IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

就活女子のおすすめ前髪|髪の長さ別アレンジ・NG例5つ

更新日:2020年05月16日

服装・髪型

就活の面接での第一印象を決める10秒を有利に使いたいのではないでしょうか。今回は人事担当者に好印象を与える髪型のセットの方法や印象をよくするポイントを紹介していきます。髪型でいちばん大切な、就活用の前髪の作り方について説明させていただきます。

1.前髪が眉毛や目にかかっている髪型

前髪が眉毛や目にかかっている髪型は、目の表情がわからなくなり鬱陶しく見えるので就活女子にはNGのヘアスタイルです。 眉毛が隠れてしまうのはよくありません。清潔感が感じられず、表情がよく見えません。清潔感を出すために、眉毛や目が見えるさっぱりとした前髪にしましょう。 眉毛が目にかかっている髪型は、内向的な性格で消極的な姿勢に見られがちです。就活はやる気を見せる場なので、眉や目は見せるようにしましょう。

2.輪郭を隠す髪型

輪郭を隠す髪型は鬱陶しくなるので、就活女子にはNGのヘアスタイルです。 女性は小顔に見られたいという願望が強く、顔を小さく見せるために前髪の一部で輪郭を隠す、うざバングのような髪型をしている人がいます。清潔感が感じられず、就活女子にふさわしい前髪ではありません。 長くなった前髪は、切るか耳の後ろに流してゴムで結ぶ・ピンで留めるなどして、さっぱりと清潔感あふれる髪型に処理しておきましょう。

3.耳が見えない髪型

髪の毛が長くなると自然に耳の部分が隠れてしまうため仕方がないのですが、そのままだと顔の印象が暗く見えたり、清潔感が無いと思われたりしてしまいます。 就活の際は、耳が見えるように髪を後ろに流してしっかり固めるか、結ぶなどして髪型を整えた方が良い印象を与えることができます。 就活のときはロングヘアであろうとショートヘアであろうと、耳を見せるのが鉄則です。耳が見える髪型は、きちっとした印象になるからです。

4.お辞儀をしたら崩れる髪型

お辞儀をするとすぐに崩れたりするような髪型は就活にはふさわしくありません。 動きがある髪型というのは可愛いですが、清潔感がなく、就活の場にはふさわしくありません。 就活の場ではお辞儀をする機会が頻繁にあります。お辞儀をすると下がってくるようなヘアスタイルの人は、髪をゴムで結ぶかピンなどで留めておきましょう。

5.茶髪

茶髪は就活にふさわしくない髪色です。 就活の面接で茶髪はNGです。印象が良くありません。髪の色を染めてしまっている人は、必ず黒に直してから面接を受けた方が良いでしょう。 もともとの髪の色が茶髪の人もいます。一般的な企業では、ダークブラウンまでは許容範囲といわれています。気になる人は黒に染めましょう。 黒に染める際は、色むらがないように美容院でプロに染めてもらいましょう。髪のダメージに注意してください。 今の髪形が就活女子に相応しくない髪型なのか、実際にプロに見てもらって判断しましょう。エージェントに在籍するキャリアアドバイザーは経験豊富なので、的確なアドバイスをもらうことができます。

就活に適した前髪で好印象を与えよう

今回は就活で好印象を残すための前髪や髪型のお話をさせていただきました。 就活の面接に臨む際は清潔感のある髪型でさわやかな前髪を作ってから出掛けましょう。ヘアスタイルは髪の艶感も大切です。ヘアケアにも気を配ってください。 あなたの印象を決めるのはあなた自身です。髪型をさっぱりと整えることで、清潔感や誠実さを醸し出すことができます。清潔感のある前髪で就活に臨み、あなたの魅力をしっかりと伝えていきましょう。

就活の身だしなみを整えよう

就活は前髪や髪型だけでなく、服装などの身だしなみを整えることも大切です。 就活の第一印象は全体の身だしなみで決まります。就活女子はスカート丈や服のほこりや汚れ、皺などにも気を配りましょう。アクセサリーをつける場合は、できるだけ控え目にしてください。 必要な書類などの忘れ物がないように、細心の注意を払ってください。汗をかいたときのために、ハンカチやティッシュも忘れずにかばんに入れておきましょう。

初回公開日:2016年12月04日

記載されている内容は2016年12月04日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング