IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

ゲーム業界で企業の「業績」「平均年収」

更新日:2020年11月06日

就活

今回は、ゲームを生み出している、ゲーム業界にスポットを当てて、就職活動や業界研究に役立つ2種類のをご紹介していきます。の大手企業や、最近業績を伸ばしている新しい企業が登場しているので、ぜひ業界研究の一環として活用してみて下さいね。

「履歴書ってどうやって書けばいいの?」 「面接でなんて話せば合格するんだろう」 そんな人におすすめなのが「就活ノート」 無料会員登録をするだけで、面接に通過したエントリーシートや面接の内容が丸わかり! 大手企業はもちろんのこと、有名ではないホワイトな企業の情報もたくさんあるので、登録しないと損です! 登録は1分で完了するので、面倒もありません。ぜひ登録しましょう!

ゲーム業界企業

それでは各を見ていきましょう。ここでは •業績 •平均年収 この2つのについてご紹介します。

ゲーム業界企業:業績

ゲーム業界企業:平均年収

続いてご紹介するのは、ゲーム業界企業の平均年収です。これから社会人として企業に就職する方にとって、、平均年収というのは、ゲーム業界の収入の相場がいくらくらいなのか、や業績と並んで気になるステータスの1つなのではないでしょうか? 業界研究をしている方は、業績の結果と比較してみるのも、おもしろいですよ。ゲームソフトとハードのと、企業の年収の高さは、果たして比例しているものなのでしょうか? 以下は、平成26年7月~平成27年6月までの、ゲーム業界企業の平均年収を元にしたです。 •1位:スクウェア・エニックス・HD •2位:バンダイナムコHD •3位:ソニー •4位:任天堂 •5位:セガサミーHD •6位:コーエーテクモHD •7位:ディー・エヌ・エー •8位:グリー •9位:コナミHD •10位:ガンホー・オンライン・エンターテイメント •11位:コロプラ •12位:ユークス •13位:モブキャスト •14位:カプコン •15位:ガーラ •16位:ネクソン •17位:マーベラスAQL •18位:日本ファルコム •19位:ハーツユナイテッドグループ •20位:KLab •21位:アエリア •22位:トーセ •23位:エイティング •24位:サイバーステップ •25位:クラウドゲート •26位:日本で有数ソフトウェア 引用元:「年収ラボ(※1)」 3位までの平均年収は、後程詳しくご紹介していきますが、業績の結果と比較すると、上位から下位まで順位に変動が見られました。1位のスクウェア・エニックス・HDの平均年収は、ゲーム業界内でも断トツと言えるほどの金額でした。また、2位も十分な高額年収となっています。 ちなみに、業界などに関係なく統計された、労働者の2015年の平均年収は、440万円(※3)。ゲーム業界企業の場合は、トーセの平均年収が445万円となっており、22位までが上記の標準的な金額を上回る平均年収となっています。 平均年収1位:スクウェア・エニックス・HD 平均年収1位に輝いたのは、業績では6位だったスクウェア・エニックス・HD。平均年収は1374万円となっており、業界内でも圧倒的とも言える高額年収となっています。平成25年~平成26年の平均年収は1351万円だったので、やや増加傾向にある模様(※2)。 スクウェア・エニックス・HDは、「ドラゴンクエスト」や「ファイナルファンタジー」など、シリーズを複数抱えている大手企業。2006年にタイトーを子会社化しています。 平均年収2位:バンダイナムコHD 業績では3位だったバンダイナムコHDが、平均年収938万円では、2位にランクインとなっています。2位という順位ではありますが、上記でご紹介した440万円という標準的な平均年収と比較すると2倍以上の金額。また、前年度の平均年収が888万円だったことを考えると、こちらも増加傾向となっており、今後も平均年収は更に増加していくことが期待できそうです(※2)。 平均年収3位:ソニー 圧倒的な売上高で業界有数の業績を誇るソニーは、平均年収では3位となっています。平均年収は859万円。上記の440万円という金額を標準と考えると、充分な高額年収と言えるでしょう。平成25年~平成26年の平均年収は、885万円でした(※2)。横ばい~若干の減少傾向ではありますが、業績が好調なことを考えると、今後は増加傾向に転じる可能性も期待できそうです。

ゲーム業界は変動の激しい業界

今回は、ゲーム業界企業に関する、2種類のを紹介しました。業界研究をしている方にとっては、お馴染みの社名や予想通りの結果になった部分もあったかと思いますが、反対に今まで知らなかった企業との出会いもあったのではないでしょうか? ゲーム業界は、ヒット作が1本出れば、どんな企業でも一気に売上を伸ばすことができます。起業したばかりの企業でも、社会現象になるようなソフトやタイトルを開発することができれば、追い上げを見せることが可能です。 世間の反応や、また企業の企画力や技術力が結果に出やすい業界なので、の順位が大幅に変動することもあります。 ゲーム業界への就職を検討している方や業界研究をしている方は、上記のような業界の特徴を頭に入れ、常に最新の情報を収集できるよう、心掛けましょう。

[参考資料・引用元]
※1「年収ラボ
※2「業界動向.SEARCH.COM
※3「doda 平均年収2015

初回公開日:2016年12月04日

記載されている内容は2016年12月04日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング