テレビ・広告業界とは|業界の特徴、業界の魅力、代表的な会社など

業界・企業研究

私たちが普段よく目にするテレビや広告といった媒体は、情報を発信する大きなものであるといえるでしょう。今回はそんな、情報を発信する業界であるテレビ業界・広告業界の特徴や、その魅力について紹介しましょう!

更新日時:

「テレビ・広告業界」とは

テレビ・広告業界はその名の通り、テレビ制作や広告制作に携わる業界です。 テレビ業界は主に、制作スタッフと技術スタッフの2分野に分かれており、前者には、番組などの総責任者である「プロデューサー」や指揮官である「ディレクター」、「報道記者」や「アナウンサー」「タレント」などが属します。後者には、「映像編集」や「カメラマン」「照明技師」「音響編集」などが当たります。 広告業界の会社はおおまかに、広告に関連する仕事を総合的に行う広告代理店と、実際に広告を制作する制作会社に分けけることができます。中でも、広告代理店の仕事としては、営業やマーケティング、制作といったものがあり、これらの仕事は、個人によって決定しているわけではなく、さまざまな役回りを兼任することがほとんどです。

「テレビ・広告業界」の魅力

テレビ業界や広告業界の魅力は、何と言っても、自分が手がけたものが世の中に広く知れ渡り、多くの人に影響を与えるという点にあるといえます。また、ひとつの番組や広告を通じて、仕事の中で多くの人と関わることができるため、たくさんの人の考えやアイディアに触れることができることも魅力の1つであると言えるでしょう。 人とのふれあいが多いという特徴から、業界に内定する人の特徴としては、やはりコミュニケーション能力が高い人が多い傾向にあります。また、外から見る以上に、テレビ・広告業界の仕事は地味なものであることが多く、クライアントからもちかけられた提案を現実のものにするために、クリエイターに話を通し、様々な人と関わり合いながら運営していくことを拒まない、精神的なタフさも重要といえるでしょう。

「テレビ・広告業界」の代表的な企業

広告業界の代表的な企業といえば、「電通」「博報堂」の2社です。広告業界ではこの2社がほとんどのシェアを占めており、各々海外展開や他会社の買収を進めています。 テレビ業界の代表的な企業といえば、「NHK」に始まり、「TBS」「毎日放送」「テレビ東京」などが挙げられますが、中でも企画力が高いとされるのは「TBS」でしょう。また、「テレビ朝日」も現在好調の局であり、番組力が評価されているといえます。テレビ業界の企業は、番組の視聴率が物を言うため、季節ごと、年ごとによってその売れ行きは変わってきます。携わる番組によっても、実際の仕事量などは変わってくるというのが事実だといえるでしょう。

終わりに

いかがでしたでしょうか。テレビ・広告業界は、普段感じているような、華やかな業界であるとはいえません。とはいえ、その影響力は計り知れず、また様々な考えや商品にかける想いに触れることのできる貴重な業界です。自分の好きなメディアや広告がパッと思いつく皆さんや、商品や情報のプロデュースをすることが好きな皆さんは、是非テレビ業界や広告業界へ、足を踏み入れてみてはいかがでしょうか。

関連タグ

関連する記事

アクセスランキング

《最大6つの質問で診断完了!》
Facebook Messenger
経由で
あなたにマッチした転職を診断します。

今スグ診断(無料)

《最大6つの質問で診断完了!》
Facebook Messenger
経由で
あなたにマッチした転職を診断します。

今スグ診断(無料)