IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

銀行業界の人気企業ランキング(業績・平均年収ランキング)

業界・企業研究

今回は、日本の経済の中心とも言える銀行業界に関する、2種類のランキングをご紹介していきます。人気の大手企業から、堅実な経営で売り上げを伸ばしている中小企業まで、さまざまな企業が登場するので、ぜひ業界研究の一環としてお役立て下さい!

更新日時:

銀行業界企業ランキング

初めにご紹介するのは、銀行業界企業の業績ランキングです。企業の人気や魅力を図る要素はさまざまですが、業績もその1つです。業績は、その企業の将来性、更には銀行業界全体の今後を示す重要なステータスだと言えます。業界研究をしたり、銀行業界への就職を検討したりしているなら、知っておきたい情報の1つです。

銀行業界企業ランキング:業績ランキング

以下は、各企業の売上高を元にしたランキングです。 ・1位:三菱UFJフィナンシャル・グループ ・2位:三井住友フィナンシャルG ・3位:みずほフィナンシャルG ・4位:三井住友トラスト・HD ・5位:りそなHD ・6位:新生銀行 ・7位:横浜銀行 ・8位:ふくおかフィナンシャルG ・9位:千葉銀行 ・10位:静岡銀行 ・11位:ほくほくフィナンシャルG ・12位:八十二銀行 ・13位:山口フィナンシャルG ・14位:常陽銀行 ・15位:西日本シティ銀行 ・16位:北洋銀行 ・17位:スルガ銀行 ・18位:群馬銀行 ・19位:あおぞら銀行 ・20位:広島銀行 ・21位:十六銀行 ・22位:中国銀行 ・23位:伊予銀行 ・24位:京都銀行 ・25位:池田泉州HD ・26位:セブン銀行 ・27位:七十七銀行 ・28位:大垣共立銀行 ・29位:第四銀行 ・30位:足利HD ・31位:関西アーバン銀行 ・32位:山陰合同銀行 ・33位:滋賀銀行 ・34位:肥後銀行 ・35位:南都銀行 ・36位:百五銀行 ・37位:鹿児島銀行 ・38位:百十四銀行 ・39位:武蔵野銀行 ・40位:紀陽銀行 ・41位:北國銀行 ・42位:京葉銀行 ・43位:阿波銀行 ・44位:東京TYフィナンシャルグループ ・45位:みなと銀行 ・46位:トモニホールディングス ・47位:東邦銀行 ・48位:名古屋銀行 ・49位:大分銀行 ・50位:栃木銀行 ・51位:北越銀行 ・52位:琉球銀行 ・53位:千葉興業銀行 ・54位:宮崎銀行 ・55位:フィデアホールディングス ・56位:山梨中央銀行 ・57位:青森銀行 ・58位:十八銀行 ・59位:愛知銀行 ・60位:沖縄銀行 ・61位:福井銀行 ・62位:秋田銀行 ・63位:山形銀行 ・64位:東京都民銀行 ・65位:岩手銀行 ・66位:四国銀行 ・67位:筑波銀行 ・68位:東日本銀行 ・69位:東和銀行 ・70位:愛媛銀行 ・71位:じもとホールディングス ・72位:佐賀銀行 ・73位:八千代銀行 ・74位:みちのく銀行 ・75位:第三銀行 ・76位:三重銀行 ・77位:中京銀行 ・78位:清水銀行 ・79位:高知銀行 ・80位:北日本銀行 ・81位:長野銀行 ・82位:大光銀行 ・83位:トマト銀行 ・84位:南日本銀行 ・85位:筑邦銀行 ・86位:福島銀行 ・87位:鳥取銀行 ・88位:宮崎太陽銀行 ・89位:東北銀行 ・90位:大東銀行 ・91位:富山銀行 ・92位:島根銀行 引用元:「Ullet(※1)」 上位3位までの企業の売上高については、後程詳しくご紹介しますが、上位1位~4位までの企業の売上高が、下位の企業に大差をつける結果となっています。 メガバンクと呼ばれる人気の大手企業に続いて、地域の銀行がランクインしていますが、注目したいのは26位のセブン銀行。コンビニや大手スーパーで有名なセブン&アイHDの傘下です。所謂「コンビニ銀行」と呼ばれる銀行が登場して数年が経ちましたが、その中でも高い人気を誇る頂点に輝く存在と言えるでしょう。ちなみに、セブン銀行の売上高は、1140憶円となっています。コンビニ銀行が、今後どのように銀行業界での地位を築いていくのか、注目ですね。 それでは、上位3位までの企業の詳しい業績を見ていきましょう。 ・業績ランキング1位:三菱UFJフィナンシャル・グループ 巨大な市場を持つ銀行業界の頂点に輝いたのは、三菱UFJフィナンシャル・グループ。平成26年7月~平成27年6月の売上高は、5兆6384憶円でした(※2)。他の業界であれば、業界全体の市場規模がこのくらいの金額でも、全く不思議ではありません。巨大な市場を持つ銀行業界ならではの業績とも言えるかもしれませんね。後程ご紹介する、2位以下の企業の売上高を大きく突き放している三菱UFJフィナンシャル・グループ。更に、その業績は増加傾向にあるので、今後も業績を伸ばしていく可能性は大いにあります。 ・業績ランキング2位:三井住友フィナンシャルG 続いて、三井住友フィナンシャルGが、平成26年7月~平成27年6月の売上高4兆8512憶円で2位にランクインしました(※2)。1位の三菱UFJフィナンシャル・グループ比較すると、リードを許していますが、挽回できない程の差とは言い難いもの。現在、業績を伸ばし続けている三菱UFJフィナンシャル・グループに対して、今後どこまで食いついていけるのか、動向が気になるところですね。 ・業績ランキング3位:みずほフィナンシャルG 銀行業界ランキング3位にランクインしたのは、みずほフィナンシャルGでした。平成26年7月~平成27年6月の売上高は、3兆1802憶円(※2)。1位・2位にリードを許していますが、業績としては非常高いものです。みずほフィナンシャルGの業績もまた、現在は増加傾向。今後の経営や展開次第では、更に増加していくでしょう。みずほフィナンシャルGもまた、今後の動向が気になる企業の1つです。

銀行業界企業ランキング

続いてご紹介するのは、銀行業界企業の平均年収ランキング。企業に就職をして、生活していく身としては、気になる要素ですよね。平均年収もまた、業績と並んで、各企業の人気や魅力を図る、重要なステータスの1つなのです。 業界研究をしている方は、業績ランキングの結果と比較して、各企業の順位の変動にも注目してみて下さい。

銀行業界企業ランキング:平均年収ランキング

以下は、銀行業界各企業の平均年収を元にしたランキングです。 ・1位:三菱UFJフィナンシャル・グループ ・2位:りそなホールディングス ・3位:みずほフィナンシャルグループ ・4位:じもとホールディングス ・5位:ほくほくフィナンシャルグループ ・6位:ふくおかフィナンシャルグループ ・7位:山口フィナンシャルグループ ・8位:トモニホールディングス ・9位:足利ホールディングス ・10位:みずほ信託銀行 ・11位:スルガ銀行 ・12位:新生銀行 ・13位:あおぞら銀行 ・14位:静岡銀行 ・15位:信金中央金庫 ・16位:横浜銀行 ・17位:千葉銀行 ・18位:池田泉州ホールディングス ・19位:常陽銀行 ・20位:群馬銀行 ・21位:七十七銀行 ・22位:阿波銀行 ・23位:滋賀銀行 ・24位:百五銀行 ・25位:広島銀行 ・26位:南都銀行 ・27位:伊予銀行 ・28位:第四銀行 ・29位:山梨中央銀行 ・30位:中国銀行 ・31位:十六銀行 ・32位:セブン銀行 ・33位:岩手銀行 ・34位:東邦銀行 ・35位:八十二銀行 ・36位:名古屋銀行 ・37位:山陰合同銀行 ・38位:大垣共立銀行 ・39位:西日本シティ銀行 ・40位:京都銀行 ・41位:愛知銀行 ・42位:東日本銀行 ・43位:北洋銀行 ・44位:八千代銀行 ・45位:青森銀行 ・45位:肥後銀行 ・47位:秋田銀行 ・48位:佐賀銀行 ・49位:武蔵野銀行 ・50位:山形銀行 ・51位:四国銀行 ・52位:関西アーバン銀行 ・53位:清水銀行 ・54位:鹿児島銀行 ・56位:北越銀行 ・57位:フィデアホールディングス ・58位:宮崎銀行 ・59位:愛媛銀行 ・60位:栃木銀行 ・61位:大分銀行 ・62位:中京銀行 ・63位:三重銀行 ・64位:紀陽銀行 ・65位:長野銀行 ・66位:みちのく銀行 ・67位:南日本銀行 ・68位:みなと銀行 ・69位:沖縄銀行 ・70位:東和銀行 ・71位:千葉興業銀行 ・72位:福井銀行 ・73位:筑波銀行 ・74位:大光銀行 ・75位:高知銀行 ・76位:富山銀行 ・77位:福岡中央銀行 ・78位:琉球銀行 ・79位:トマト銀行 ・80位:東北銀行 ・81位:福島銀行 ・82位:北日本銀行 ・83位:筑邦銀行 ・84位:宮崎太陽銀行 ・85位:大東銀行 ・86位:鳥取銀行 ・87位:島根銀行 引用元:「転職のモノサシ(※3)」 上記が、銀行業界企業の、平均年収ランキングです。業績ランキングと比較すると、上位~下位までの企業の間で順位変動があり、異なる結果となっています。 全体的な傾向としては、非常に年収が高いと言えます。2015年の労働者の平均年収は、440万円。(※4)一方で、銀行業界の場合は、ランキング87位の島根銀行の平均年収が、450万円でした。ランキングに登場した全ての企業が、一般的な平均年収と言われる440万円を上回っていることになります。 それでは、上位3位までの平均年収を、詳しく見ていきましょう。 ・平均年収ランキング1位:三菱UFJフィナンシャル・グループ 平均年収ランキング1位に輝いたのは、三菱UFJフィナンシャル・グループでした。気になる平均年収の金額は、1113万円。上記でご紹介した、平均年収の水準とされている440万円と比較すると、大幅に上回っています。「年収1000万円越え」を1つの目標としている方も多い現代社会で、1113万円という金額は、トップクラスの高額年収と言えるでしょう。 ・平均年収ランキング2位:りそなホールディングス 続いて、平均年収ランキング2位にランクインしたのは、業績ランキングでは5位だったりそなホールディングス。平均年収は、955万円でした。1位の三菱UFJフィナンシャル・グループには、リードを許していますが、今後の経営や業績次第で、逆転も可能でしょう。今後の動向に注目です。 ・平均年収ランキング3位:みずほフィナンシャルグループ 業績ランキングで3位を獲得したみずほフィナンシャルグループは、平均年収ランキングでも、3位にランクインしました。平均年収は947万円と、2位とは僅差となっています。また、440万円という水準を考えると、充分な高額年収です。

情報は武器

いかがでしたでしょうか?今回は、銀行業界企業の業績や平均年収に関するランキングをご紹介しました。業界研究をしている方にとっては、よく耳にする社名も多かったかもしれませんね。一方で、ランキングを通して初めて知った企業も、あったのではないでしょうか? 就職活動において、情報は協力な武器です。情報の数だけ、選択肢が増えますし、大切な決断をする際に、正しい判断をする為の材料となります。自分にとって、ベストな選択をする為にも、これからも業界研究を続けていくことをおすすめします。

参考資料・引用元
※1「Ullet
※2「年収ラボ
※3「転職のモノサシ
※4「DODA 平均年収ランキング2015

転職すると給料・年収が上がるってホント?

新卒で入社していくらスキルを身につけても、スキルに見合った給料を払われるのではなく、その会社で行われ続けている昇給制度で、少しずつ給料が上がることがほとんど。 新卒入社で身につけたスキルは、現職よりも、転職時のほうが高く評価されやすいので、転職によって年収が上がります。 「でも、自分のスキルってそんなに評価されるかなぁ」という疑問は、転職エージェントに聞くことができます。特に、「DODA(デューダ)」は、求人数も多く、古くから運営されているため、求人の動向を詳細に教えてくれますよ。 来週にでも、「自分のスキルで転職して年収が上がるのか」を仕事帰りに聞きにいってみましょう。想像よりも自分のスキルへの評価が高くて驚くかもしれません。 ※相談は無料

関連タグ

アクセスランキング

《最大6つの質問で診断完了!》
Facebook Messenger
経由で
あなたにマッチした転職を診断します。

今スグ診断(無料)

《最大6つの質問で診断完了!》
Facebook Messenger
経由で
あなたにマッチした転職を診断します。

今スグ診断(無料)