IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

男性恐怖症の簡単な診断方法|陥りやすい女性の特徴・克服方法も解説

更新日:2022年12月05日

コミュニケーション

自分はもしかしたら男性恐怖症ではないかと悩んでいる人はいませんか。この記事では、簡単な男性恐怖症の診断方法や男性恐怖症になってしまう理由、克服するための方法について解説しています。自分が男性恐怖症かどうか気になるという人は、ぜひ参考にしてみて下さい。

これは男性恐怖症に陥りやすい女性の特徴にも該当しますが、過去に大きな失恋をした・恋人に裏切られた経験も、男性恐怖症なってしまう理由として挙げられています。 信頼していた恋人であればあるほど裏切られた時のショックは大きなトラウマになりやすく、男性に対して不信感や恐怖感を覚えやすくなるのです。

父親からハラスメント行為を受けた

男性恐怖症になりやすい幼少期のトラウマとして特に挙げられやすいのが、父親からの暴力をはじめとしたハラスメント行為です。父親からのハラスメント行為はトラウマになりやすく、男性に対しての恐怖感や嫌悪感が強くなる傾向があります。 これは父親が生まれて初めて接触する男性であることが大きな要因と考えられていて、そんな父親からハラスメント行為を受けることで男性に対する恐怖が根付きやすいです。

性的暴行によるトラウマ

性犯罪に巻き込まれる、性的虐待を受けるなどの性的暴行を受けたトラウマは根強く、男性に対する恐怖や嫌悪が強く受け付けられやすい傾向があります。このため、男性がいることで記憶がフラッシュバックしてしまい、男性恐怖症になってしまいがちです。 男性を怖い存在としてしか認識できなくなってしまっている場合もあり、交流を極力避けてしまうようになります。

職場でセクハラ・パワハラを受けた

ほかにも男性恐怖症になってしまう原因や理由として挙げられるのが、職場でのセクハラやパワハラです。男性の上司や同僚、先輩などからセクハラやパワハラを執拗に受けてしまうと、精神的なストレスから男性恐怖症になってしまう可能性があります。 こちらの理由は男性に対する恐怖よりも嫌悪が強くなりやすく、恋愛経験が乏しい人ほど男性恐怖症になる可能性がみられるようです。

男性恐怖症の克服方法

過去のトラウマなどから男性恐怖症になってしまった場合、本人に克服したいという気持ちがあれば症状を改善していくことは可能です。特に男性恐怖症のせいで日常生活に支障をきたしているという人の中には、改善したいという人もいるのではないでしょうか。 ここからは、男性恐怖症を克服する方法を解説します。

中性的な魅力を持つ男性と接する

男性恐怖症の人は、「見た目や話し方がいかにも男性っぽい人」に恐怖や嫌悪を感じやすい傾向が見受けられます。このため中性的な魅力を持つ男性やジェンダーレスな男性と接することで、男性に慣れていくことがおすすめです。 中性的またはジェンダーレスの男性は話し方も柔らかで男性を意識しにくく、男性恐怖症の人でも安心して話しやすいところがあります。

友人や家族とともに克服する

信頼できる友人や家族がいるのであれば、彼らの手を借りて一緒に克服するという方法もあります。友人や家族に男性恐怖症であることを打ち明けることで、精神的に安心できるという効果もあるためです。 男性恐怖症を理解してもらったうえで男性と関わりに一緒に参加してもらえば、徐々に男性との接触や会話にも慣れていけるようになります。

男性恐怖症であることを隠さない

次のページ:男性恐怖症と診断されてもポジティブに克服していきましょう
初回公開日:2022年07月04日

記載されている内容は2022年07月04日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

アクセスランキング