銀行業界とは?業界の特徴、業界の魅力、代表的な会社など

業界・企業研究

銀行といえば、皆さんの生活の身近な場所に存在する機関ですよね。どんな企業や、どんな人でも、資金がないと何もできないのが事実。今回はそんな、世の中でとても大切な「お金」を取り扱う業界である、銀行業界の特徴や魅力について、簡単に説明しましょう!

更新日時:

「銀行業界」とは「お金を運用し、社会の中で流通させる業界」

まず銀行業界とは簡単に言うと「お金を運用し、社会の中で流通させる業界」です。顧客のお金を預かる「預金業務」、預かったお金を他に貸し出す「貸付業務」、資金を別の場所へ送る「為替業務」の3つの業務を中心に、個人や企業を相手にお金の橋渡しを行っています。

「銀行業界」への就職のポイント

銀行業界の最大の利点としては、「安定性がある」「給料が高い」という2点があげられます。お金の流通はどんな時代においても大切なことですから、安定した仕事であることは間違いありません。また、銀行業界は公共性が高い業界であり、守秘義務が多く課せられることから、業界内での結束力は強い傾向にあります。このため、仲間内での関係は濃く、また、顧客との関係性も親密なものになることが多い業界でもあるでしょう。 このような業界の特徴から考えると、銀行業界は、対人での仕事に魅力を感じる人や、一人の顧客に対してじっくり向き合いたいという人にとってはうってつけの業界です。また、業界の趣旨が「人や企業を助け、その将来性を支える仕事」であることも、銀行業界のやりがいとして挙げられる魅力だといえます。 更に、近年は海外への企業展開も進んできており、銀行業界においてもグローバル化は欠かせないものとなっています。世界のさまざまな企業と繋がりをもち、多様な分野の企業運営に携わることができる点も、銀行業界ならではといえるでしょう。

「銀行業界」の代表的な企業

銀行業界の代表的な会社といえば、「三菱UFJフィナンシャル・グループ」「三井住友フィナンシャル・グループ」「三井住友トラスト・ホールディングス」「みずほフィナンシャル・グループ」「りそなホールディングス」などが挙げられます。 中でも「三菱UFJ」「三井住友」「みずほ」は『三大メガバンク』と呼ばれ、複数の都市銀行が合併を繰り返して生まれた巨大な銀行です。メガバンクに対し、「三井銀行」「三菱銀行」「住友銀行」などは『都市銀行』と呼ばれ、大都市圏に本店を構え、全国展開をしているのが特徴です。 就職の観点から考えれば、メガバンクは社会的な知名度も高く、かつ給与もよいことからとても人気ですが、一方で激務に耐えきれず離職する人が多いことも事実です。そんな中で、一番就活生に人気が高いのが「三菱東京UFJ銀行」。特に国際業務に強みをもっており、グローバル化も推進していることから、文系の就活生からの人気が高いといえるでしょう。

終わりに

銀行業界は安定した業界であることに加え、世の中を動かす大事な業界です。お金という重要なファクターを通し、人や企業を助け、社会の流れを良い方向へと導くことを目指す、そんな業界に魅力を感じている皆さんは是非、銀行業界への仲間入りを考えてみてはいかがでしょうか。 銀行業界についてさらに詳しくなりたい方には「図解入門業界研究最新銀行業界の動向とカラクリがよ~くわかる本」がおすすめです。

関連タグ

関連する記事

アクセスランキング

《最大6つの質問で診断完了!》
Facebook Messenger
経由で
あなたにマッチした転職を診断します。

今スグ診断(無料)

《最大6つの質問で診断完了!》
Facebook Messenger
経由で
あなたにマッチした転職を診断します。

今スグ診断(無料)