IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

器用貧乏の意味・器用貧乏な人の性格と特徴5つ

更新日:2018年05月14日

言葉の意味

「器用貧乏」とは、どのような性格や個性を意味するのでしょうか?このページでは、「器用貧乏」という個性に注目して、特徴や長所・短所をご紹介しています。また、器用貧乏な方に向いている仕事や克服方法などもまとめているので、ぜひ目を通してみて下さい。

器用貧乏とは

そもそも器用貧乏とはどういう意味なのでしょう。 コトバンクによると、「何事も器用にうまくできるため、一芸に秀でず大成しないこと」また「器用であるため他人にこき使われ、自分は大成しないこと」とあります。 言葉から受ける印象とは違い、「器用貧乏」とは、経済的に貧乏なわけではなく器用で何でもできてしまうゆえすべてが中途半端になってしまい、一つのことを極められないという意味です。

器用貧乏な人の基本的な性格

まずは器用であるということが大前提です。そして頭もよく、要領もよく、理解も早いので普通の人よりも能力が高い傾向があります。

器用貧乏な人の長所

>器用貧乏な人の長所は、やはり何でもそつなくこなせる点でしょう。一般的には、初めてやることや学ぶ内容は、習得するまでに膨大な時間や労力がかかるものですが、器用貧乏な人は物事を習得したり覚えたりするのも、早いと言われています。 器用貧乏な個性を上手くいかしていけば、幅広い分野で活躍できるオールラウンダーになれる可能性もあります。

器用貧乏の人の短所

器用貧乏な人の短所は、「これだけは絶対に他人には負けたくない!」というこだわりを持ちにくいと言われています。仕事のノルマを達成したり、目標の為に努力をすることに対して、なかなかやる気が出ないようです。 ハングリー精神は、人としての成長に大きく関係していますし、出世などにも影響を与えるため短所と言えるでしょう。

器用貧乏な人の特徴5つ

では、どのような人が器用貧乏に当てはまるのでしょうか?一般的に言われている器用貧乏な人の特徴を5つご紹介します。

特徴1:物事に執着しない

器用貧乏な人には、執着心があまりない人が多いと言われています。もちろん、個人差はありますが、何をやってもそれなりに上手くいきすぐに習得できます。そのため、ある程度の段階までいくと満足してしまい、熱心に打ち込むということがない傾向があります。

特徴2:好き嫌いが少ない

器用貧乏の人は、人と上手に付き合えることが多いようです。その為、人間関係に悩むことは少なく、周囲からも好感を持たれやすいと言われています。どんな人にも柔軟に対応できるため、世渡り上手なタイプが多いようです。

特徴3:損得勘定をしない

器用貧乏な人は、人付き合いや自分の行動において、他人を陥れたり蹴落としたりすることが少なく、打算的な思考を持つことが少ないそうです。出世や昇給などへの関心が薄い方も多く「器用貧乏の人は大出世しづらい」と言われることもあります。

特徴4:おひとよし

初回公開日:2016年12月06日

記載されている内容は2016年12月06日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング