IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

履歴書を書くときにおすすめのボールペン10個(油性・水性・万年筆)

就活ノウハウ

履歴書作成に取り掛かる前に、どのボールペンで書けば良いか迷いませんでしたか?油性が良いのか、水性が良いのか、万年筆で書いたほうが良いのかなど、疑問点は多いと思います。今回はそんな疑問を無くしてもらうために、履歴書を書くときにオススメのボールペンを10種類ご紹介します。

更新日時:

履歴書の内容ではなく、文字を見る企業も存在する

履歴書を書くボールペン。 文字で人を見ている企業も、中には存在します。また、面接で合う前のことを考えれば、第一印象は履歴書やESであるともいえますね。どんなボールペンで書くのか重要なポイントなので、ぜひ、ボールペン購入のヒントにしてみてください。

履歴書を書く際にオススメのボールペン10選

実際に商品名をあげながらオススメのボールペンをご紹介していきます。ただ、ここで紹介されていないものは全てダメというわけではないので、参考程度に目を通してください。

ボールペン1:ぺんてる 「エナージェル」(水性)

まず最初にご紹介するのは、ぺんてるのボールペン、「エナージェル」です。エナージェルの一番の特徴は、インクの速乾性です。履歴書は記入する欄がたくさんありますよね。なので、途中で書き終わった部分をこすってしまい、文字が汚れてしまったら、履歴書をもう一度、一から書き直さなければなりません。速乾性の高いエナージェルであれば、その失敗を防げます。

ボールペン2:ぺんてる「スリッチ」(水性)

もう一つ、ぺんてるからオススメのボールペンです。このペンの特徴は、インクが乾く早さと、インクの濃さです。インクの濃いものほど乾くのに時間がかかるイメージがありますが、スリッチはその点を克服しました。キャップ式なので、ノック式に慣れている方には少し面倒に感じるかもしれませんが、見た目の綺麗さを重視する履歴書には、適した性能を持つボールペンだと言えます。

ボールペン3:uni 「ユニボール シグノRT1」(水性)

つづいて紹介するのは、三菱鉛筆が販売している、ユニボールシグノRT1です。このボールペンの特徴は、ペン本体の先端部にあります。その特徴とは、インクを出すボールの周りのエッジを無くしたという点です。 ピンとくる方は少ないかもしれませんが、エッジがないことによって、ペンを斜めに持って字を書いても、紙に引っかかることが少なくなるのです。文量の多い履歴書では、ちょっとした引っかかりでイライラしてしまいますよね。そんな心配を無くしてくれる一本です。

ボールペン4:uni 「jetstream」(油性)

続いてのオススメは、三菱鉛筆のジェットストリームです。このボールペンはその性能の良さから最近注目されているので、ご存知の方も多いと思います。 最大の特徴は、油性ボールペンの短所である、かすれやすさを克服した点です。様々な太さも揃っていて、細くてもはっきりとした文字が書けます。なにより、滑らかで書きやすく、紙にインクがしみる心配もないので、履歴書を書くために最適なボールペンの一つだと思います。

ボールペン5:ZEBRA 「サラサ」(水性)

このボールペンはとても認知度が高いので、知っている方も老いと思います。値段も100円と安く、インク量も多く、とてもコストパフォーマンスの良いボールペンです。かすれることも少なく発色も良いので、綺麗な文字に仕上げることができます。読み手に良い印象を与えるためにも、綺麗な文字は大切な要素です。適切なボールペンを選んで綺麗な文字を書きましょう。

ボールペン6:ZEBRA「スラリ」(油性・ジェル)

ゼブラから出ているボールペン、スラリの特徴は、油性とジェルの両方の特性を持ったエマルジョンインクというインクが使われている点です。油性のように手応えをかんじつつ、ジェルインクのように滑らかにかけるので、鮮やかで濃い文字を書くことができます。ノック式でキャップを付け外しする手間もなく、沢山の文字を記入する履歴書作成には向いているボールペンです。

ボールペン7:PILOT 「Vコーン」(水性)

注意して欲しいのですが、このボールペンは水性です。履歴書を書く際に使用するボールペンは油性で、という方が多いと思いますが、水性が好きな方もいると思います。そんな方にオススメなのが、このボールペンです。 特徴は、直液式という点で、インクが無くなるまでかすれずに書き続けることができます。水性なので書き心地も良く、油性で記入するよりも疲労感は少ないかもしれません。油性派の方も一度使ってみてはいかがでしょうか。

ボールペン8:PILOT 「ジュース」(水性)

もう一つ、パイロットからオススメの水性のボールペンをご紹介します。このボールペンの長所は、インクの発色の良さにあります。もともと水性のボールペンは発色の良さが特徴的ですが、水性のボールペンの中でも、特に鮮やかな色を誇ります。また、ノック式なので、キャップを着脱する手間がなくなります。履歴書は考えながら、手を休め休め書く方が多いと思うので、ノック式だとずいぶん楽になります。

ボールペン9:PILOT 「アクロボール」(油性)

パイロットのアクロボールです。このボールペンには、パイロットの開発した、アクロインキという油性インクが使われています。uniのジェットストリームのように、滑らかに濃く書くことのできる油性ボールペンで、ジェットストリームと比べると、より発色が鮮やかです。ただ、その分乾くのにかかる時間が少し長くなるので、速乾性より発色性を重視する方にオススメのボールペンです。

万年筆:pilot 「カクノ」

最後にご紹介するのは、パイロットが販売している万年筆です。おそらく、大学生などの若い方々は、万年筆を使ったことがない方が多いと思います。万年筆は値段が高く、手を出しづらいイメージがあると思いますが、このカクノシリーズは、1000円と、万年筆としては破格の値段です。 また、万年筆は他のボールペンとは書き心地なども異なり、慣れるまでは書きづらく感じるかもしれませんが、慣れてしまえば筆跡に個性が出てくるので、人事の方に良い印象を与えることができます。今まで万年筆に触れたことがなかった方も、この機会に購入してみてはいかがでしょうか。

ボールペンは自分の手に馴染んだものを選ぼう

以上、10種類のボールペンを紹介してきましたが、やはり一番書きやすいのは自分の手に馴染んだボールペンだと思います。ボールペンの形やインクの種類、ボールの滑らかさなど様々な要素を含めて自分にあったボールペンというものが決まるので、ぜひ、何種類か手にとって、実際に書いてみてから、履歴書に使用するボールペンを選んでください。 また、大事な注意点があります。最近種類も多く出ている、消せるインクのボールペンは絶対に使用しないでください。なぜ履歴書などの正式な書類で鉛筆ではなくボールペンを使用するのかというと、一度書かれた内容を第三者が勝手に変えられないようにするためです。 消せるインクだと、ボールペンで記入する意味がなくってしまうのです。なので、普段消せるインクのボールペンを使用している方は新しくボールペンを買いましょう。ボールペンを新しく購入する際も、消せるインクなのかどうか確認してから買いましょう。一番確実なのは、この記事で紹介したボールペンの中から選ぶことです。 この記事で紹介したボールペンを参考に、自分にあったボールペンを選んで、ベストな履歴書を作成してください。

志望企業の内定獲得のカギは「自己PR」

就活の面接時、ESや履歴書で他のライバルと差をつける「自己PR」。自分らしさを採用担当者に伝え、注意を惹き付けるためには、論理的で採用担当者が見ているポイントを抑える必要があります。 穴埋めだけで、自己PRのポイントを抑えられる資料をこちらに用意しました。自己PRで内定を獲得し、納得の年収と、圧倒的成長を実現できる企業への切符を手に入れましょう。

関連タグ

アクセスランキング

《最大6つの質問で診断完了!》
Facebook Messenger
経由で
あなたにマッチした転職を診断します。

今スグ診断(無料)

《最大6つの質問で診断完了!》
Facebook Messenger
経由で
あなたにマッチした転職を診断します。

今スグ診断(無料)