IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

会社説明会のお礼メールのポイント・就活用お礼メール例文4つ

初回公開日:2016年12月04日

更新日:2020年03月10日

記載されている内容は2016年12月04日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

メールマナー

今回は、説明会の終わったあとに送る、正しいお礼メールの書き方と、その例文を紹介します。中には、お礼メールによって、企業の人事の方に覚えてもらっていて、会話が弾んで、人事の方に好印象を与えた就活生もいますので、書き方を学んでいきましょう。

「履歴書ってどうやって書けばいいの?」 「面接でなんて話せば合格するんだろう」 そんな人におすすめなのが「就活ノート」 無料会員登録をするだけで、面接に通過したエントリーシートや面接の内容が丸わかり! 大手企業はもちろんのこと、有名ではないホワイトな企業の情報もたくさんあるので、登録しないと損です! 登録は1分で完了するので、面倒もありません。ぜひ登録しましょう!

説明会のお礼メールは送るべきか

説明会後のお礼のメールは必須ではありません。説明会に参加する方の中には、説明会後にお礼メールを企業に送らない方もたくさんいます。 しかし、送らずに選考に進むより、送って選考に進んで、名前だけでも覚えていてくれた方が断然良いに決まっています。 必須ではないので、その後の選考に影響があるとは限りませんが、送らない人よりは送った人の方が、人事からの印象が良くなる可能性があります。

お礼メールで好印象を与えることができる

お礼メールは、説明会に感謝の意思を提示するという意味で送った方が人事からの印象は好印象になる可能性は高いです。 さらに、たくさんの受験生を相手にしますが、顔と名前が一致しなくても、名前だけで丁寧なメールを送ったとの印象がついてしまいます。 そして、人事は説明会の開催には時間を割いて、準備に労力も割いているので、その用意をしてくれた時間と労力に向けて感謝の意を示しましょう。

自分の名前を覚えてもらえる

お礼メール自体は、送信したか、していないかで選考には影響は無いでしょう。ただ、積極的に人事にはお礼メール以外でも礼儀正しくしておきましょう。礼儀良くすることで、人事に顔と名前を覚えてもらえるチャンスであることは間違いないでしょう。 積極的に説明会で発言をした後にお礼メールを送信すると、人事も人間です。あなたのことが印象に残るので、選考の際に、初めから認知の上で選考をしてもらえるチャンスでもあります。

礼儀として送るのが通例

ただ、礼儀としては送るのは通例です。学校に相談などをすると、必ず送った方が良いという結論に至るでしょう。 人事の方は、もしかすると、入社後には自分の上司になっている可能性もあります。礼儀を初めから見せておくことで、入社後にも、礼儀ができる人物だという印象をもたらすこともできるでしょう。可能な限り礼儀としてお礼メールは送りましょう。

お礼メールのポイント

関連タグ

アクセスランキング