IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

日本中央競馬会(JRA)の平均年収は?役職や職種別の比較も紹介!

更新日:2022年04月19日

年収・給与

競馬を運営している人たちの給料はどれくらいなんだろうと疑問に思ったことがありませんか?本記事では日本中央競馬会で働く人たちの平均年収を解説します。また、年収以外にも日本中央競馬会の仕事内容についてや職種別の年収についてもまとめていきます。

競馬場を走る彼らを見ながら、馬券を持つ手に力が入りついつい熱狂して叫んでしまったという経験をしたことがある人は、競馬ファンであれば少なくないのではないでしょうか。 馬の血統や走るまでのドラマがあったり、本番での騎手たちの駆け引きを見ることができたりと、賭け事をせずとも応援するだけで楽しい競馬ですが、そんな競馬を運営している日本中央競馬会は果たしてどれくらい稼いでいるのだろうかと思ったことはありませんか。 本記事では日本中央競馬会の年収について調査していきます。日本中央競馬会には様々な役職が設立されており、その役職ごとに収入が変わってくるところも注目です。 また、転職情報や働いてる人たちからの評判などについてもまとめていきますので、転職を考えている方はぜひこの記事をご覧いただいて参考にしてください。

日本中央競馬会(JRA)の平均年収について解説!

日本中央競馬会はどれほどの収入があるのか、本記事ではそれを明らかにしていきます。競馬はギャンブルの要素が含まれていながら、今となっては国民的人気コンテンツの1つとなっており、その収入が気になる方もきっと多いでしょう。 競馬に興味がないという方でも年収には興味があるかもしれません。競馬を運営する理事の人たちや、競馬場での仕事をこなす役員の人たちの年収はどれくらいか、それぞれの役職ごとの年収もしっかりまとめていきます。

日本中央競馬会(JRA)とは?

日本中央競馬会の平均年収を調べるに先立って、まずは日本中央競馬会とは何なのかについて解説していきます。 一般的には競馬をする団体として知られており、実際に競馬を楽しんでいる方や見たことがあるという方も多いでしょう。それほど現代では浸透している日本の競馬ですが、それを運営しているのが日本中央競馬会です。 それでは日本中央競馬会はどういった会社なのかについて、具体的に企業概念や事業内容などを詳しくまとめていきます。

日本中央競馬会の会社概要

日本中央競馬会とは農林水産大臣の監督の下、競馬法によって競馬を行っている団体です。全国の10ヵ所の競馬場にて競馬を開催しており、騎手や厩務員の育成や競走馬の育成場などの施設管理も行っています。 1954年に設立されて以来、現在まで数々のレースを実施しており現在は土曜日、日曜日の実施が基本となっています。日本中央競馬会が主催するレースでは競争賞金が高いことで有名であり、レースが行われる度に多くの観客が訪れています。 出典:企業情報|日本中央競馬会(JRA) 参照:https://jra.jp/

日本中央競馬会の事業内容

日本中央競馬会では事務職、技術職、獣医職に分けられています。競馬レースの開催が土、日に定められていることから平日と土、日とで事業内容が異なってきます。 平日は主にレースに出場する競走馬の登録作業や経理、設備の管理や競走馬の身体状況などを管理します。そして土、日は勝馬投票券の販売やレース情報の提供など、主に観客への対応をすることになります。場合によっては怪我をした馬への応急処置なども仕事の1つです。

日本中央競馬会の関連企業・団体

国内における競馬関連の企業団体とは基本的に関わりがあります。競走馬育成協会を始め、競走馬理化学研究所、日本馬術連盟、日本馬主協会連合会といった競走馬に関する団体はもちろん、岩手競馬や船橋競馬と言った全国に点在する地方競馬とも関連性があります。 また、中央競馬ピーアール・センターやグリーンチャンネルといった映像系の企業や、JRAシステムサービスといったシステム面での関連企業もあります。

日本中央競馬会(JRA)の年収はどのくらい?

ここからは日本中央競馬会の年収がどれくらいかについて解説していきます。国内で競馬を広め現在も数多くのレースを主催している日本中央競馬会ですが、それほどまでに競馬を盛り上げている会社であるからにはやはり高収入が期待されます。 実際に調べてみると相応の金額が出てきています。なお、日本中央競馬会では複数の役職や職種が設立されておりそれぞれの収入も変化しています。ここではそういった役職ごとの年収の違いもまとめていきます。

次のページ:日本中央競馬会の平均年収
初回公開日:2022年04月19日

記載されている内容は2022年04月19日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

アクセスランキング