IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

デンソーの年収をさまざまな角度から解説!優良企業といわれる理由も

更新日:2022年04月12日

年収・給与

デンソーはどのような会社なのか、年収なども気になる人も多いのではないでしょうか。この記事では、デンソーが展開する事業や特徴を紹介しながら、従業員の平均年収についてさまざまな角度から解説しています。デンソーへの就職や転職に興味を持っている方は読んでみてください。

「デンソーの企業研究がしたい」 「デンソーに就職したら年収はどのくらいになるの?」 「デンソーでキャリアアップしたら年収はどの程度もらえるのか気になる」 デンソーへの就職や転職を希望している人の中には、このように年収や企業について気になっている人も多いのではないでしょうか。 この記事では、デンソーという企業について紹介しながら、各世代、各役職などさまざまな角度から見た年収について解説しています。 この記事を読むことで、自分が採用された場合にはどの程度の年収がもらえるのかが分かります。また、デンソーがグローバルに展開する企業であることも理解できるでしょう。 デンソーに興味のある人は、ぜひこの記事を参考にしてみてください。

デンソーの年収はどのくらい?

デンソーの年収は、2017年~2021年の5年間を平均するとおよそ8,000,000円となっています。 過去5年間、デンソーの従業員平均年収は、およそ7,000,000円~8,200,000円の間を推移しています。 2020年以降、従業員平均年収が下がっている理由には、品質問題の発生と新型コロナウィルスの流行が挙げられるでしょう。これに対し、デンソーは変革プラン「Reborn21」を掲げ、課題解決に取り組んでいます。 出典:有価証券報告書 | DENSO - 株式会社デンソー 参照:https://www.denso.com/jp/ja/about-us/investors/securities/

デンソーはどのような会社?

デンソー株式会社は、自動車関連部品の生産、供給会社です。パワトレインやスパークプラグなどの自動車関連部品だけでなく、エコキュートなど生活関連製品の開発にも注力している企業です。 トヨタ自動車の開発部門を前進としているため、トヨタグループに属していることも特徴と言えるでしょう。 また、世界では30か国以上、国内では愛知県や三重県を中心に、デンソーグループとして営業拠点や製作所を展開しています。 ここからは、デンソー株式会社の特徴を詳しく紹介します。

デンソーは世界でも売上規模が高い企業

デンソーが展開する事業は、自動車関連部品の他に住宅用全館空調システムやエコキュートなどの住宅設備機器、ロボット開発やICカード関連製品などの産業製品、フードバリューチェーンと多岐に渡ります。 また、デンソーの2021年3月期の連結売上収益はおよそ4.9兆円です。 デンソーの製品供給は、トヨタグループのみならず世界主要メーカーとも取引を行っているため、世界各国に研究施設や営業拠点など200社を構えるグローバル企業と言えます。 さらに、自動車部品メーカーの中では、売上規模が世界第2位を誇っていることや、160,000人を超える全従業員のうち、日本以外の国で働く従業員比率が50%を超えることも特徴でしょう。 出典:デンソー早わかり| DENSO - 株式会社デンソー 参照:https://www.denso.com/jp/ja/about-us/at-a-glance/

デンソーの将来性

次のページ:デンソーの年収をさまざまな角度から解説
初回公開日:2022年04月12日

記載されている内容は2022年04月12日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

アクセスランキング