IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

「一抹の不安」の意味や語源は?使い方や類語・対義語も解説

更新日:2022年03月14日

言葉の意味

「一抹の不安」の意味や使い方、例文などについて詳しく解説します。この記事は、「一抹の不安」の語源や類語、対義語をまとめているため、手紙や会話の場での参考になります。「一抹の不安」は心配で不安になる場面で使用する言葉のため、正しい意味を理解しておきましょう。

「一抹の不安」の意味や使い方を詳しく解説!

小説やドラマなどで、「一抹の不安」という言葉を聞いたことがある人も多いでしょう。この記事では、「一抹の不安」の意味や使い方を紹介します。 「一抹の不安」の類語と対義語についても紹介しているため、参考にしてください。正しい使い方を知れば、会話のバリエーションが増やせます。社会人として、基本的な言葉の知識を身につけましょう。

「一抹の不安」とはどのような言葉?

「一抹の不安」は、さまざまな場面で使える言葉です。言葉の意味やニュアンスを理解して、正しい場面で使えるようにしておきましょう。ここからは、「一抹の不安」の意味や語源、英語表現について紹介します。

「一抹の不安」の意味と読み方

「一抹の不安」は、「ほんのわずかな不安、不安要素」のことを意味します。読み方は、「いちまつのふあん」です。言葉の言い方を変えると、「小さな不安」と表現できるでしょう。 日常生活には、ほんのわずかな不安を抱えるという場面が多くあります。「家の鍵を閉めて出てきたか」や、「待ち合わせの時間に間に合うか」などです。このような状態を、「一抹の不安を抱えている」と表現します。

一抹の不安 読み方:いちまつのふあん 別表記:いちまつの不安 ほんの少しだけ解消されずに残っている、不安の念、または不安要素。

「一抹の不安」の語源

「一抹の不安」の「抹」は、「なでる」や「こする」を意味する言葉です。一抹は、筆でこするひとはけから、「ほんのわずか」や「かすか」を意味します。不安は、「気掛かりで落ち着かないこと」を意味する言葉です。 それぞれの語源が合わさり、「一抹の不安」が生まれています。「抹」の意味を理解しておけば、「一抹の不安」を使う場面がイメージしやすくなるでしょう。

「一抹の不安」の英語表現

「一抹の不安」の英語表現は、「a tinge of anxiety」です。「anxiety」は「不安」、「a tinge of~」は、「~を帯びる」を意味しています。「a tinge of anxiety」を翻訳すると、「かすかな不安」となります。 「a tinge of anxiety」を使えば、日本語の「一抹の不安」のニュアンスを表現できるでしょう。さらにシンプルに表現したい場合は、「a little uneasy」を使います。「a little uneasy」は、「少しの不安」という意味です。状況や文脈に合わせて、英語表現を使い分けましょう。

「一抹の不安」の使い方と例文

ここでは、「一抹の不安」の使い方や例文をまとめています。会話や文章の中で、どのように使えばよいか参考にしてください。日常生活では、さまざまな場面で不安を抱えることがあります。「一抹の不安」は、不安な場面で使うようにしましょう。

「一抹の不安」の使い方

次のページ:「一抹の不安」の類語と対義語
初回公開日:2022年03月14日

記載されている内容は2022年03月14日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

アクセスランキング