IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

ジョガーパンツはダサい?着こなすときののコツや注意点も紹介

更新日:2022年08月16日

服装・髪型

ジョガーパンツはどうしてダサいと思われるのか疑問を持っている人はいませんか。この記事では、ジョガーパンツがダサいと思われる理由や着こなし方のコツ、注意点について紹介しています。ジョガーパンツを着こなしたい人は、ぜひ参考にしてみて下さい。

「ジョガーパンツが気になっているけれどもダサいの?」 「ジョガーパンツの着こなし方のコツや注意点を教えてほしい」 ジョガーパンツの購入を検討している人の中には、このような不安や疑問を持っている人もいるのではないでしょうか。 本記事では、ジョガーパンツに関する基礎的な知識を紹介するとともに、ダサいと思われる理由や着こなす時のコツや注意点について紹介します。 この記事を読むことで、ジョガーパンツがダサく見えてしまうポイントを把握することが可能です。その知識をもとに、ジョガーパンツを上手に着こなすためのコツや注意点を踏まえてファッションを楽しむことができるでしょう。 ジョガーパンツを組み込んだファッションを楽しみたい人は、ぜひこの記事をチェックしてみて下さい。

ジョガーパンツとは

ジョガーパンツとはレディースメンズどちらでも利用されており、裾の部分にリブと呼ばれるゴム編みやゴムがついていて、足首のあたりで絞ったデザインが特徴となっているパンツです。 このようなデザインから、スニーカーなどの靴がズボンの裾で隠れないスタイルがポイントとなっています。これはジョギングで使うスニーカーを美しく見せる目的で作られたことが関係しているようです。 主にジョギングをする人が好んで身につけているほか、靴全体を見せたいなど足元のおしゃれを楽しみたい人にも人気を集めているパンツです。

ジョガーパンツのいいところ「履き心地」

ジョガーパンツのいいところとしてまず挙げられているのが、履き心地のよさです。ジョギングする人向けのパンツとしてデザインされていることから、ゆったりとして動きやすくなっています。 さらにストレッチ性もある素材が用いられていることが多く、そのような素材の多くは手触りがいいところが魅力です。 ほかにも裾だけではなくウエストがゴムになっているジョガーパンツも多いので、履く時だけではなく脱ぐ時も楽であるところもメリットとなっています。 このように履き心地のよさや手軽さが、ジョガーパンツのいいところでしょう。

ジョガーパンツのいいところ「スポーティーに決まる」

ほかにもジョガーパンツのいいところやメリットとして挙げられているのが、スポーティーに決まりやすいところです。 元々ジョガーパンツはジョギングする人向けにデザインされたパンツなので、スポーツウェアとして利用している人が多く見受けられます。そのためスポーティーなコーディネートを考える際、活用できるアイテムとして挙げられやすいです。 しかもジョガーパンツはレディースメンズどちらでも取り扱われているアイテムなので、性別に関係なくスポーティーに決めたい時に便利なパンツと言えます。

ジョガーパンツがダサいと思われる理由

スポーティーなコーディネートにおすすめのアイテムとして人気を集めているジョガーパンツですが、中にはジョガーパンツのコーディネートがダサいと感じてしまう人もいます。 これはジョガーパンツそのものがトレンド入りしているにもかかわらず時代遅れのアイテムのように感じられてしまっているほか、コーディネート次第でダサいアイテム扱いされてしまっていることが原因です。 ジョガーパンツのコーディネートでダサいと思われないためにも、まずこれから紹介するダサいと思われる理由を理解しておきましょう。

部屋着や体操服のように感じられるため

ジョガーパンツのスタイルはゆったりとしていて、裾口がリブもしくはゴムになっています。これらの特徴がジョガーパンツの魅力なのですが、コーディネートによっては部屋着のようなリラックススタイルになってしまったり、体操服やジャージのように見えがちです。 特にスウェット生地のジョガーパンツは部屋着感や体操服のような印象を与えやすく、体格と比較してサイズが大きい場合はダボっとしてだらしなく見えてしまう場合も少なくありません。 このような点がダサい、カッコ悪いと判断されてしまいやすいです。

合わせ方が難しいため

ジョガーパンツはトレンド入りするおしゃれアイテムだから、適当に合わせても大丈夫だろうと思っている人もいるのではないでしょうか。 実はジャガーパンツは思っているよりも合わせ方が難しいアイテムとして挙げられやすく、適当なコーディネートにしてしまうとダサい格好になってしまいがちです。 もちろん使いこなせるようになればおしゃれアイテムとして活用できますが、おしゃれに疎い人やコーディネートを考えることが苦手という人にとっては、上手く活用できない可能性があるので注意しなければいけません。

短足に見えるため

ジョガーパンツの中でもサルエルパンツタイプは、股下のダボっとしたラインがはっきり見られやすいという特徴が魅力のデザインです。 このように股下がダボっとしているタイプの場合は丈の長さを間違えてしまうと、股下から裾までの長さが短くなってしまい、足が太く見えるだけではなく短く見えてしまうことからダサい・カッコ悪いと思われます。 場合によっては時代遅れのヤンキーのような見た目に見えてしまい、おしゃれとは程遠いダサい格好になってしまうため、注意が必要です。

ぴったりしすぎているため

裾口が絞られているスタイルであるジョガーパンツは、シルエットがテーパードになるので実は細身のパンツとなっています。このため着こなすことができれば、スタイルの良さを印象付けられるおしゃれなアイテムです。 ただ細身のパンツの注意点として挙げられているのが、ピッタリサイズで購入してしまうとあまりにぴったりし過ぎてスパッツのように見えてしまうというところです。 スパッツのようにぴったりとしたパンツを履いている姿はダサいと感じられやすいので、サイズ感に注意しなければいけません。

裾口がゴムでダサく感じられるため

次のページ:ジョガーパンツを着こなす時の注意点
初回公開日:2022年08月16日

記載されている内容は2022年08月16日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

アクセスランキング