IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

就活女子のおすすめ前髪|髪の長さ別アレンジ・NG例5つ

服装・髪型

就活の面接での第一印象を決める10秒を有利に使いたいのではないでしょうか。今回は人事担当者に好印象を与える髪型のセットの方法や印象をよくするポイントを紹介していきます。髪型でいちばん大切な、就活用の前髪の作り方について説明させていただきます。

更新日時:

「履歴書ってどうやって書けばいいの?」 「面接でなんて話せば合格するんだろう」 そんな人におすすめなのが「就活ノート」 無料会員登録をするだけで、面接に通過したエントリーシートや面接の内容が丸わかり! 大手企業はもちろんのこと、有名ではないホワイトな企業の情報もたくさんあるので、登録しないと絶対に損です。 登録は1分で完了するので、面倒もありません。ぜひ登録しましょう!

就活の身だしなみ

就活の面接で特に気を使うのが髪型や身だしなみです。 面接で初めて会う人事担当者にどうすれば良い印象を残せるかが重要です。人の印象は会って10秒で決まるといいます。その10秒を有効活用するために、就活時の前髪に注意を払っていきましょう。 今回は、人事担当者に好印象を与える前髪についてご紹介していきます。

好印象を与えるポイントは清潔感

就活の面接で人事担当者に好印象を与えるポイントは「清潔感」です。 清潔感があるように見せるにはどうすればいいのでしょうか。それは、髪が伸びてしまうと隠れてしまう顔のパーツにヒントが隠されています。 髪が伸びると自然と隠れてしまうパーツとは、耳、眉や額、顔の輪郭です。この3か所を見えるようにするだけで、顔の表情がはっかりとわかるようになり、清潔感のある印象を作り出すことができます。 就活の際の身だしなみに関しては、エージェントに在籍するキャリアアドバイザーに相談してみるのが一番です。企業ごとで求められる理想像が異なるので、面接を希望する企業によって合う身だしなみをアドバイスしてもらいましょう。

就活女子のおすすめ前髪

女性は髪型で雰囲気が変わるものですが、前髪の整え方次第でさらに印象が変わってきます。 前髪はとても重要なパーツです。人が人の顔を見る時、最初に顔の中心に目がいきます。とくに「額」「眉毛」「目の部分」に視線が集中します。 前髪や眉毛の形は自分で変えることができます。前髪の形をアレンジすることで、清潔感に加えて誠実さや活発さ、好印象などを相手に印象付けることができます。

清潔な印象を与える前髪

清潔さは額にあらわれます。 就活のときは、トレンドのななめ前髪がおすすめです。前髪が目にかからないようにななめに流す前髪は、清潔感があり顔の表情もはっきりとわかるヘアスタイルです。 好感度たっぷりのななめ前髪は、就活にぴったりのさわやかな髪型です。

ななめ前髪

就活にぴったりのななめ前髪は、誰でも簡単に取り入れることができるヘアスタイルです。 使うもの •マジックカーラー •クシ •スプレー 1.マジックカーラーで前髪を巻き、10分から15分ほどおくと自然な流れができます。 2.マジックカーラーを外したら、クシでとかします。眉にかからないように、前髪を眉上に持っていき整えます。 3.最後は前髪部分を軽くさっとスプレーをして、自然な仕上がりをキープしましょう。

誠実な印象を与える前髪

就活では、面接官に誠実な印象を与えることが重要です。 誠実な印象を与えるには、隠し事がないイメージを印象付けるために額をみせましょう。額を見せる髪型はいろいろありますが、就活時は特にセンター分けがおすすめです。誠実さが際立ちます。

センター分け

センター分けは真面目で誠実なイメージがある前髪です。 使うもの •マジックカーラー •クシ •スプレー 1.マジックカーラーで前髪を巻いて10~15分おく。 2.前髪を下した状態から、手で真ん中で分けて、自然な仕上がりに作ります。 3.最後に頭頂部の真ん中の分け目部分にスプレーを吹き付け、固定してでき上がりです。スプレーは軽めの物を選ぶと良いでしょう。

髪の長さ別おすすめの前髪アレンジ

就活の面接で最初に見られる前髪は、もっともアレンジに力を入れるべきパーツです。 前髪は髪の長さによって似合うアレンジが違ってきます。それぞれの髪の長さ別におすすめの前髪アレンジをご紹介していきます。 就活の面接では、あなたの見た目と雰囲気をチェックされます。前髪は髪型全体の印象を左右する大切な部分です。清潔感があり、好印象が与えられるようなさわやかなイメージの前髪を作り上げていきましょう。

ベリーショート

ベリーショートを就活の髪型にするのは勇気がいりますが、清潔感があり、できる女のイメージをアピールするにはぴったりの髪型です。 ベリーショートの髪型の人は、黒髪が強調できます。薄い色の髪の人は、いっそ黒に染めてみるのもよいでしょう。黒髪はキレイ系の印象がありますので、より魅力的に見せることができます。 ベリーショートの前髪は眉上のぱっつんでもかまいませんが、少し長めの方が就活には向いています。

ショート

ショートカットの人は前髪を、好きな割合に分けてから後ろへ流します。 ショートカットの人は意外と前髪が長いです。髪型全体が短くても、前髪が長いと就活での印象が悪くなります。長い前髪の人は分けめを作り、前髪の先が目や顔の輪郭に深く掛からないように工夫をしましょう。 ショートカットの人はセンター分け以外の場所で前髪を分けます。髪全体を耳にかけ、後ろでポニーテールなどにしっかりと結び、ピンで留めます。

ボブ

ボブヘアで就活を行う女子は、必ず眉を見せる前髪を心がけましょう。 ボブヘアは広がりやすい傾向があるので気をつけてください。清潔感のあるボブヘアを目指しましょう。 ボブヘアでの就活はカラーリングやぱっつん・変わった前髪はNGです。髪の色は漆黒にしないほうが就活向きです。 ボブヘアは大人のイメージがあり、クールで落ち着いた印象があります。やわらかで女らしいイメージがあるので就活におすすめです。

ミディアム

ミディアムヘアの人が就活用の前髪にするときは、ななめ前髪にハーフアップがおすすめです。 ミディアムヘアの人はどのようなヘアスタイルも前髪も似合います。トレンドのななめ前髪がもっともポピュラーですが、印象に合わせてセンター分けやアップも誠実さや個性が出せるのでおすすめです。 前髪の分け方は目の大きさで決める方法もあります。知的に見せたいときは小さい方、かわいく見せたいときは大きい方の目を見せます。

ロング

就活中のロングヘアの方の前髪は、流し前髪がおすすめです。 つむじの後ろから前髪をもってきて、つむじのあたりで7対3に分けます。前髪が自然に流れるように、手で撫でつけて馴染ませ、流し前髪にします。 ロングヘアはどのような前髪もしっくりきます。バックは耳の高さでポニーテールに結ぶとよいでしょう。髪を一部引き出して結び目に巻き付け、後れ毛をワックスなどで撫でつけます。セット感が出ている髪型は、就活向きです。

就活を支援してくれるサービス

就活は情報戦です。 そこで、あなたは ・就活情報をネット中心で集めているエントリーしたのは有名企業ばかり行きたい企業しか見ていない という就活をしていませんか? そこで、内定をぐっと近づけるために今回就活のプロに相談できるキャリアチケットをご紹介します。 キャリアチケットの実績 ・内定率80.4%※ ・就活相談実績60,000人以上 ・独自の有料企業200社以上 ※ サービスからの主要企業内定率(2017/04~2017/09) キャリアチケットでできること ・人事目線のアドバイス ・適正のあった企業にあなたを推薦 ・マンツーマンでの手厚い選考対策 キャリアチケットを使って、他の人と情報で差をつけませんか。

就活女子の髪型NG例

就活女子にはやってはいけない前髪が存在します。 就活中にNGな髪型は、顔の表情がわからなくなる、顔を隠すような前髪です。暗いイメージは就活にはマイナスです。明るく清潔な印象になるように、さっぱりとした前髪を常に心がけてください。 パーマも就活中は注意すべきヘアスタイルです。ストレートパーマやそれに近い髪型はOKですが、派手なカールやドレッドなどはNGです。ゆるふわパーマも髪型によってはNGです。

1.前髪が眉毛や目にかかっている髪型

前髪が眉毛や目にかかっている髪型は、目の表情がわからなくなり鬱陶しく見えるので就活女子にはNGのヘアスタイルです。 眉毛が隠れてしまうのはよくありません。清潔感が感じられず、表情がよく見えません。清潔感を出すために、眉毛や目が見えるさっぱりとした前髪にしましょう。 眉毛が目にかかっている髪型は、内向的な性格で消極的な姿勢に見られがちです。就活はやる気を見せる場なので、眉や目は見せるようにしましょう。

2.輪郭を隠す髪型

輪郭を隠す髪型は鬱陶しくなるので、就活女子にはNGのヘアスタイルです。 女性は小顔に見られたいという願望が強く、顔を小さく見せるために前髪の一部で輪郭を隠す、うざバングのような髪型をしている人がいます。清潔感が感じられず、就活女子にふさわしい前髪ではありません。 長くなった前髪は、切るか耳の後ろに流してゴムで結ぶ・ピンで留めるなどして、さっぱりと清潔感あふれる髪型に処理しておきましょう。

3.耳が見えない髪型

髪の毛が長くなると自然に耳の部分が隠れてしまうため仕方がないのですが、そのままだと顔の印象が暗く見えたり、清潔感が無いと思われたりしてしまいます。 就活の際は、耳が見えるように髪を後ろに流してしっかり固めるか、結ぶなどして髪型を整えた方が良い印象を与えることができます。 就活のときはロングヘアであろうとショートヘアであろうと、耳を見せるのが鉄則です。耳が見える髪型は、きちっとした印象になるからです。

4.お辞儀をしたら崩れる髪型

お辞儀をするとすぐに崩れたりするような髪型は就活にはふさわしくありません。 動きがある髪型というのは可愛いですが、清潔感がなく、就活の場にはふさわしくありません。 就活の場ではお辞儀をする機会が頻繁にあります。お辞儀をすると下がってくるようなヘアスタイルの人は、髪をゴムで結ぶかピンなどで留めておきましょう。

5.茶髪

茶髪は就活にふさわしくない髪色です。 就活の面接で茶髪はNGです。印象が良くありません。髪の色を染めてしまっている人は、必ず黒に直してから面接を受けた方が良いでしょう。 もともとの髪の色が茶髪の人もいます。一般的な企業では、ダークブラウンまでは許容範囲といわれています。気になる人は黒に染めましょう。 黒に染める際は、色むらがないように美容院でプロに染めてもらいましょう。髪のダメージに注意してください。 今の髪形が就活女子に相応しくない髪型なのか、実際にプロに見てもらって判断しましょう。エージェントに在籍するキャリアアドバイザーは経験豊富なので、的確なアドバイスをもらうことができます。

就活に適した前髪で好印象を与えよう

今回は就活で好印象を残すための前髪や髪型のお話をさせていただきました。 就活の面接に臨む際は清潔感のある髪型でさわやかな前髪を作ってから出掛けましょう。ヘアスタイルは髪の艶感も大切です。ヘアケアにも気を配ってください。 あなたの印象を決めるのはあなた自身です。髪型をさっぱりと整えることで、清潔感や誠実さを醸し出すことができます。清潔感のある前髪で就活に臨み、あなたの魅力をしっかりと伝えていきましょう。

就活の身だしなみを整えよう

就活は前髪や髪型だけでなく、服装などの身だしなみを整えることも大切です。 就活の第一印象は全体の身だしなみで決まります。就活女子はスカート丈や服のほこりや汚れ、皺などにも気を配りましょう。アクセサリーをつける場合は、できるだけ控え目にしてください。 必要な書類などの忘れ物がないように、細心の注意を払ってください。汗をかいたときのために、ハンカチやティッシュも忘れずにかばんに入れておきましょう。

関連タグ

アクセスランキング