IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

【履歴書用】ボールペンの選び方とおすすめ4選

更新日:2020年03月08日

書類選考・ES

履歴書作成に取り掛かる前に、どのボールペンで書けば良いか迷いませんでしたか?油性が良いのか、水性が良いのか、万年筆で書いたほうが良いのかなど、疑問点は多いと思います。今回は履歴書を書くときにオススメのボールペンを4つご紹介します。

履歴書を書くときに選ぶべきボールペンに、決まりはあるのでしょうか? にじまない、スラスラかける、乾きが早い、といった機能性を兼ね備えたボールペンで書かれたきれいで読みやすい履歴書は、企業にいい印象を与えます。 どんなボールペンで書くのか重要なポイントなので、ぜひ、ボールペン購入のヒントにしてみてください。

「履歴書ってどうやって書けばいいの?」 「面接でなんて話せば合格するんだろう」 そんな人におすすめなのが「就活ノート」 無料会員登録をするだけで、面接に通過したエントリーシートや面接の内容が丸わかり! 大手企業はもちろんのこと、有名ではないホワイトな企業の情報もたくさんあるので、登録しないと損です! 登録は1分で完了するので、面倒もありません。ぜひ登録しましょう!

履歴書用ボールペンを選ぶ4つのポイント

履歴書を書くときに使うボールペンは、この4つのポイントで選べば間違いありません。 ①インクの色は黒 ②ジェルインクが滲みにくい ③ペン先の太さが0.5〜0.7mm ④消せるボールペンはNG これに加えて、自分の好きなメーカーや持ちやすさ、好みなどを考えて選べば問題ありません。

ポイント1:インクの色は黒が無難

履歴書を書くときのボールペンの色は、黒が適しています。 黒のボールペンで書かれた履歴書に文句をつける人はいません。一番無難な色です。 万年筆のインク色にある濃紺は、履歴書によってはOKの場合もあります。ただし、履歴書に「黒インク指定」のような記載がある場合は、濃紺で書くのは避けましょう。

ポイント2:ゲルインクがおすすめ

滲みにくさ、乾きやすさを左右するインクですが、ゲルインクを選びましょう。 ゲルインクは、乾きやすくスラスラ書けるので、履歴書を書くときにおすすめです。油性インクも、滲まないという点ではおすすめですが、引っかかりが気になる場合は、大量の履歴書を書くときにはストレスになります。 水性インクは、スラスラ書けるという利点はありますが、履歴書が水に濡れてしまった場合に消えたり滲んだりするので、あまりオススメはできません。

ポイント3:ペン先の太さは0.5mm〜0.7mm

ペン先の太さは0.5m〜0.7mmを選びましょう。 履歴書は他人に見せることを想定して書きます。太すぎても細すぎても見にくいので、一般的な太さかつ店頭によく置いてある、スタンダードなものを選びましょう。

ポイント4:消せるボールペンは絶対にNG

履歴書を書くときに、消せるボールペンは絶対にNGです。 消せるボールペンは摩擦熱によって文字が消えてしまいます。熱を発する機械のうえに載せたり、手で強くこすったりすると、せっかく書いた文字が消えてしまう恐れがあります。 履歴書だけでなく、重要書類を書くときに、消せるボールペンを使うことは避けましょう。

履歴書を書く際にオススメのボールペン4選

実際に商品名をあげながらオススメのボールペンをご紹介していきます。ただ、ここで紹介されていないものは全てダメというわけではないので、参考程度に目を通してください。

オススメ1:ぺんてる 「エナージェル」(水性)

初回公開日:2016年12月04日

記載されている内容は2016年12月04日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング