IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

結婚式のスピーチの定番である三つの袋の意味|注意点も併せて紹介

更新日:2022年07月22日

言葉の意味・例文

結婚式スピーチの定番である「三つの袋」について、実は意味や込められた教訓を知らないという人もいるのではないでしょうか。本記事では「三つの袋」の基礎知識に加え、スピーチで使用する際の注意点、またアレンジ方法などを詳しく紹介します。ぜひ、参考にしてください。

三つの袋には「お袋」、つまり新郎新婦の母親の存在が挙げられます。結婚する際、嫁姑の関係性が良好かどうかも大切なポイントです。嫁姑の関係があまり良好でないと、夫婦関係にも影響を与えてしまう可能性があります。 嫁姑の関係がこじれたことによって、離婚話につながってしまう場合もあるため注意してください。

母親への感謝を忘れないようにしよう

お袋に込められている教訓の1つが、母親に対する感謝の心を忘れないようにするというものです。 長い結婚生活の中で出産や子育て、家事へのアドバイスなど母親からのサポートを必要とする場面があるでしょう。そうした母親への感謝の心を忘れずに持つことは、お互いの関係を良好にするためにも大切な心構えになります。

離れていても親は大切にしよう

三つの袋にお袋が含まれる理由として、結婚し独立しても親を大切にしようという教訓があるためです。 親は必ず先に年を取り、場合によっては病気や寝たきりになってしまう可能性があります。そのため、両親が元気なうちに親孝行し、後悔がないようにしておくことが大切です。

三つの袋をスピーチで使うときに気をつけることとは?

「三つの袋」は結婚生活における教訓が非常によくまとまっているため、結婚式の祝辞やスピーチで使われやすいエピソードになります。しかしながら、新郎新婦の家庭や立場によっては避けた方がよいケースもあるため注意が必要です。 ここでは、「三つの袋」を用いるときの注意ポイントを3つ紹介していきます。

「お袋」という言葉が使えるか確認する

結婚式のスピーチで、三つの袋のエピソードを入れたい場合には注意が必要です。特に、お袋というエピソードを用いたいときには、新郎新婦の家庭事情や親子の関係性をしっかりと把握しておくようにしましょう。 理由としては、離婚や死別によって母親がいない場合や、親子の仲があまり良くない場合など複雑な事情を抱えていることがあるためです。スピーチに「お袋」という言葉を使うことで、結婚式の雰囲気を気まずいものにしてしまうおそれもあります。 そのため、きちんと事情を把握できていないときには、お袋というエピソードを控えることをおすすめします。

立場を考える

三つの袋というエピソードは、結婚式でされるスピーチの定番となっています。しかしながら、三つの袋のエピソードは結婚生活への教訓話になるため、基本的には新郎新婦よりも年上の人たちが使うエピソードです。 そのため、若い世代や年下の人がスピーチで三つの袋を使う場合には、母親や祖母から聞いた話など前置きするなど使い方を工夫するようにしましょう。

下ネタに走らない

三つの袋をアレンジしてスピーチする人もいるのではないでしょうか。そのとき注意したいのが、下ネタに走らないことです。 たとえば、玉袋などの言葉を使い子づくりを結びつけてしまうケースになります。下ネタになる言葉は、特に出席している女性からセクハラと受け取られてしまうおそれもあるのです。 結婚式という大切な日を台無しにしないためにも、スピーチで下ネタを話すことは控えるようにしましょう。

次のページ:三つの袋をアレンジしてみよう
初回公開日:2022年07月22日

記載されている内容は2022年07月22日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

アクセスランキング