IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

悠久の意味と使い方・悠の漢字の語源・永遠と悠久の違い

初回公開日:2018年01月04日

更新日:2020年02月14日

記載されている内容は2018年01月04日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

言葉の意味

皆さんは悠久という言葉の響きから、どんな意味のイメージが湧くでしょうか。何かとてつもなく永い年月を思い浮かべるのではないでしょうか。今回は悠久の意味や、悠久と意味がほぼ似たような他の言葉、「悠久」がタイトルに入った歌をご紹介していきます。

data-max-num-ads=8 data-matched-content-rows-num="2" data-matched-content-columns-num="4" data-matched-content-ui-type="image_stacked" data-ad-format="autorelaxed">

悠久の意味は?

悠久という言葉には、みなさんはどんなイメージを持たれるでしょうか。何千年、何万年もの途方もなく長い時の流れを、言葉の響きから想像するでしょう。具体的には、幾年月もの時を経てきた母なる大地を思い浮かべるでしょうか。もっと壮大に遥か悠久の時を刻み続ける宇宙全体という人もいるでしょう。 悠久の言葉にはどんな意味があるか、悠の漢字の語源は何なのか、また悠久のタイトルが付く楽曲などをご紹介させて頂きます。

果てしなく長く続くこと

悠久の意味は、絶えることなく果てしなく続くこと、途方もなく永い時間を経ること、またそのような様子をいいます。使い方の例として「悠久の山」、「悠久の昔から変わらぬ原始の森」などになります。

長く久しいこと

悠久には長く久しいという意味もあります。使い方の例として「澄み切った青い悠久の空を眺めた」などになります。

使い方例

・今日、核戦争や地球温暖化などの異常気象による人類存続が危惧されています。それでは、人類が絶えることなく悠久にこのまま発展、進歩しつづけていくにはどうすればいいのでしょうか。 ・個人の時間は限られたものですが、この惑星の時間は悠久といっていいでしょう。 ・海底には、船もろとも沈んだ人々が、悠久の眠りについているのだ

悠の漢字の語源は?

悠久の「悠」の語源を説明するには、漢字を分解します。「悠」の「イ」は部首名が人偏で、人の性格や態度、行動などを意味します。人が横を向いている姿で、人間をあらわすシンボルです。次に真ん中の「|」は水という漢字を簡略した形です。 「悠」の「攵」は、のぶんとかぼくづくりといいますが、上の「ト」はボクッという音の擬声語です。その下の交差して右に伸びている字は人の右手を意味しています。一番下の部首は心で、人の心臓を表しています。

みそぎの意味

「イ」は人を、「攵」は、水の筋が長く細く流れることを意味しています。これは人の背中を水で洗ってあげている状態で、忌服やお産などによる穢れをはらうためのみそぎで、身を洗い清める意味を表しています。

ゆったりの意味

「攸」(ゆう)に人の心臓をあらわす「心」を加えて、心がゆったりとして、気分が落ち着き、ゆとりを持っておおようになれるといった意味になります。 「悠」の付く似たような漢字に、「悠悠」や「悠長」、「悠揚」(ゆうよう)、「悠然、裕然」(ゆうぜん)があり、何事にもためらったり、気にすることなく落ち着いてふるまうことを意味します。使い方の例として挙げられるのは、「悠々自適」、「悠々たる宙」、「悠長な対応した」、「侍たちに取り囲まれても悠然とした態度だった」などです。

ゆるやかの意味

ゆったりとした心もちから、大様な、ゆるやかな時を表し、やがて想像もつかないほど遥かに長く持続されていく時間の経過や、途方もない空間の広がりを意味します。 また「弔」(ちょう)、弔いの意味もあり、そこから相手を悼み愁えるとなり、憂えるを表します。

悠久と永遠の違いは?

悠久と永遠の意味はそれほど大きな違いはありません。悠久の意味は、遥かに遠い昔から長く果てしなく続くていくことです。 永遠も時間を超越して、限りなく持続することを意味します。また哲学で、そのもの自体は時間という枠にありながら、限りなく、決して途絶えることなく続いていくとされるもののことです。 悠久と似た言葉はいくつかあります。「悠遠」は四次元時空などが遥か彼方を意味します。類語の「絶遠」はそれ以上ないほど物理的距離などが遠く離れていることで、使い方の例として挙げられるのは、「絶遠の島」、「絶遠の星」などです。「遼遠」も、大体の判断もつかないほど遠いこと、またそのような様子を意味します。

永遠

永遠の類語は永久、とわで、関連語には永世(えいせい)、常しえ(とこしえ)、恒久(こうきゅう)、悠久、長久、経常、不変があります。 「永久」はいつまでも果てしなく持続すること、永続することです。「とわ」は、いつまでも愛情や信頼などが変わらないことです。「永世」は絶えることない、永い年月です。使い方の例として「地球の平和を永久に守る」、「とわの愛」、「永世王将」、「スイスは永世中立国だ」などになります。 「常しえ」はずっと続くこと、永久の意味です。「恒久」は物事の状態などがいつまでも永続することです。「長久」は永久に続くこととなります。「経常」は常に状況や状態が一定で変わらないことです。「不変」は絶対に変わらないことです。使い方の例として「核燃料リサイクル施設は恒久的施設だ」「経常取引」などになります。

悠久の使い方は?

悠久の使い方の例としては、「その大河は悠久の昔から、涸れることなく滔々と流れていました」、「夫婦間の愛情は、相手の心変わりなどであっけなく失われるが、親が子に対する愛情は悠久です」などになります。

「悠久の歴史」を使った例文

・宇宙の悠久の歴史に迫り研究を重ねていくことは、結果として人類存続と繁栄のために極めて重要です。 ・人類はこれまで、海の悠久の歴史を辿ってきているが、いまだに海の泡ほど謎があり、その多くは解明されていない。 ・近未来の人類のテーマは、地球も含まれた銀河系の悠久の歴史を研究し、その解明に努めることです。

「悠久の時を経て」を使った例文

・悠久の時を経て、森は太古から原始の姿を保ち生き続けてきた。 ・神々の山は、悠久の時を経て下界を見守ってきた。人が立ち入ることを拒み、征服しようと果敢に挑んだ冒険者たちの命を容赦なく奪ってきた。 ・地球が島や山、森をつくり、海を湛えた現在の姿になるまでには、想像もつかないほどの悠久の時を経てこなければなりませんでした。

「悠久」がタイトルに含まれる楽曲と歌詞の意味は?

「悠久」の言葉がタイトルに入る曲や歌詞はいくつかあります。「悠久の男」は演歌歌手の五木ひろしが、スケールのある男のロマンを歌った歌で、曲も本人が手掛けています。 悠久ーSong of Eternityーは、二次元キャラクター初音ミクが歌うソングです。悠久の旅人は、想いを寄せる人への気持ちを、夜空や星の光などにのせて歌ったロマンティックなイメージの歌です。 悠久のフィリアは、4人のイケメンアニメキャラクターが歌います。どこにも存在しないような独特のワールドを旅する、2人の男女という冒険ファンタジー的な世界観をイメージさせます。悠久の物語は愛の歌で、生まれ変わっても再び出会ってあなたを愛し守り続けるという意味の歌詞です。

悠久の男

「悠久の男」は、作曲と歌を五木ひろしが担当しています。歌詞は、壮大なスケールの男のロマンを歌っています。どんな無謀なリスクにも恐れずに立ち向かい、希望を失わずに夢を追いかけて頑張っている、そんなかっこいい男の生き様を意味する歌です。

悠久ーSong of Eternityー

「悠久ーSong of Eternityー」は、初音ミクが歌う愛する人(恋人か同志のような友達か)を失った歌で、メロディーの優しい哀悼歌です。 初音ミクとは、2007年8月31日にクリプトン・フューチャーメディアが生み出した音声合成・デスクトップミュージック(DTM)ソフトウェアの少女キャラクターです。年齢16歳、身長158㎝、体重42㎏の、典型的なスリムモデル体型で、アイドル、ダンス系のポップスを歌います。

悠久の旅人

「悠久の旅人」~Dear boyは、歌Snow、作詞こだまさおり、作曲・編曲前澤寛之は、想いを寄せる人への気持ちを、夜空の星へのせたロマンティックな歌です。たとえば地球と火星くらい、惑星間の距離で若い男女が離れていても、強い絆で結ばれていることを感じる歌詞で、2007年にTV放送のアニメ、「アイドルマスターXENOGLOSSIA」のED曲です。

悠久のフィリア

「悠久のフィリア」は、4人のイケメンアニメキャラクターのグループ「Growth」のメンバーが歌う、冒険ファンタジーをイメージさせる歌詞です。「Growth」のグループ名は、メンバーの姓名に樹に関係する漢字があるので、生長した草木や植物を意味することから付けられました。 傷つき、これまで苦難の道だったが、若い男女が出会い、人生という旅路に手を取り合って希望を抱き、夢にむかって歩んでいこうという歌詞で、フィリアとはギリシャ語で「愛」や「友情」をいいます。

悠久の物語

「悠久の物語」アルバム:アンジェリーク~Dear My Angel~、アーティスト:ルバァ(関俊彦)、作詞森由里子、作曲津田考平は、生まれ変わってもあなたを悠久に愛し、そばにいてどんなことがあっても守ってゆきたいという愛を歌った歌詞です。

悠久がタイトルに付く歌を聞いてみましょう

悠久の意味や、「悠」の語の由来など、永遠や永久などの似たような意味をもつ言葉や漢字をご紹介してきました。悠久の名の付くタイトルの歌は、言葉の響きから、スケールある自然と組み合わせて、人のいつまでも変わらない愛情や友情などを歌い、前向きでポジティブなものが多いです。 地球が誕生して悠久の時を重ねてきた海や山などの大自然、あるいはわたしたちの地球そのものに想いを馳せながら、悠久の言葉がタイトルに入った歌を聞いてみてはいかがでしょうか。

関連タグ

アクセスランキング