IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

神社に拒絶されているとされるサイン|原因や気を付けることを解説

更新日:2022年09月06日

言葉・雑学・歴史

神社に拒絶されているサインがあることを知っていますか?本記事では神社が拒絶しているときのサインやその原因について紹介しています。拒絶されていると感じているときの対処法も併せて解説しているため、参拝するときにはぜひ参考にしてみてください。

「神社に拒絶されている?」 「神社に拒絶される原因は?」 「拒絶されているときにはどうすれば良いの?」 このように、神社参拝を考えているときに拒絶されているサインについて気になる人もいるでしょう。 本記事では神社から拒絶される原因や、サインと言われている出来事などについて紹介します。併せて拒絶される原因や、サインを受け取ったときの対処法についても解説しているためぜひ参考にしてみてください。 記事を読めば、参拝するときに注意しておきたいポイントや、一般的な手順を知ることが出来るので、神社に行く際のマナーを理解することができるでしょう。 神社の拒絶されているときのサインについて知りたい人、参拝するときの注意点について知りたい人は、本記事を確認してみましょう。

神社に拒絶されるサインはあるの?

神社に参拝しようと考えているときに、いつもとは違った出来事が起こると、それは神社からのサインと言われています。出来事によって、拒絶されているかどうかがわかるでしょう。 神様に守ってもらっている感謝の気持ちがしっかりと伝わるように、サインをしっかりと受け止めることが大切です。

神社から拒絶される原因とは?

神社から拒絶されていると知ると、傷ついてしまう人もいるでしょう。なぜ神社は参拝を拒絶するサインを発信するのか、その原因を紹介します。思い当たる節があるときは原因を解消してから、神社参拝の計画を立て直しましょう。

神社に行く時期が悪かった

行く時期が悪いことが、神社から拒絶される原因の1つです。参拝のタイミングは人それぞれで異なります。拒絶されているサインが続くときには、自分の行動を振り返って時期を改めると良いでしょう。行動を振り返って自分自身を見つめ直すと、良いタイミングが見つかります。

自分の損得に関することばかりを祈っている

次に考えられる原因が、自分の損得に関することばかりを祈っている場合です。神社に行く本来の目的は、祈願をすることではなく見守ってくれている神様に感謝の気持ちを伝えることです。その目的を忘れ、自分の欲を満たすことばかり考えている人を神様は歓迎しません。

人の不幸を願っている

最後に紹介する原因が人の不幸を願っている場合です。恨みをもっていたり、不幸を願ったりなど悪意を持っている人を神様は歓迎しません。歓迎されていないサインを受け取っているときには、自分の中にある悪意を解消してから参拝に行きましょう。

神社に拒絶されているサインとされること

次に神社に拒絶されているサインを紹介します。紹介するサインが多く当てはまるときには、可能であれば日をずらした方が良いでしょう。日をずらせない場合には、後に紹介している拒絶されているときの対処法を参考にしてみてください。

神社に行く予定日の天気が悪い

参拝を予定していた日に、台風が近づいたり寒波が襲ってきたりなどの天候悪化があった場合は拒絶されているサインです。晴れ予報だったにもかかわらず、大雨が降ったときも当てはまります。天候の悪い中の参拝は気持ちも沈んでしまうため、避けた方が良いでしょう。

神社に行く日に体調が悪くなった

参拝予定の日に熱が出たり、お腹が痛くなったりなどの体調不良に見舞われた場合も、神社に拒絶されているサインです。女性の場合、生理になったときも参拝は避けましょう。神社に近づくにつれて体調が悪くなってきた場合も、拒絶されているサインとなります。

次のページ:神社に行く予定日に用事ができた
初回公開日:2022年09月06日

記載されている内容は2022年09月06日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

アクセスランキング