IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

「拙作」の意味と読み方を解説!使い方や同義語・対義語も紹介

更新日:2022年03月14日

言葉の意味

「拙作」というの言葉の意味や、使い方などについて解説します。また、「拙作」の同義語や、対義語についても詳しく説明します。さらに、「駄作」や「凡作」といった作品を表す言葉の微妙なニュアンスの違いなどについても記載しているため、ぜひ参考にしてください。

「拙作」の意味や使い方を解説!

「拙作」という言葉は、自身で創作活動などをしている方にとっては、比較的頻繁に使用されている言葉です。しかし、一般的にはその「読み方」も含め、あまりなじみがないことでしょう。 本記事では、「拙作」ついての言葉の持つ意味やその使い方などについて、同義語や対義語も含め紹介します。

「拙作」とはどのような言葉?

まずは「拙作」の意味と読み方、そして言葉の使い方についてのイメージを大枠として把握していきましょう。また、「拙作」を使った具体的な言葉についても詳しくみていきます。

「拙作」の意味と読み方

まず「拙作」は「せっさく」と読みます。「拙作」の言葉の意味としては、「出来栄えのまずい作品」「自分の作品をへりくだっていう語」があります。 「拙」は「つたない」「まずい」「へた」、「作」は「作品」という意味になります。「拙作」は、その2文字を組み合わせたもので、文字通り「拙い作品」という言葉です。 「作品」といっても多様なジャンルがあります。「自分で作ったもの」であれば、小説、絵画、料理など、さまざまなものが該当することでしょう。 ちなみに、時代劇などで耳にする「拙者(せっしゃ)」という言葉も、文字通り「拙い者」という意味です。これは、「自分自身」のことを謙遜していう謙譲語にあたります。

せっ‐さく【拙作】 の解説 1 出来栄えのまずい作品。 2 自分の作品をへりくだっていう語。

「拙い」を使った言葉

「拙作」と同じ漢字を使った「拙い」(つたない)という言葉があります。「拙い」を使った言葉の例として、「拙い者ですが、何卒よろしくお願いいたします。」などがあります。これは「能力が劣っている、ふつつか」という意味で使われている言葉です。 「拙い文章で恥ずかしい」は、「事を行うのに巧みでない」という意味が含まれています。また、「武運拙く敗れ去る」は「運が悪い」という意味が込められていますが、普段使用することはあまりないでしょう。 「拙い」と似た言葉で、「稚拙(ちせつ)」という言葉があります。「稚拙」とは、「子供っぽい」という意味が含まれています。そのため、「未熟」の意味が強い「拙い」とは多少ニュアンスが異なるでしょう。

「拙作」の使い方と同義語・対義語を紹介

「拙作」という言葉をさらに掘り下げてみましょう。「拙作」の具体的な使い方の例、次に「拙作」と同義語や対義語とされる言葉についてそれぞれ紹介していきます。

「拙作」の使い方

次のページ:「拙作」は自分の作品を謙遜するときに表現する言葉
初回公開日:2022年03月14日

記載されている内容は2022年03月14日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

アクセスランキング