IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

LINE BOT API利用を考えているエンジニアが参考にしたい「BOT作ってみた」記事7つ

入門

この所注目をあつめる「BOT」。今回は、BOTを利用したいと考えているエンジニアに向けて、さまざまな方の「BOT作ってみた」記事をご紹介していきます。まだ様子みだったエンジニアの方は、ぜひ週末など小時間に挑戦してみましょう!

更新日時:

いまの年収に不満はありませんか?

今の仕事に不満を感じてるけど、転職はリスキーであまり前向きでないあなた、エンジニアにおすすめの転職エージェントをうまく活用して心機一転新しい仕事に取り組んでみませんか?

独自の求人を持つことで多くの企業の紹介が可能

エンジニア向け転職エージェント「レバテックキャリア」ではエンジニア・クリエイターに特化したフォローアップ体制で転職を有利に進めることができます。 企業別の対策が詰まった面接詳細や模擬面接、客観的に強みを引き出すカウンセリング、また驚くほど企業の評価が変わる職務経歴書の添削など、あなたにあった方法で転職をスピーディーかつスムーズに行うことができます。

企業との絶対的な信頼関係を実現

レバテックキャリアは転職エージェント以外にフリーランスの参画サポートサービスを8年以上に渡り運営しており、数多くのIT・Web系企業と取引があります。そのコネクションを活かして、現場プロジェクトマネージャーとの情報交換MTGを年間累計3000回以上実施しています。 そのため企業から絶対的な信頼を得ています。この信頼関係があるため、通常より短い期間での面接設定→内定を可能としています。

転職のために設計されたフォローアップ体制で転職を有利に

人事担当者やプロジェクトマネージャーとのMTG中に「そういえば、今度◯◯やるから、実はこういう人が欲しいんだよね」といった非公開の求人が出てくるのも、レバテックの強みです。また、競争が激しいWebサービスでは秘密裏に開発を進めるプロジェクトも多いため、予想外の珍しいポジションも存在します。 さらに、求人がクローズしている企業とも日頃からコミュニケーションをとっているため、企業担当者に「実は最近、こんな人が転職を検討しているのですが・・・」という紹介をきっかけに急遽ランチやMTGが設定され、採用に至るケースもあります。 様々なメリットを持つレバテックキャリアはエンジニアの方に一番おすすめできる転職エージェントです。あなたもレバテックキャリアで転職を成功させませんか?

▽レバテックキャリアについての詳しい記事はこちら レバテックキャリアのよく聞く評判と口コミ・面談の雰囲気と方法 ▽その他のエンジニア向けおすすめ転職エージェントはこちら おすすめの「エンジニア転職サイト・エージェント」29選と特徴・強み

LINE BOT APIに興味のあるエンジニア必見!「BOT作ってみた」記事7選

それでは早速、いろいろなBOTの作成記事をご紹介していきますね!

1.とりあえずLINE BOT APIでオウムを作ってみた

LINE BOT APIの公開記念ということで、同じことを繰り返し発言したり行ったりする、オウムのBOTを作成する記事です。シンプルな内容なので、BOT初心者におすすめ。サンプルコードや説明されている手順に従って手を動かしていけば、BOT開発を体験できます。

2.LINE BOT APIを利用した地獄のミサワBOTの作り方

人気漫画家・地獄のミサワ氏のイラストや台詞をモチーフにしたBOTの作成方法が掲載されています。サンプルコードなども掲載されているので、LINE BOT APIの利用を考えている方は、参考にしてみてはいかがでしょうか?画像や台詞に関しては、著作権が発生する可能性もあるので、その点は注意しておく必要があります。

3.PHP HerokuでLINE BOT作ってみた

PHPHerokuを活用して、LINE BOTを作成しています。コードが公開されているので、BOT開発に興味がある方やPHPユーザーは、目を通して参考にすることをおすすめします。

4.LINE BOT APIを使って翻訳BOTを作ってみたよ!!

LINE BOT APIを活用して、翻訳BOTを開発する記事です。詳しい解説と共に、実行画面やサンプルコードも豊富に掲載されているので、初めてBOT開発に挑戦するという方でも、さくさく進められそうです。

5.LINE BOT APIを使ってPythonでLINE BOTを作ってみた

Puthonを使ったLINE BOTの開発方法が掲載されています。Pythonユーザーは、チェックしておいて損はない情報でしょう。

6.LINE BOT API Rubyで意識の高いbotを作ってみた

さまざまな言語でのLINE BOTを開発する記事がありますが、こちらはRubyを使ってBOT開発をしています。ユーモアあふれる文章で、楽しく作成できるので、Rubyユーザーは、挑戦してみてはいかがでしょうか?また、LINE BOT APIを活用したビジネスに関する考察もしているので、Rubyユーザーでない方でも、目を通す価値がある記事です。

7.なるほどこうなってるのか。今話題のLINE botを(勢いだけで)作ってみた

LINE BOT開発の手順を紹介している記事。LINE BOTのトライアルアカウントを取得するところから、手順が説明されているので、BOT開発入門にうってつけです。

終わりに

いかがでしたでしょうか?「LINE BOT API」と言っても、真面目なものからユニークなもの、実用的なものまで、BOTの種類は実に豊富です。アイディア次第で、BOTの種類や活用方法は、どんどん増えていくでしょう。LINE BOT APIは、ビジネスとしても無限の可能性を秘めたものなのです。 もし、LINE BOTを作りたくなったのでしたら、5月に翔泳社から出版される「LINE BOTを作ろう! Messaging APIを使ったチャットボットの基礎と利用例」を手に入れましょう。LINE BOTの実装方法を楽しく学べる一冊となっていますよ。 自分の作りたいものややりたいこと、目的などを明確にして、ぜひBOT作成に挑戦してみて下さいね。

関連タグ

アクセスランキング