IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

「慮って」の意味と読み方を詳しく解説!類語や対義語も紹介

更新日:2022年04月12日

言葉の意味

「慮って」の読み方、意味、使い方についてご存知でしょうか。本記事では「慮って」の意味や例文を交えた使い方などを解説しています。「慮って」について知りたい、学びたいという方は参考になりますので、ぜひチェックしてみて下さい。

「慮って」という言葉に疑問を持ったことはないでしょうか。普段の生活の中で目や耳にすることはあっても、自分で使うには理解が足りないという方もいらっしゃるでしょう。 本記事では、「慮って」の意味や使い方に加え、語源や英語表現、さらに意味が似ている類語について解説しています。また、意味が対照的な対義語についても例文を含めて解説しています。 この記事を読むことで、「慮って」に関する知識や使い方が身につけられるでしょう。その知識は意味を理解できるようになるだけでなく、表現力を向上させることにも役立ちます。 「慮って」について詳しく知りたいと思っている方は、ぜひこの記事を何度も繰り返しチェックしてみて下さい。

「慮って」の意味や使い方を解説!

言葉の意味を学ぶことで、知識が得られるだけでなく適切な使い方を知ることができます。さらに、語源や例文を交えると興味を持って分かりやすく理解を深められるでしょう。 「思い巡らせる」といった意味を持つ「慮って」は、相手や周囲を気づかって行動する様子を表現する際に使われます。 本記事では「慮って」についてさらに詳しく解説しますので、ぜひ参考にして下さい。

「慮って」とはどのような意味を持つ言葉?

「慮」という文字には「あれこれと思いをめぐらす」という意味があり、その文字を使った「慮って」も同様の意味で使われます。 相手がいる場合に、その内心に秘めた気持ちを察して行動するということではなく、周囲の状況をよく見て判断することを意味します。

「慮って」の意味と読み方

「慮(おもんぱか)って」は、よく考えたり思いを巡らせたりする様子をやや固く表現しており、周囲の雰囲気や状況をじっくり見てから判断することを表す際に使われます。 他の漢字と組み合わせることで、思慮や配慮といった特定の意味を持たせる表現方法もあります。

「慮って」の語源

周囲の状況を思う様子を表す「おもいはかる」が語源で、それが現在は「おもんぱかる(慮る)」という形で使われています。 読みは「おもんぱかる」ですが、「おもんばかる」でも間違いではありません。これは、発音しにくい言葉を楽に発声するために、時代の流れによって音変化されたためです。

「慮って」の英語表現

「慮って」の「よく考える」という意味を英語で表現すると、「give it a lot of thought」が近いでしょう。 動詞では「consider(考察する、検討する)」や「reflect upon(噛みしめる、思案する)」がそれに当たります。どちらもじっくり考えるという意味で共通しています。

「慮って」の使い方と例文

「慮って」は「○を慮って~する」という使い方をします。○の部分には対象の事情や状況が入り、~にはそれに対しての行動が入ります。 例文を挙げると以下のようになります。 ・受験勉強を頑張っている娘を慮って、夜食を用意する。 ・自力で問題を解こうとしている友人を慮って、黙って見守る。

次のページ:「慮って」の類語
初回公開日:2022年04月12日

記載されている内容は2022年04月12日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

アクセスランキング