IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

【社内・社外別】失礼にならない「退職挨拶」のメールの書き方・例文

退職ノウハウ

退職の挨拶をしなければならないのは社内でお世話になった方々はもちろんのこと、取引先や関係者への退職挨拶も必要になってきます。直接挨拶したくても予定が合わない場合はメールで退職の挨拶をすることも可能です。そこで今回はメールでの挨拶の方法を紹介します!

更新日時:

メールでの退職の挨拶は誰しも悩む

退職する際はメールでの退職の挨拶文に困ることがあります。 直接会って話をする際は存分に話をすることができるため、簡単なのですが、メールだと残るため、失礼なことはできません。 そこで、今回は退職の挨拶のメールでの出し方について紹介します!

退職の挨拶はメールでも失礼ではありません。

退職する際に、関係者全員に直接会って話ができるチャンスはほとんどありません。 多くの方は社内社外問わずメールで済ますことがあります。 大企業になればなるほどその傾向は強くなります。というのも、直接会って話ができるのは限られた人数だからです。 「知らないうちに退職していた!」という事態に陥らないように、しっかりとメールでも良いので退職の挨拶をしておくことが重要です。

退職挨拶のメールの仕方について

退職の挨拶をメールで送る際にもやり方が下記の2パターンがあります。 ・会社のメールアドレスで送るパターン ・個人のメールアドレスで送るパターン 基本的には社内社外問わず、会社のメールアドレスで送る方が良いです。 なぜなら、「あなたが勤めていた会社を退職する挨拶」のメールだからです。 しかし、個人的な繋がりが強い方へ送る際や、今後も関係性を継続させたい人に対しては個人的なメールアドレスで送ることもあります。 また、会社のメールアドレスで退職の挨拶をし、その文面に今後の連絡先として個人のメールアドレスや電話番号を添えるのも問題ありません。

社内の関係者への退職挨拶メールの書き方

社内の関係者へ退職挨拶のメールを書く際に注意した方が良い点は下記の3つです。 ・結論から入る! ・感謝の意を述べる ・今後の活動について述べる際は具体的には述べないこと まず、どのような内容のメールなのかを分かりやすくするために、退職することになったことを一番最初に書きましょう。 次に、感謝の気持ちを伝えましょう。 そして、皆さんが一番気になっている「辞めてどうするの?」という点についてですが、この点は具体的に話をしすぎても良くありません。 「一身上の都合により」とぼかしておく方がベターです。 この3つに気を付けて退職の挨拶のメールを書き進めてください。

社外の関係者への退職挨拶メールの書き方

社外の関係者への退職の挨拶のメールの書き方も基本的には社内の関係者へ送る文面と気をつけるべき点は同じですが、個人的に繋がりを持っておきたい方や本当にお世話になった方々に対しては必ず個別でしっかりと文章を考えてメールを送るべきです。 一斉メールを送る際には、必ずBCCで送付するようにして下さい。 たまにCCで入れられている場合がありますが、その方の関係者や他の方のアドレスも全て見えてしまうので、マナー違反ですし、あからさまな一斉メールは失礼にあたります。

退職挨拶メールの例文はこちら♪

それでは、例文をご紹介致します。()内は解説です。 【件名】退職のご挨拶 【本文】お世話になっております。◯◯会社の◯◯です。 私事で大変恐縮ではございますが、一身上の都合により、この度◯◯会社を退職することとなりましたのでご報告申し上げます。 本来であれば直接お会いして話すところをメールにて失礼致します。 (まずは退職する旨を報告。そしてメールにて挨拶することについて断りを入れておくとベターです) 在職中は多くの方々に大変お世話になり、ありがとうございました。 (次に感謝の意を述べます。この文面以下に個別に送りたい方に対しては具体的にどの時にお世話になったのか、思い出話を少ししましょう)。 今後の連絡先は下記のとおりでございますので、何かございましたらご連絡ください。 電話番号:◯◯ アドレス:◯◯@◯◯ 最後になりましたが、今後も皆様のさらなるご健勝とご活躍をお祈り申し上げます。 また、変わらぬご指導、ご支援、ご協力宜しくお願い申し上げます。 (関係者皆さんの活躍を祈りつつ、継続した関係を残せるよう締めの挨拶をします)。

今後の連絡先については、アドレスだけでも問題はございませんし、関係性を保ちたくないのであれば、連絡先は不要です。あってもなくても失礼には当たりません。

まとめ

退職の挨拶をする際は、上記メールの挨拶を参考にして自分の言葉で書いて下さい。 明らかにコピペで選んだ文面等はあなた自身のメールの書きぶりと異なりますので、すぐにバレてしまいます。 そしてバレてしまうと失礼にあたりますので、メールでの退職の挨拶もしない方がましと捉えられてしまい、今後の関係性にも影響を及ぼします。 上記のメールの例文を参考にし、自分なりに考えた上で退職の挨拶のメールを作成してください。

関連タグ

アクセスランキング