IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

「甚振る」の意味とは?読み方や使い方・類義語についても詳しく解説

更新日:2022年03月22日

言葉の意味

「甚振る」とは、どのような漢字であるかを詳しく解説します。「甚振る」についての理解を深めるために、意味や読み方、使い方を例文と併せて紹介しています。「甚振る」と「虐める」との違いや、類義語についてもまとめているため、参考にしてください。

類義語①痛めつける

相手に肉体的な嫌がらせをするという意味の「甚振る」の類義語に、「痛めつける」があります。痛めつけるは、殴る・蹴るなどの暴力的な手段で相手を追い込み、苦痛を与えるという意味です。 暴力的な表現を言い換えて、「高校生同士のケンカで、一方的に相手を痛めつけている。」というように使うことができます。精神的な表現の言い換えをする場合は、「嫌がらせをする」を使うのが適切です。

類義語②ゆする

「甚振る」の金品を脅しとる意味の類義語に、「ゆする」があります。ゆするは、相手に難癖をつけて脅し、追い込み金品を要求するという行為です。 使い方は、「万引きを目撃し、それを理由に相手をゆする。」となります。「甚振る」よりも、相手の弱みにつけ込むニュアンスがあるのが特徴です。

類義語③可愛がる

「可愛がる」は、可愛いと思う気持ちを態度に表すことや、優しく大事に扱うという意味です。贔屓することや目をかけることを表します。 上記から転じて、相手をいじめることや、手ひどく扱うという意味にも派生しました。スポーツなどで厳しい修練を与えることや、暴力的な指導の様子を表すこともできます。 可愛がるの使い方は、「才能がある選手を愛の鞭と称して可愛がるのは、間違った指導方法だ。」などです。類義語を知り理解を深めることで、より適切な表現方法が身につくでしょう。

「甚振る」は自分よりも弱いものを痛めつける意味を持つ

「甚振る」は、自分よりも弱い相手や低い立場のものに使う言葉です。相手を痛めつける攻撃的な意味合いで使うことが多いため、日常では関わらないほうがよい言葉であるといえます。 しかし、漢字の意味や読み方を知ること自体は、知識を身につけるうえで大切です。この記事を参考にして、「甚振る」を適切に使えるようにしましょう。

初回公開日:2022年03月22日

記載されている内容は2022年03月22日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

アクセスランキング