択肢に迷ったり悩んだりして決めきれないことがあります。 ②優柔不断な人ほど1度決定した事を覆す 優柔不断な人の特徴として、1度決定したことを覆してしまう事が挙げられます。優柔不断な人はしっかり考えた上で「こうしよう」と決定しても、すぐにまた「やっぱりこっちの方が…」と決定したことを覆してしまうことがあります。 ③さまざまな可能性や選択肢を考える 優柔不断な人の特徴として、さまざまな選択肢や可能性があることも挙げられます。優柔不断な人は1つの物事に対してあらゆるパターンの可能性を考える傾向があります。そのため、選択肢が多いです。 たくさんの選択肢を思い付いてしまうが故に優柔不断になってしまう可能性もありますが、選択肢が多く、あらゆる可能性を考えらえること自体は、長所とも言えそうです。

優柔不断な人になる原因2つ

優柔不断になってしまうのは何故なのか、原因や環境についても2つご紹介します。 ①選択肢の多さが優柔不断な人にする 選択肢の全てが同じくらいに魅力的だから選べないというパターンがあります。優柔不断な人は、4つの選択肢があったとして、どれも4分の1、25%ずつ魅力的であった場合、「どの選択肢も同じように良いから選べない」という状況に陥ってしまうのです。 ②大したことではないから選べない 大したことではないから選べないという状況があります。受験や就職といった人生に大きな影響を与える重要な選択肢は、案外簡単に決定できるものでもあります。 受験や就職のように、人生に与える影響が大きいものでない場合、どんな選択肢を選んでもそんなに後悔はしません。優柔不断な人には「これだけは嫌!」というものがない為に、なかなか物事を選んだり決定したりできなくなってしまいます。

面接で短所を聞かれる理由

面接で短所を聞かれる理由

面接で短所を聞かれる理由は、どれだけ自己分析をしっかり行い、今後につなげていこうとしているのかという姿勢を見るためです。 あなたが「いかに自分のことを理解しているか」「その短所に対してどう向き合っているのか」「今後どうしていきたいのか」を面接官は知りたいのです。

面接での「優柔不断」という短所の伝え方

プラスのイメージで伝える

「優柔不断」を別の言葉に置き替えることをおすすめします。 例えば、優柔不断の良い点の1つである、「自己主張が激しくない」という点です。優柔不断=「自己主張が激しくない」という良さを活かして、「強調性がある」「人に合わせられる」などとプラスのイメージで伝えましょう。

「優柔不断」で困ったエピソードを伝える

実際に優柔不断で困ったエピソードを織り交ぜて話し、実際にどのような行動を取ったかまで伝えられると、説得力のある伝え方ができます。 なぜなら面接官は、あなたが「いかに自分のことを理解しているか」「その短所に対してどう向き合っているのか」「今後どうしていきたいのか」を知りたいからです。 ただ単に「私の短所は優柔不断なところです。」「今後改善していきます。」と回答するだけでは、面接官には「この人は自己分析が不十分なのではないか。」と思われてしまいます。

どう克服しようとしているかの改善策を伝える

「優柔不断」という短所をどう克服していくかという改善策をしっかりと伝えることは重要です。克服するための計画や今努力していること、そして今はどれくらい改善できているのかを、今の自分と照らし合わせて伝えられるようにしましょう。

伝え方で短所も長所に変えられる

優柔不断な人でも伝え方次第で、短所も長所に変えることができます。 優柔不断を長所として言い換えると「慎重な性格で、1つの物事に対して、さまざまな可能性を考え、最善の選択肢を追求する」という表現にできるのです。

優柔不断の克服法3つ

優柔不断を克服する方法3つをご紹介します。

1.言葉の選び方を意識する

自分が優柔不断な人であると自覚している方は、言葉の選び方を意識してみることをおすすめします。 優柔不断な人は、一般的に、 ・「えっと」 ・「あの」 ・「だけど」 ・「でも」 などの言葉を頻繁に使う方が多いです。これらの言葉は、状況や会話の流れによっては勿論必要不可欠なものですが、あまりに使いすぎると、相手にも優柔不断な印象を与えてしまいます。 会話をする時などは、上記のような曖昧な言葉や表現を使っていないか、意識してみましょう。言葉遣いを変えてみるだけでも、相手からの印象や自分自身の感覚も、大分変わってきます。

2.王道の選択肢をあらかじめ決めていく

優柔不断な人は、日常生活の迷ってしまいそうな部分に関して、「鉄板」とも言える王道の選択肢やパターンを決めておくことをおすすめします。 「食事の時、迷ったらこれを選ぶ」「服を買う時に迷ったら、無難な黒を選ぶようにする」などと決めておくと、迷ったり悩んだりする時間を減らすことができるでしょう。

3.失敗を恐れない気持ちを持つ

優柔不断を克服するには、「多少失敗しても気にしない」というミスや失敗を恐れない気持ちを持つことが重要です。 失敗を恐れてしまうと、なかなか決断ができなくなってしまいます。また、あまり考えすぎても必ずしもいい結果があるわけではありませんし、楽観的な気持ちを持ちながら決断することも必要です。

自分を理解して長所に変えよう

「優柔不断」は一般的な言葉のイメージとしてはマイナスな印象になりがちです。しかし、優柔不断な性格には、慎重であったり最善の選択肢を追求できたりと、メリットと言える点もたくさんあります。 一方で、物事を決定するのに時間がかかったり、決断を他人任せにしてしまいがちなのは、優柔不断な性格のデメリットです。このようなデメリットは上記でご紹介した克服方法で改善しましょう。 そして、優柔不断のメリットと言える点を活かして、素敵な毎日を送りましょう。

上司・同僚がうざい、職場になじめない。

自分の性格柄、上司や同僚の理不尽な言動に耐えられない方、職場になじめないという方は多いと思います。「職場の人間関係」は、転職理由のランキングでも上位にあげられるほど、転職を考えるきっかけになっています。 転職のきっかけには「人間関係」のほかに、3つあります。 他の人は何をきっかけに転職しているのか、転職のベストなタイミングっていつなのか、気になる方はこちらの記事もお読みください。  ■記事タイトル 20代の転職成功方法|転職理由3つ・新卒入社3年以内の転職割合・20代の強みとは

転職をしようと考えている人は、自分に合った転職サービスを選ぶことから始めましょう。 各企業の欲しい人材像に合わせて、自分の持っている動機を合わせるには、企業の文化や採用時の癖を知ることが重要です。そのようなネットでは手に入らない情報を持っているのが「転職エージェント」。転職エージェントは、志望動機や職務経歴書など、各企業へのアピールポイントを教えてくれます。 どの転職エージェントを使えばわからないという人は、Mayonezが口コミから調べた転職エージェントランキングをチェックしましょう!

関連タグ

アクセスランキング