IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

男性恐怖症の簡単な診断方法|陥りやすい女性の特徴・克服方法も解説

更新日:2022年07月04日

コミュニケーション

自分はもしかしたら男性恐怖症ではないかと悩んでいる人はいませんか。この記事では、簡単な男性恐怖症の診断方法や男性恐怖症になってしまう理由、克服するための方法について解説しています。自分が男性恐怖症かどうか気になるという人は、ぜひ参考にしてみて下さい。

背後に誰かがいると恐怖や不安を感じる人は珍しくないですが、特に男性が背後にいると「襲われるんじゃないか」という不安や恐怖を感じる場合は男性恐怖症になっている可能性や診断が出てきます。 このような考えになるのは、過去に男性から危害を加えられたという経験が原因になっている可能性もあるようです。

男性に触れると嫌悪感を抱く

男性恐怖症の人は男性に対する警戒心や嫌悪感も強いため、男性に触られるだけで「何かされるかもしれない」、「下心がある」と強い嫌悪感を感じてしまう場合があります。これは自身の思い込みのほか、そのような経験があることも原因として考えられます。 つまり自分の考えや経験から、身を守るために嫌悪感を持ってしまっている可能性があるのです。このため、男性に対しての嫌悪感が強い時点で男性恐怖症の可能性があると診断できます。

男性とお付き合いしたことがない

男性に対して恐怖や嫌悪感を覚えているという女性の中には、男性とお付き合いしたことがないという人もいるのではないでしょうか。お付き合いの経験があっても1人や2人などごく少数の場合、男性恐怖症の可能性があるとされています。 ただこれは単純に付き合ったことがないというだけではなく、ほかの項目が当てはまっていないかどうかが診断するポイントです。

男性には言いたいことも言えない

女性相手であれば言いたいことが言えるのに、男性相手だと言いたいことが言えないという人は、男性恐怖症の可能性があると診断されます。 このような考えになってしまうのは、男性に言いたいことを言ってしまうと怒らせてしまうのではないか、手を挙げられるのではないかという恐怖が関係していることが多いです。

男性の友達がいない・少ない

ほかにも男友達が少ないまたはいないという人も、男性恐怖症の疑いがあります。そもそも男性恐怖症の人は男性との交流やかかわりを避ける傾向があるため、男性との友人関係を構築することも難しくなりがちです。 そのため女友達は多いけれども男友達がほとんどいないという人は、男性恐怖症の可能性があると診断できます。

男性恐怖症に陥る女性の特徴

男性恐怖症はどのような女性でもなってしまう可能性はあるものの、特に男性恐怖症に陥りやすい女性には共通した特徴が見受けられます。このため、特徴に当てはまる人は何らかのきっかけで男性恐怖症になるかもしれません。 ここからは、男性恐怖症に陥る女性に見られる特徴をいくつか解説します。

過去に大きな失恋をしている

過去に大きな失恋をしているなど、恋愛に関してのトラウマを抱えている女性は、男性との恋愛や交流が怖くなって男性恐怖症に陥る可能性があります。 これは失恋によって男性が自分を傷つけたという意識があるためだと考えられていて、男性と仲良くすることや話をすることを避けてしまいがちです。

次のページ:男性恐怖症となってしまう理由
初回公開日:2022年07月04日

記載されている内容は2022年07月04日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

アクセスランキング