IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

お腹を空かせる方法とは?ツボや空腹時のメリットもあわせて紹介

更新日:2022年08月02日

暮らしの知恵

食事会の前なのに全くお腹が空かずに困ったことはないでしょうか。この記事では、手軽にお腹を空かせる方法を紹介しているので、ここぞというときでも食事を楽しむ余裕が生まれるでしょう。少食の人や、食べることが大好きな人は是非最後まで読んでみてください。

「食事会の予定があるのになかなかお腹が空かない」 「食べ放題で本領を発揮して思い切り楽しみたい」 「特別な食事を更に美味しく食べる方法を知りたい」 このように思ったことはないでしょうか。 この記事ではお腹を空かせる方法をツボや運動などを行動別に詳しく紹介するとともに、空腹時のメリットについても説明しています。 記事の内容を読むことで不意な食事の機会でも心から楽しむことができ、食べるときにはしっかり食べつつ体型を維持することも可能になるでしょう。 お腹を空かせるために即効性のある方法を知りたい人や、他の人の空腹感に合わせて食事を摂るのが苦手な人、大切な食事会の前にしっかりお腹を空かせておきたい人は、是非読んでみてください。

お腹を空かせるツボとは?

会食の予定を控えているときやグルメ目的の旅行に出掛けたときに限って、お腹が空かずに美味しく食べられなかったという経験をしたことはないでしょうか。今後そのような事態を防ぐためにも、お腹を空かせる方法を知っておくと便利です。 お腹を空かせておきたい時は、まずツボ押しを試してみると良いでしょう。時間と場所を気にせずに行えるため、お腹を空かせる方法として手軽に取り入れることができます。 ここではお腹を空かせるために効果のあるツボを紹介しているので、位置を確認しながら試してみてください。

合谷

合谷(ごうこく)は手の親指と人差し指の間の付け根にあるツボで、やや人差し指寄りにあるとされています。合谷を刺激する際には反対側の親指と人差し指で挟むようして圧をかけるので、周りに気づかれにくいことも利点です。押しやすいツボの1つといえるでしょう。 合谷は万能のツボと呼ばれるほど幅広い効果が得られるツボであると同時に、脳に刺激が伝わりやすいという特性を持っています。消化不良や胃腸の不調に効果があるので、胃の働きをサポートしてくれるでしょう。

内関

内関(ないかん)は胃の不快感を軽減したり、つわりや乗り物酔いなどの吐き気を予防したりする効果が高いとされるツボです。二日酔いを予防する効果もあるので是非覚えておきましょう。 内関の場所は、手首のしわからちょうど指3本分下の中央部分にあります。筋に指を沿わせるように当てるとわかりやすいです。 刺激するときは反対の手の親指を使って、手首を握るようにして広めに圧をかけていきます。こうすることで多少ツボの目測が前後していても確実に刺激を与えられるでしょう。

足三里

足三里(あしさんり)は文字通り足にあるツボです。膝の近くにあるツボなので、椅子に座った状態で目立たずに押すことができるでしょう。足三里は胃腸のさまざまな効果を司るツボなので、食欲不振以外にも胃もたれや下痢などにも高い効果が得られるとされています。 膝の皿の外側にあるくぼみに人差し指を当てて沿わせ、ちょうど小指が当たっている場所が足三里のツボです。わかりにくい人は1度しゃがんでみると、くぼみが浮き出て見つけやすくなるでしょう。

中脘

中脘(ちゅうかん)は、胃腸の働きや血の巡りを良くする効果があるとされ、刺激することで便秘改善や消化を促進する作用が期待できます。胃腸が弱い人は普段から中脘を押すと良いでしょう。 中脘の場所はへそから指4本分上と比較的わかりやすい部分にあります。服の上から刺激するだけでも十分な効果が得られるので、胃腸のコンディションに不安があるときは、中脘のツボを押しながら調子を整えておきましょう。

陽谿

陽谿(ようけい)の場所は手を開いて反らせたときに、親指の付け根にできる2つの筋の間にあるくぼみです。陽谿を刺激するときはただ押さえるだけでなく、揉むようにしながらしっかり圧をかけるのがコツです。 陽谿は腸の働きをサポートするツボとして知られており、消化や吸収といった腸の動きを正常にする効果があります。糖の代謝を高めて血糖値を上がりにくくする作用もあるので、カロリーが気になる人は食事前に陽谿を押さえておくと良いでしょう。

次のページ:お腹を空かせる運動とは?
初回公開日:2022年08月02日

記載されている内容は2022年08月02日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

アクセスランキング