IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

「対策を講じる」の意味や使い方は?言い換え表現についても解説!

更新日:2022年04月12日

言葉の意味

「対策を講じる」の意味を正しく理解し、使えていますか。本記事では「対策を講じる」の意味や使い方、例文を紹介しています。英語での表現の仕方や英語での例文、「対策を講じる」の言い換え表現はあるのかなども解説しているため、気になる人は是非参考にしてください。

「対策を講じるってよく聞くけど、正しい意味を理解できているのかな?」 「対策を講じるを他の読み方で表現できる?」 「対策を講じる」という言葉を耳にしたり使ったりすることがあるでしょうが、このように正しい意味で使えているのか、他の表現方法があるのか気になる人もいるでしょう。 本記事では、「対策を講じる」の意味や使い方、例文を紹介します。また、似ているようで異なる意味にもなる言い換え表現も紹介しているため、この記事を読むと「対策を講じる」という言葉を正しく使えるようになるでしょう。 日頃使っている「対策を講じる」の正しい意味を知りたい人や、日本語表現に興味のある人は、是非この記事を読んで参考にしてみてください。

「対策を講じる」の意味や使い方を紹介!

ビジネスシーンなどで「対策を講じる」という言葉をよく耳にしますが、この「対策を講じる」の正しい意味や使い方を理解できていない人もいるのではないでしょうか。 間違った使い方をしてしまうと、恥をかいてしまったり、本来の意図が伝わらなかったりする可能性があります。恥ずかしい思いをしないためにも、「対策を講じる」についてより深く知っておきましょう。

「対策を講じる」とは?

「対策を講じる」とは、そもそもどのような意味があるのでしょうか。 また、ビジネスシーンで使う場合、敬語で表現しなければならないことがあります。そのときは、「対策を講じる」をどう言ったら敬語になるのでしょう。さらに、グローバル化に伴い英語で表現したい場面もあるでしょう。 それらについて、紹介していきます。

「対策を講じる」の意味

まず「対策」とは、相手の態度や物事の状況に対応するための方法・手段のことです。次に「講じる」とは、問題を解決するために適当な方法を考えて行うことです。 それらが合わさった「対策を講じる」には、問題を解決するための対応方法を考え出し、それを実施するという意味があります。

対策を講じるとは、なんらかの問題を解決、乗り切るために対応方法を出し実行するという意味のこと。英語で表現すると take measures である。対策とは、事前に相手や状況の応じて取る手段のことを指しており、講じるは実行に移すことを指している。また、講じる(講ずる)には実施すること以外にも書物や学問などについて理解するなどといった意味もある。

「対策を講じる」の敬語表現

「対策を講じる」という言葉は、ビジネスシーンで使うことが多いでしょう。そのため、敬語表現も知っておきたいところです。 「対策」は名詞で言い換えがないため、「対策を講じる」を上司や目上の人に伝える場合は、「対策を講じてもよろしいでしょうか」や「対策を講じてみてはいかがでしょうか」といったように、「講じる」の部分を敬語にして表現します。

「対策を講じる」の英語表現

「対策を講じる」を英語で表現する場合は、「take measures」や「take steps」となります。 講じるという意味もあるtakeと、対処・対策という意味があるmeasuresや、手段という意味があるstepを組み合わせて表現しています。 「この問題を対処するには、どのような対策を講じるつもりでしょうか」と伝えたい場合は、「What measures are you going to take to address this problem?」といった表現になるでしょう。

「対策を講じる」の使い方と例文

「対策を講じる」の意味や表現方法が分かったところで、実際の使い方とどのような例文があるのか、ビジネスシーンとプライベートで使う場合に分けて紹介します。 ビジネスシーンで使うことが多いイメージですが、日常で使えるパターンも多くあります。是非参考にして、間違った表現をしないようにしましょう。

次のページ:「対策を講じる」を言い換え表現
初回公開日:2022年04月12日

記載されている内容は2022年04月12日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

アクセスランキング