IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

「ヤーマン」の意味や由来は?詳しい使い方やパトワ語も紹介

更新日:2022年04月19日

言葉の意味

「ヤーマン」と言えば、最初に思い浮かべるのはレゲエやラップなどの音楽シーンでしょう。また、沖縄地方でも「ヤーマン」は使われています。この記事では「ヤーマン」という言葉について、実例を交えながらその意味や語源などについて解説していきます。

「ヤーマンってどういう意味なの?」 「ヤーマンの由来は何なの?」 「どういうときにヤーマンって使うの?」 このように、「ヤーマン」という言葉をラップの歌詞やレゲエスラングなどの音楽シーンや、挨拶などで耳にしたことはあるものの、それの成り立ちや由来について知らないという人は多いのではないでしょうか。 本記事では、「ヤーマン」の意味や使い方、その由来について解説していきます。また、「ヤーマン」の使い方や私生活に使える言葉も紹介するため、挨拶などのときに新たな表現をすることができるようになるでしょう。 「ヤーマン」の意味や使い方に興味のある人は、是非この記事を読んで「ヤーマン」を日常生活で使ってみましょう。

「ヤーマン」の意味や使い方を解説!

「ヤーマン」という言葉をご存じでしょうか。 聞いたことはあるけど、具体的な意味は知らないという方は多いのではないでしょうか。ヤーマンは、レゲエ音楽の曲名や曲中、またはレゲエアーティストのよく挨拶に使われていますが、深く理解している人は多くはないでしょう。 ここでは、そんな「ヤーマン」についてどのような意味なのか、使い方などを解説しますので、是非参考にしてみてください。

「ヤーマン」の意味と由来

「ヤーマン」と聞いて思い浮かべるものには、レゲエ音楽があるでしょう。 確かに、「ヤーマン」とはレゲエの挨拶の言葉ですが、それが実際にどのような意味で生まれた言葉なのか、どのように使われているのか分からないという人も多いでしょう。 ここでは、レゲエの挨拶としても知られる「ヤーマン」の意味や由来をご紹介します。

「ヤーマン」は沖縄の方言のひとつ

次のページ:「ヤーマン」の使い方
初回公開日:2022年04月19日

記載されている内容は2022年04月19日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

アクセスランキング