IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

離職票とは?離職票の2つの種類・発行方法・書き方・例文

退職ノウハウ

あなたが勤め先を辞めたとしましょう。雇用保険を受けようとしようとハローワークに行ったとしても、離職票がなければ手続きができません。ではどうやって発行すればいいのでしょうか決まった書き方はあるのでしょうか?今回は離職票の発行条件や書き方にについて説明します

更新日時:

離職票とは?どうやって発行するの?、書き方は?

会社を辞める理由は様々です。辞めた後、会社から送付されてくるものがあります。それが、離職票です。さて、この離職票はなぜ発行され送られてくるのでしょうか? この離職票とは雇用保険の失業給付を受ける際に必要になる書類です。遅くとも退職して10日前後で送られてくることがほとんどです。この離職票をもって、ハローワークに行き申請手続きを行うことによって、失業給付(基本手当)を貰うことができます。 もし、離職票が発行されない。(してくれない)もしくは、雇用主が行方不明となり、離職票の発行ができない場合などは、管轄のハローワークに相談してみてください。

離職票の種類と書き方

離職票は俗にいう、失業保険をもらうために必要なものというのはわかりましたが、離職票には2種類あります。ここでは「離職票-1」と「離職票-2」の違いと、何が書いてあるのか、何を書く必要があるのか。要するに離職票の大まかな種類の説明と、書き方を説明します。

離職票-1

・雇用側が書き込む情報: 上段の部分の被保険者番号、資格取得年月日(雇用保険に入った年月日)、離職年月日、被保険者の種類。これは、一般被保険者なのか短期雇用特例被保険者なのかといった区分にあたります。 ・自分が書き込む必要がある情報: 雇用保険の失業給付(基本手当)の振り込み先の口座を記入。 また、ハローワークで記入してほしい欄は指示があると思うので、担当者の人の指示に沿って書き込んでください。 基本的に自身が離職票に書き込む情報は基本手当の振込先で、窓口の担当者の方が口座番号などの振込先情報を、照らし合わせながら確認をするので、振込先の通帳は離職票の提出の際は忘れずに、ハローワークにもっていきましょう。 先にも書きましたが、自分が書き込むところは、失業手当の振込先ぐらいです。しかし、雇用側が書くところである、被保険者種類、区分、期間は失業給付の額が影響されるところなので、自身の認識と異なっていないかチェックしておきましょう。

・離職票-2

左側: 被保険者番号、事業所番号、名前等ですが最も重要な箇所が、「離職日以前の賃金支払い状況」です。これによって失業給付の基本手当の支給額が決定します。この左側は雇用側が記入するところです。しかし、支給額が決まる箇所のチェックはしておいたほうがいいです。直近の6か月の給与明細と照らし合わせてみてはいかがでしょうか。基本手当が決定する賃金とは、俗に言う基本給になります。よって、賞与や手当は含みません。 右側: 離職理由を書き込みます。 ここには、雇用側と離職者側の具体的な離職理由を記入するところになります。共同で作成するところでもあり、この離職理由によって失業給付の開始日や期間が決定します。最後に離職者本人の雇用側の離職理由について異議の有無を明確にします。 要するに、雇用者の主張している離職理由と、離職者自身の理由と一致していることを確認します。雇用側にとって、雇用側の都合で辞めさせることが多くなると、国や行政からの助成が受けられなくなるかもしれない。離職者本人側にとっては会社都合になれば、すぐに失業給付が始まる。という利点もあり、離職理由は後々トラブルになるきっかけになります。 離職票の書き方となっていますが、書き方というものはなく、チェックを入れていくぐらいです。離職理由も具体的に文章で書く必要もなく、自身の離職理由に当てはまる項目をチェックするということが書き方になります。

離職票の離職理由・書き方

よって、会社を辞めると決まった時点で、離職票-2の離職理由に注意を払っておいたほうがよいでしょう。離職理由を明記した離職票の書き方は会社によってことなり、離職者側の具体的な離職理由と判断が空欄のままでだったり、雇用側が記入してあったりします。 もし、会社都合の離職であったにも関わらず、自己都合にされたしまったということもあり得ます。その時、会社側に抗議をする必要が出てきます。一筋縄ではいかない事業所もあるので、雇用側と自身の離職理由の確認はきちんとしておきましょう。 早めに確認しておけば、労働基準監督署に相談するといった対処ができるので、泣き寝入りは免れます。著者は一度雇用側と離職で揉め、あっせんまで発展した経験があります。

離職票の発行方法

離職票の書き方をざっと紹介しましたが、わからなければハローワークに行って窓口担当者の人と相談しながら制作することができます。書き方というよりかは項目チェックという感じです。重要なのは離職票を手に入れることです。これがなければ、失業給付を受けることができません。今回は離職票の発行方法を説明します。

離職票の発行条件

離職票は雇用保険の失業給付を受ける際に必要な書類です。よって、雇用保険に加入していないと発行されません。雇用側は社員が退職したら、雇用保険の資格を喪失したという手続きを10日以内に行う義務があり、その手続きが完了して会社側から離職票が届くのです。 よって、離職票の発行条件として、雇用保険に加入していることが重要になります。条件を満たしていれば正規、非正規とは関係なく、雇用保険の加入義務が雇用側に発生します。よって、離職票が発行されないこともあり得ます。 雇用保険に加入しているのに、会社が発行してくれないとう場合は、ハローワークにいって、雇用保険の資格が喪失しているか確認してみてください。雇用側は手続きを怠っていることもありますし、送付してないだけかもしれません。

おわりに

離職票とはいったい何なのか、なぜ必要なのか。書き方や発行方法を一通り説明してきました。個人的に2回ほど離職票をすんなりと作成できませんでした。一度目は離職理由で、2度目は雇用保険の加入条件をクリアしていたにも関わらず、未加入で離職票の発行ができなかったことがあります。 その時重要になったことは離職理由を明確にしたことでした。会社都合なのか自己都合なのかで全然変わってきます。離職が決まった時点で、離職票の存在を意識すべきです。離職票の作成時はもちろん、発行時にも重要になります。まずは発行条件があるのかを確認し、早めに対処できるようにしておきましょう。

関連タグ

アクセスランキング