IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

優柔不断な人の特徴と自己PR方法・克服方法

コミュニケーション

優柔不断な人の特徴や原因、克服方法などを、個性や性格に注目してご紹介します。優柔不断ならではの良さや、それをを活かす方法、自己PR等も考察しているので、「自分は優柔不断だ」と感じている方は、目を通してみて下さい!優柔不断な人でも裏を返せば良い特徴もあるのです。

更新日時:

優柔不断な人の自己PRとは?

優柔不断な人を、日常的に目にする機会は多いのではないでしょうか?会話の中でも、「私、優柔不断で…」などと話す方もいますよね、、、 優柔不断は馴染み深い言葉ですが、だからこそ「何となく」で理解しているようなつもりになっている方も、多いのではないでしょうか? 優柔不断が本記事でのキーワードになります。そこで今回は、「優柔不断」な人の性格や個性に注目して、特徴や原因、克服方法などをご紹介していきますのでぜひ、参考にしてみて下さいね!

優柔不断の意味とは?

「優柔不断」という言葉の意味についてまずは考えていきましょう。

気が弱く決断力に乏しいこと。また、そのさま。

優柔不断な人というと、一般的に物事をなかなか決断できないという意味が浸透している印象がありますが、本来の意味との違いはそんなにないでしょう。

優柔不断な人の特徴

優柔不断な人というのはどのような人や状態のことをいうのか、特徴を通して見ていきましょう。 優柔不断な人だと断言する事は難しいです。なぜなら、優柔不断な人にも性格や考え方には個人差があるので、特徴に当てはまったからと言って、優柔不断であると断言できるわけではないからです。 優柔不断な人かどうかは、特徴を知ることで見極めることができます。ですので、優柔不断な人の特徴についてみていきましょう。

優柔不断な人はなかなか決められない

優柔不断な人の性格を代表するような特徴として、「物事をなかなか決められない」という点が挙げられます。 重要な決断をする時であれば、誰でも慎重になり迷うこともあるかもしれません。しかし、日常の些細なことでも、選択肢に迷ったり悩んだりして決めきれないことがあります。 優柔不断な人は、例えば、服などを購入する際に同じ型の色違いでどちらを選ぶか決められず、長時間悩んでしまうこともあり、また、食事のメニューなどもなかなか決められないことが多いです。

優柔不断な人ほど1度決定した事を覆す

優柔不断な人の特徴として、1度決定したことを覆してしまう事があげられます。 優柔不断な人はしっかり考えた上で「こうしよう」と決定しても、すぐにまた「やっぱりこっちの方が…」と決定したことを覆してしまうことがあります。そして、上記のように再び選択肢に悩んだり迷ったりしてしまうことも愛あります。 優柔不断な人は、このように、なかなか決断できない上に、決断したとしてもその後も迷い続ける傾向がある為、不安やストレスを抱えやすいです。

さまざまな可能性や選択肢を考える

優柔不断な人の特徴として、選択肢や可能性が豊富であることも挙げられます。 優柔不断な人は1つの物事に対してあらゆるパターンの可能性を考える傾向があります。そのため、選択肢が豊富です。 たくさんの選択肢を思い付いてしまうが故に優柔不断になってしまう可能性もありますが、選択肢が多く、あらゆる可能性を考えらえること自体は、長所とも言えそうです。

優柔不断な人になる原因

優柔不断になってしまうのは何故なのでしょうか?原因や環境についても考えていきましょう。 優柔不断な人でも、常に何かに迷ったり悩んだりしてしまうわけではありません。優柔不断な人が判断に迷うような場面や環境に遭遇すると、なかなか決められなくなってしまうのです。 優柔不断な人が判断や選択肢に迷ってしまう状況は、大きく分けて2種類あると言われています。

選択肢の多さが優柔不断な人にする

1つ目は、選択肢の全てが同じくらいに魅力的だから選べないというパターンです。優柔不断な人は、4つの選択肢があったとして、どれも4分の1、25%ずつ魅力的であった場合、「どの選択肢も同じように良いから選べない」という状況に陥ってしまうのです。

大したことではないから選べない

2つ目は、大したことではないから選べないという状況です。受験や就職といった人生に大きな影響を与える重要な選択肢は、案外簡単に決定できるものでもあります。 優柔不断な人が「こっちが良い!」とはっきり決められなかったとしても、「ここよりはこちらの方が良い」「ここだけは嫌だ!」という選択肢は、比較的はっきりしやすく、決断座量になるものです。 しかし、受験や就職のように、人生に与える影響が大きいものでない場合、どんな選択肢を選んでもそんなに後悔はしません。 優柔不断な人には「これだけは嫌!」というものがない為に、なかなか物事を選んだり決定したりできなくなってしまうというわけです。

優柔不断な人が人間関係に与える影響

優柔不断だとどんなデメリットがあるのかをご紹介していきます。 優柔不断という性格は、他人に攻撃的になったり迷惑をかけたりしにくいので、多少であれば周囲との人間関係などにはそんなに影響はないでしょう。 優柔不断な方は、 ・グループ行動などでリーダーシップを取りたがらない ・何かを相談したり決定したりする際も、「みんなの意見に合わせる」「なんでも良い」といった発言をしがち などの問題があります。優柔不断な人は自己主張が激し過ぎる人と衝突する可能性があるので、このように強調性があるのは決して悪いことではありません。 とはいえ、そのような言動ばかりしていると、「他人任せ」といった印象を抱かれてしまう可能性があります。

優柔不断な人はストレスフル

トピック1315/要素1149296

優柔不断な人は、1度決定したことでも、「本当にこれで良かったのか」とより良い選択肢を考えてしまったり、後悔してしまったりすることが多いです。 優柔不断な人は、そのためストレスや悩みが多く、精神的にリラックスできる時間が少ないとも考えられます。特に、迷った末に決断したことに対して後悔することが多く、そのことで精神的に疲れてしまう場合もあります。 そのような時は、「どんなに悩んだり迷ったりしても、後から必ず後悔するだろう」と開き直り、迷うことや悩むことをやめられるように意識することをおすすめします。

優柔不断は悪いこと?

「優柔不断」という個性や正確について、特徴などをご紹介してきました。これまでご紹介した情報を見ていると、優柔不断であることはデメリットが多く、あまり良いことだとは思えないかもしれません。 しかし、優柔不断は決して悪いことではありません。優柔不断の特徴である「たくさんの選択肢を考えてしまう」という点は、あらゆる可能性を予測したり考えたりできる能力に長けているということになります。 そして、更に良い選択肢や可能性を追及できるので、結果的には成功したり上手くいったりすることも多いと考えられます。優柔不断な人は人間関係でも、自己主張をし過ぎない傾向があるので、衝突しにくく、円満な関係を築きやすいでしょう。 このように、悪いことばかりではないのです。長所や良い点もたくさんあるということを、忘れないで下さい。

優柔不断の克服方法とは?

優柔不断は悪いことばかりではありませんが、悪い部分やデメリットがある点は克服したいという方もいらっしゃるでしょう。 そこで、優柔不断を克服する方法についても考えていきましょう。考え方や性格を変えるというのは、簡単なことではないかもしれません。 しかし、物事に対する考え方や見解を少し変えるだけで、より良い自分と出会える可能性もありますので、ぜひ試してみて下さい。

言葉の選び方を意識する

自分が優柔不断な人であると自覚している方は、言葉の選び方を意識してみることをおすすめします。 優柔不断な人は、一般的に、 ・「えっと」 ・「あの」 ・「だけど」 ・「でも」 などの言葉を頻繁に使う方が多いです。これらの言葉は、状況や会話の流れによっては勿論必要不可欠なものですが、あまりに使いすぎると、相手にも優柔不断な印象を与えてしまいます。 会話をする時などは、上記のような曖昧な言葉や表現を使っていないか、意識してみましょう。言葉遣いを変えてみるだけでも、相手からの印象や自分自身の感覚も、大分変わってきます。

王道の選択肢をあらかじめ決めていく

優柔不断な人は日常生活のさまざまな部分で迷ったり悩んだりしてしまいがちです。 優柔不断な人は、日常生活の迷ってしまいそうな部分に関して、「鉄板」とも言える王道の選択肢やパターンを決めておくことをおすすめします。 「食事の時、迷ったらこれを選ぶ」「服を買う時に迷ったら、無難な黒を選ぶようにする」などと決めておくと、迷ったり悩んだりする時間を減らすことができるでしょう。

優柔不断を活かした自己PR

優柔不断な人には、上記でもご紹介したように、良い面もたくさんあります。「優柔不断の良い部分」を活かした自己PRをご紹介するので、ぜひ参考にしてみて下さい。 優柔不断には良い部分がたくさんあるとは言え、一般的には「優柔不断」という言葉にマイナスな印象を抱いている人も多いでしょう。そのため、「優柔不断」という言葉をそのまま使った場合、相手によってはあまり良い印象を与えられない場合もあります。 そこで、「優柔不断」を別の言葉に置き替えることをおすすめします。例えば、優柔不断の良い点の1つである、「自己主張が激しくない」という点です。優柔不断=「自己主張が激しくない」、この良さを活かして、「強調性がある」「人に合わせられる」などと表現してみてはいかがでしょうか? また、「たくさんの可能性や選択肢を考えられる」という事です。この点を活かして、「慎重」などと言い換えるのもおすすめです。 優柔不断をポジティブに言い換えると「慎重な性格で、1つの物事に対して、さまざまな可能性を考え、最善の選択肢を追求するくせがあります」になります。優柔不断な人でもこのように言い換えれば、相手に好印象を与える立派な自己PRになります。

優柔不断をポジティブに!

いかがでしたか?今回は、「優柔不断」という性格にスポットを当てて、特徴や克服方法についてご紹介しました。 「優柔不断」は一般的な言葉のイメージとしてはマイナスな印象になりがちです。しかし、優柔不断な性格には、慎重であったり最善の選択肢を追求できたりと、メリットと言える点もたくさんありました。 一方で、物事を決定するのに時間がかかったり、決断を他人任せにしてしまいがちなのは、優柔不断な性格のデメリットです。このようなデメリットは上記でご紹介した克服方法で改善しましょうね。 そして、優柔不断のメリットと言える点を活かして、素敵な毎日を送りましょう!

上司・同僚がうざい、職場になじめない。

自分の性格柄、上司や同僚の理不尽な言動に耐えられない方、職場になじめないという方は多いと思います。「職場の人間関係」は、転職理由のランキングでも上位にあげられるほど、転職を考えるきっかけになっています。 転職のきっかけには「人間関係」のほかに、3つあります。 他の人は何をきっかけに転職しているのか、転職のベストなタイミングっていつなのか、気になる方はこちらの記事もお読みください。 ■記事タイトル 20代の転職成功方法|転職理由3つ・新卒入社3年以内の転職割合・20代の強み

関連タグ

アクセスランキング