IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

結婚式のスピーチの定番である三つの袋の意味|注意点も併せて紹介

更新日:2022年07月22日

言葉の意味・例文

結婚式スピーチの定番である「三つの袋」について、実は意味や込められた教訓を知らないという人もいるのではないでしょうか。本記事では「三つの袋」の基礎知識に加え、スピーチで使用する際の注意点、またアレンジ方法などを詳しく紹介します。ぜひ、参考にしてください。

お互いを理解する努力を忘れないようにしよう

堪忍袋の堪忍とは、怒りをこらえて他人の過ちを許すという意味になります。しかしながら、相手への怒りや不満を我慢するばかりだと、いつかその感情が溢れ大きな喧嘩や言い争いが起きてしまうでしょう。 そのため、我慢の限界が来る前に、相手としっかりと話し合い理解する努力が大切です。

巾着袋に込められた教訓

かつてはお給料を巾着袋に入れていたことから、「三つの袋」の巾着袋は給料袋のことを指しています。巾着袋(お金)は夫婦生活の基盤になるため、巾着袋の管理は大切なことを教えてくれているのです。 以下では、この巾着袋に込められた教訓を紹介していきます。

お金は計画的に管理しよう

安定して生活を送るためには、お金の存在は外せません。巾着袋、つまり給料袋の紐を適切に開け閉めすることが大切になります。 結婚すると出産や子育て、住居の購入など様々なイベントがあり、一度に大きな額のお金が必要になることもあるのです。そのため、短期的な貯蓄計画だけでなく、ライフプランに沿った中長期的な貯蓄計画も立てておくようにしましょう。

お金のトラブルもあることを忘れないようにしよう

巾着袋(給料袋)の管理が甘いことによって、思わぬ形で夫婦喧嘩になってしまったり、経済的に苦しくなってしまったりといったお金のトラブルを引き起こしてしまう可能性があります。 そのため、巾着袋には袋を引き締めて家庭の崩壊を防ぐようにする、という教訓が込められているのです。

お金を管理して浮気・浪費を防止しよう

巾着袋を意識し適切にお金を管理することで、浪費を防ぐことにつながります。特に夫婦共働きの場合、巾着袋が2つになるためどのように管理していくかが大切なポイントになるでしょう。浪費を防ぐためにも、お互いの意見を尊重しながら決めるようにしてください。 また、巾着袋について夫婦できちんと話し合っておくことによって、浮気を防止できる可能性もあります。そのため、巾着袋を引き締めることを心がけておくとよいでしょう。

お袋に込められた教訓

「三つの袋」に含まれるエピソードには、お袋(母親)があります。お袋は、相手の母親と自身の母親のそれぞれを指しており、結婚生活を送る上で切り離すことができない存在になるのです。 ここでは、お袋に込められた教訓を紹介していきます。ぜひ、参考にしてみてください。

嫁姑の関係を大事にしよう

次のページ:三つの袋をスピーチで使うときに気をつけることとは?
初回公開日:2022年07月22日

記載されている内容は2022年07月22日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

アクセスランキング