IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

「読了」の意味とは?類語・対義語や使用時の注意点も詳しく解説

更新日:2022年04月12日

言葉の意味

「読了」は聞きなじみのない言葉なため、いざ使うとなると正しい意味や対義語が分からない人もいるでしょう。「読了」の意味や使用するときの注意点、類語や対義語を紹介していくため、本や漫画を読んだ際に使用できるかなど、違いを正しく理解し日常生活でも使用してみください。

「読了ってどんな意味があるの?」 「読破や完読、通読など読了と似たような言葉があるけど、意味に違いはあるの?」 「読了はどんなときにでも使えるの?」 このように、あまり聞きなれない「読了」という言葉の意味について、知りたいと思っている人もいるでしょう。 本記事では、「読了」の意味や語源、使い方、例文などを紹介していきます。また、類語や対義語についても解説していくため、「読了」の意味を正しく理解し、さまざまな場面で使えるようになるでしょう。 「読了」は本をよく読む人にとっては、とても使える言葉です。また、二文字で簡潔に伝えることができるため、この記事を参考に「読了」という言葉を日常生活の中でも、積極的に活用してみてはいかがでしょうか。

「読了」の意味や使用するときの注意点を解説!

日常会話ではあまり聞きなじみのない「読了」という言葉ですが、いったいどのような意味があるのかご存知でしょうか。漢字から考えて、読むことに関する言葉だというのは分かるでしょう。 「読了」には他に似たような言葉があるため、しっかり意味を理解して正しい使い方ができるようにしましょう。辞書が手元にあれば用意して、合わせて確認してみてください。

「読了」の意味とは?

「読了」とは、そもそもどのような意味があるのでしょうか。 まずは意味と読み方を知り、「読了」という言葉の語源まで掘り下げてみましょう。そうすることで、より深く「読了」という言葉の意味が理解できます。正しい意味が理解できたところで、実際に「読了」という言葉を使ってみましょう。 以下では、これらについて詳しく解説していきます。

「読了」の意味と読み方

まず「読了」は「どくりょう」と読みます。 辞書によると、「読了」の意味は「すっかり読み終えること」となっています。文や本を読む・読み取るという意味の「読」と、終わりになる・けりがつくという意味の「了」が合わさっているため、「すっかり読み終えること」となるのが理解できるでしょう。 書籍全般に対して、初めから終わりまで読み終えることを表す言葉です。

[名](スル)すっかり読みおえること。「全巻を読了する」

「読了」の語源

語源は前述の通り、「読」と「了」の意味が合わさってできています。 「了」という字は、完了・修了・終了・満了などでよく見聞きしますが、どれも「終わる」という意味で使われています。

「読了」の使い方と例文

「読了」の意味は読み終えるですが、「文字を読む」といったニュアンスが含まれるため、小説や文庫本、学術誌など、文字の多い読み物を読むときに使います。 例文としては、「先日購入した小説を読了した」、「〇〇先生の学術誌を読了したので、レポートのまとめに入ります」、「社内メールを読了しました」、「読了いただきありがとうございました」などです。 日常会話ではあまり使用しない言葉ですが、短い言葉で「読み終える」という意味を伝えられるため、ツイッターなどSNSで活用するのがおすすめです。

「読了」の類語と対義語

「読了」には類語や対義語があります。類義語でも意味のニュアンスが異なるものがあるため、間違いのないように正しく覚えておきましょう。 「読了」の類語と対義語を知っておけば、自分が表現したい意味にもっとも適した言葉を使えるようになります。 ここでは、「読了」の4つの類語と対義語を紹介します。

次のページ:「読了」を使用するときの注意点
初回公開日:2022年04月12日

記載されている内容は2022年04月12日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

アクセスランキング