IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

【転職面接】人事の心を掴む「自己紹介」と「退職理由」の話し方・例文

面接

転職活動の際に知っておくと、ちょっぴり心強い情報をお届けしています。今回は、転職面接における自己紹介のコツや、自己紹介の例文をご紹介。また、面接で退職理由について質問された際の、上手な答え方についてもまとめているので、転職活動中の方はぜひ参考にしてみて下さい。

更新日時:

転職面接のポイント~自己紹介・退職理由編~

転職面接の中でも、特に必ずと言って良い程聞かれるのが、自己紹介です。面接の開始と共に、「それでは、まずは自己紹介をお願いします。」などと言われることも、多いのではないでしょうか?自己紹介が上手く出来たかどうかで、その面接の流れやペースが決まってしまう場合もあります。 そこで今回は、転職面接で人事に好印象を与え、スムーズに選考を進めていく為にも意識しておきたい、自己紹介のポイントをご紹介していきます。

転職面接の自己紹介で言うべき項目

まず始めに、転職面接で自己紹介をする際、「必ずこれだけは言っておいた方が良い!」という項目をご紹介していきます。自己紹介というと、あまりにも基本的な質問故に、却って何を話せば良いか分からないという方もいらっしゃるのではないでしょうか?そのような方はまず、「自己紹介で何を話すか」よりも、「自己紹介で必ず言うべきこと」から考えて、話す内容を決めていきましょう。 企業や面接の形式によっては、話す内容が指定されていたり、時間制限があったりする場合もあります。しかし、基本的には自分がどのような人間なのか、初対面の相手に分かりやすく伝えることが、自己紹介の目的です。そのため、企業側から話す内容に指定がない場合は、以下の項目は必ず話すようにしましょう。 ・氏名 ・職務経歴(前職やこれまでのキャリアの簡単な概要) ・前職やこれまでのキャリアで注力したことや得られたスキル ・それらのスキルを活かして今後取り組みたいことや目標 自己紹介なので、各項目はざっくりと簡潔に説明する程度で問題ありません。しかし、氏名や年齢、前職の企業名や役職だけを話すだけで自己紹介を終えてしまっては、あまりにも素っ気ないですよね。そのため、前職のことや培ったスキルなどについて、簡単に触れておくのです。自己紹介の内容について人事や面接官が興味を持てば、そこから会話が弾んで、面接がテンポ良く進んでいくかもしれませんよ。

転職面接で自己紹介をする際の注意点

上記で、氏名や年齢、前職について述べただけの自己紹介では、少々素っ気ないということをご紹介しました。しかし、自己紹介にたくさんの内容をあまりにも盛り込み過ぎてしまうのもまた、避けたいところです。 では、なぜ自己紹介でたくさんの項目や内容を語り過ぎるのは良くないのでしょうか?それは、自己PRや志望動機などと、内容が重複してしまう可能性がある為です。 例えば、自己紹介で自分の長所や特技などについて事細かに語った直後に、「それでは、あなたの長所は何ですか?」「自己PRをして下さい」と質問される可能性も、有り得なくはありません。あらかじめ自己紹介で話した内容とは別の自己PRを用意しているのであれば、特に問題はないでしょう。 しかし、自己紹介の内容と重複したり、似たような話になったりしてしまうと、コミュニケーション能力が低いと思われる可能性があります。志望動機の場合も同様です。 上記のようなリスクを避けるためにも、自己紹介では、自己PRや志望動機といった聞かれやすい質問と重複する話題や項目は、軽く触れる程度にして、あまり深くは話さないようにしましょう。

転職面接に役立つ自己紹介例文集

それでは、上記のポイントや注意点を踏まえて、転職面接における自己紹介の例文を見ていきましょう。

自己紹介①

「〇〇と申します。○○大学○○学科を卒業後、○○株式会社に入社しました。○○株式会社では、○○部門を○年経験した後、〇〇部へと移動になり、○○部では〇年間勤めました。○○株式会社で〇〇として働いていた際は、業務の〇〇な部分に大変やりがいを感じ、業務を通して培った○○のスキルには自信を持っております。御社の〇〇という体勢には大変魅力を感じており、〇〇での経験を活かして業務に貢献できると感じております。」

自己紹介②

「私は、〇〇と申します。○年間、〇〇会社の〇〇という役職に従事しておりました。その際には、特に○○の分野に注力し、〇〇という成果をあげました。このような経験を通じて、私は〇〇ということを学び、その経験を今後は御社の〇〇事業に活かしていきたいと考えております。宜しくお願い致します。」

退職理由の話し方

自己紹介とは少々異なりますが、転職面接で自己紹介と同じくらいに必ずと言って良いほど質問されるのが、退職理由です。自己紹介で、前職での活躍や実績を述べると、「では、なぜそこまでの実績をあげていながら、退職したのですか?」などと返される可能性があるのです。 そこで、今回のテーマの自己紹介とは少し話題が変わりますが、退職理由の話し方についてもご紹介していきます。 そもそも、面接官や人事の方が退職理由について尋ねるのは、「採用してもすぐ辞めてしまうのではないか?」「不満が多い性格なのではないか?」といった疑問や不安があるためです。そのため、退職理由について質問された場合は、面接官の上記のような不安や疑問の答えとなる回答をする必要があります。

退職理由を話す際のポイント

退職理由を話す際は、上記でご紹介した退職理由について質問してくる人事や面接官の心境・目的を踏まえた上で、以下のようなポイントに気を付けましょう。 ・最終的には、前向きな内容になるようにする ・前職の職場の悪口や、否定的な意見は言わない ・表情や声のトーンが暗くならないよう意識する

転職面接での自己紹介は、バランスが大切

いかがでしたでしょうか?今回は、転職面接における自己紹介の話し方についてご紹介しました。 転職面接における自己紹介は、バランスが重要です。データを音読しただけのような、あまりにも素っ気ないものは良くありませんが、たくさんの内容を詰め込み過ぎるのも、おすすめできません。面接においてこれから聞かれるであろう内容を予測して、自己PRや志望動機などと重複しないよう、絶妙なバランスで話すことが重要なのです。 また、自分の自己紹介を聞いて、人事の方や面接官がどのような反応をするか予想しておくことも大切です。今回ご紹介したように、退職理由などを突然尋ねられる可能性もあるので、どのような反応や質問が返ってきても動揺しないよう、あらゆるパターンや返答を考えておきましょう。

関連タグ

アクセスランキング