IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

結婚式のスピーチの定番である三つの袋の意味|注意点も併せて紹介

更新日:2022年07月22日

言葉の意味

結婚式スピーチの定番である「三つの袋」について、実は意味や込められた教訓を知らないという人もいるのではないでしょうか。本記事では「三つの袋」の基礎知識に加え、スピーチで使用する際の注意点、またアレンジ方法などを詳しく紹介します。ぜひ、参考にしてください。

「結婚式の定番ネタの「三つの袋」って何?」 「結婚式でよく聞く「三つの袋」の意味が知りたい」 「「三つの袋」をアレンジしたい」 結婚式に出席したときや出席者から聞いたときに、「三つの袋」の話を聞く人も多いのではないでしょうか。 本記事では、「三つの袋」の意味や起源をはじめに触れ、「三つの袋」のそれぞれの「袋」に込められた教訓について解説していきます。そして、「三つの袋」を結婚式のスピーチで使うときの注意点や「三つの袋」のアレンジなどについても紹介します。 「三つの袋」についての知識を身につけることで、大切な結婚式に花を添えるようなスピーチづくりを行なうことができるでしょう。 結婚式の定番ネタである「三つの袋」について詳しく知りたい方は、ぜひ一読してください。

三つの袋とは

結婚式の場でよく耳にするエピソードに、「三つの袋(堪忍袋・巾着袋(給料袋)・お袋(母親))」があります。この三つの袋は、夫婦となり2人で歩んでいく結婚生活を円満にしていくための秘訣を教えてくれるものです。 ここでは「三つの袋」の始まりについて、またエピソードの数は三つではなく「四つ」だったという説について紹介していきます。

三つの袋の始まり

結婚式や披露宴でのスピーチの定番が、「三つの袋」のエピソードです。昔から多くの人に用いられているエピソードですが、その起源については諸説あるため正確なものは分かっていません。 また、「三つの袋」のエピソードは、結婚生活における教訓をとても上手くまとめられた内容となっています。結婚を控えた新郎新婦だけでなく、すでに結婚している若い世代の人たちにもおすすめのエピソードといえるでしょう。

三つではなく四つだった?

結婚式の定番エピソードとなっている「三つの袋」は、実は四つの袋だったといわれています。四つの袋ではもともとの「堪忍袋」・「巾着袋(給料袋)」・「お袋(母親)」に、「胃袋」がプラスされています。

堪忍袋に込められた教訓

「三つの袋」の中で堪忍袋は、結婚生活を送る上でとても大切なものです。そのため、スピーチを行うときには、最初に話すエピソードとなっています。 以下では、堪忍袋に込められた教訓を3つ紹介していきます。ぜひ、チェックしてみてください。

夫婦喧嘩をするときは感情的にならないようにしよう

夫婦は、結婚したとしても元は赤の他人です。そのため、長い夫婦生活の中で喧嘩してしまうこともあるでしょう。 しかしながら、注意しないといけないのが感情的な喧嘩です。感情に任せて喧嘩してしまうと言い争いがエスカレートし、場合によっては離婚にまで発展してしまうおそれがあります。 そのため、トラブルが起きた場合には落ち着いて冷静に話し合えるように、お互いに我慢する(堪忍する)気持ちが大切になります。

家庭の雰囲気を大事にしよう

堪忍袋に込められた教訓として、夫婦の関係や家庭の雰囲気を大事にしようという意味も込められています。 特に結婚して子どもがいる場合、両親の関係や家庭の雰囲気はとても大切です。子どもの前で喧嘩ばかりしていては決して良い影響は与えません。そのため、相手の言動に不満があったり、トラブルがあったりしたときには一度、自身が引いてみるのもおすすめです。

次のページ:巾着袋に込められた教訓
初回公開日:2022年07月22日

記載されている内容は2022年07月22日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

アクセスランキング