IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

ピーターパン症候群かどうかチェックできる?特徴や原因を紹介

更新日:2022年07月20日

社会人常識

大人なのに子供のような振る舞いをしてしまうピーターパン症候群をご存じですか?この記事ではピーターパン症候群の特徴や原因、ご自分が当てはまるか調べられるチェック項目も用意しています。気になっている方はぜひ確認してみてください。

ピーターパン症候群を改善するコツ

ピーターパン症候群を改善するには、まず自分がピーターパン症候群であると認めることから始まります。 自覚し、これまでの行動や思考を見つめ直しましょう。 甘えたり楽しい方へ気持ちが向いたりしがちな精神を鍛え、自立できるように努力していけばピーターパン症候群は改善していくでしょう。自分の放った言葉や行動が、他人にどう思われるか、傷つけていないか考えることも改善のコツになります。

ピーターパン症候群になった時に治療する方法はあるの?

ピーターパン症候群は精神疾患ではなく、育ってきた環境で生まれた認知の歪みになります。 ピーターパン症候群を治すためには、投薬や手術などといった治療ではなく専門のカウンセラーとともに認知療法を行っていくことになります。

ピーターパン症候群なのかどうかチェックをしてみよう

この記事ではピーターパン症候群の特徴と原因、自己診断できるチェック項目を7つ紹介してきました。あなたはいくつチェック項目に当てはまりましたか。 ピーターパン症候群は認知の歪みによるものであり、心や脳の病気ではありません。しかし、この症状を患っていると社会生活に適応することが非常に難しくなってきます。個人の問題だけではなく、周りも巻き込んでしまうのです。 逆に病気ではないということは、自分の心持ち次第で改善に向かう可能性が高いということでもあります。 自分の行動や発言を見直し、真摯に向き合うことで自ずと快方に向かうでしょう。 どうしても自己解決が難しいという場合は思いつめず、心療内科などのカウンセラーに相談してみたり、自分の心と体を常にチェックしたりしながら自己との付き合い方を模索していきましょう。

初回公開日:2022年07月20日

記載されている内容は2022年07月20日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

アクセスランキング