IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

「研鑽を積む」の意味や使い方は?例文や敬語表現・類義語も解説!

更新日:2022年04月20日

言葉の意味

「研鑽を積む」という表現の意味や類義語をご存知でしょうか。耳にすることがあっても、意味を知らなければ話の内容を正しく理解できません。本記事では「研鑽を積む」という言葉の意味や使い方を、例文を交えて解説しています。正しい意味と使い方を理解し、活用しましょう。

上司や先生からの訓示や、テレビで目にするインタビューなどで、「研鑽(けんさん)」という言葉を耳にしたことがあるという方は多いでしょう。「日々研鑽を積んだことによる結果といえるでしょう」のように「積む」という言葉と一緒に使われることも多い単語です。 耳にしたことがあっても、意味の説明を求められたときに、自信を持って答えられるという方は少ないでしょう。本記事では、「研鑽を積む」という言葉が持つ意味や、使い方について解説しています。 英語の言い換えとして適当な英単語についても紹介しています。「研鑽を積む」という言葉の意味やニュアンスを、多方面から確認することで理解が深まりやすくなるでしょう。 言葉の意味だけでなく、例文を参考にして使い方を知ることで、自分の言葉として自信を持って使っていけるようになります。

「研鑽を積む」の意味や使い方を解説!

「研鑽を積む」という言葉は、カジュアルに使うことは少ないものの、学生や社会人になるとよく耳にする言葉といえるでしょう。研鑽には、「学問などを、深く究めること」という意味があり、「積む」と一緒に使うことで、探求を繰り返し、重ねていくさまを表しています。 「研鑽」は学問や研究に対する探求ですが、「研鑽を積む」は学問や研究に対してのみ使われる言葉ではありません。ここからは、「研鑽を積む」という言葉で表現できる意味や使い方をさらに詳しく解説していきます。

「研鑽を積む」とはどのような言葉?

ここでは、「研鑽を積む」について、意味や使い方、言い換えなどを解説します。意味を知るだけでなく、例文を交えて使い方を理解すれば、自分の言葉として会話の中で使うこともできるようになるでしょう。 「研鑽を積む」をほかの言葉で表現することを覚えておけば、会話の相手や内容に合わせて伝わりやすい言葉を選択できるようになります。「研鑽を積む」という言葉の意味がわかるだけでなく、自分で使いこなせるレベルになるよう、理解を深めましょう。

「研鑽を積む」の意味

「研鑽」は「学問などを深く究めること」という意味を持ちます。「研鑽を積む」ということで、学問などを深く究める「研鑽」が持続的に繰り返されていることを表現しています。 「研鑽を積む」は、勉強や研究を繰り返し行っているだけでは、適した表現となりません。少しのレベルアップを目指す程度ではなく、高いレベルを目指して、真摯に取り組む姿を表現したいときに適しています。 一生懸命な姿であれば、対象が学問ではなくトレーニングや仕事でも、適した意味合いとなります。「研鑽を積む」には、「高いレベルを究める」という意味が含まれていることを理解しておきましょう。

「研鑽を積む」の使い方

「研鑽を積む」は、すでに高いレベルにある学問や仕事のスキルをさらに研ぎ澄まそうとしている状態を表現するときに使います。単に、毎日がんばっているという程度の努力を伝える際には使えません。 「毎日努力をして逆上がりができるようになった」ということを伝えるときに、「研鑽を積んだ」という表現では、正しい情景が連想されず、違和感のある文章となってしまいます。 アスリートや研究者が、さらなる高みを目指すために努力する様子は、「研鑽を積む」を使うことで、努力の程度や、いかに大変な過程だったかが伝わりやすくなります。

「研鑽を積む」を使った例文

「研鑽を積む」は、「日々」や「日夜」などの期間を指し示す言葉と一緒に使われることも多いので覚えておきましょう。いかに長い期間努力したかを表せます。 ここでは「研鑽を積む」を使った例文を紹介します。自分の言葉にできるように、自分の身近な事柄に置き換えて文章を作ってみましょう。 ・先のオリンピックで惜しくもメダルに届かなかった選手が、日々研鑽を積んだことによって、次のオリンピックではついにメダルを獲得した ・旅行で使える程度の英語スキルから、日夜研鑽を積んだ結果として、ビジネスに活用できる英語力を身につけることができた

「研鑽」を使った他の言葉

「研鑽を積む」という表現以外にも「研鑽」という熟語を使って文章を作成できます。 「研鑽を重ねる」は、「研鑽を積む」の言い換えとして使えるほど、ニュアンスも近い言葉です。「研鑽に励む」は「研鑽を積む」とは使い方が異なりますが、同じようによく使われています。ほかにも「研鑽を続ける」「研鑽を深める」といった使い方ができます。 「研鑽」を使った言葉の例文を参考に、使い方を覚えておきましょう。 ・研鑽を重ねた結果、英語だけなく多言語を習得できた ・研鑽に励む日々を送り、ついに多言語習得を達成できた ・研鑽を続け、多言語を習得できた ・語学習得に努めてきましたが、さらに研鑽を深めるために留学に踏み切ることにしました

「研鑽を積む」の敬語表現と英語表現

「研鑽を積む」という言葉を目上の人に対して使いたい場合や英語で表現したい場合に、どのように言い換えれば適切な表現になるのでしょう。ここでは、「研鑽を積む」を目上の人に対して使う場合に知っておきたい敬語表現と英語に言い換える表現を紹介します。 会話相手に失礼になる言い方を避け、伝えるべき内容をニュアンスまできちんと伝えられるように、ぜひとも覚えておきましょう。 敬語表現にする場合は、「研鑽を積む」の「積む」という動詞部分の敬語表現を検討することになります。英語表現は、「研鑽を積む」の意味に該当するイディオムを覚えておくことが大切です。

次のページ:「研鑽を積む」の類義語
初回公開日:2022年04月20日

記載されている内容は2022年04月20日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

アクセスランキング