IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

「合理的」の意味とは?例文・類義語・対義語をわかりやすく解説!

更新日:2022年03月11日

言葉の使い方

合理的の意味や、言葉の使い方を解説しています。言葉の意味を理解すれば、正しい使い方で日々の会話に取り入れられるようになります。合わせて、合理的の類義語や対義語を知り、語彙力を高めましょう。例文もわかりやすく紹介しているため、参考にしてください。

「合理的」の意味をわかりやすく解説

合理的は、仕事や会話の中で、日常的に利用される言葉です。 しかし、言葉の意味を聞かれると、答えられないという人も多いのではないでしょうか。この記事では、合理的の意味や使い方、類義語や対義語をわかりやすく解説します。言葉を使い分けて、さまざまな場面で活用しましょう。

「合理的」とは?

合理的は、「ごうりてき」と読みます。「合理」は、「理屈や論理的に正しい物事」を指している言葉です。ここでの「的」は、「~のように」や「~に関する」などを示しています。ここからは、合理的の意味や使い方、例文を紹介します。

「合理的」の意味

合理的には、2つの意味があると言われています。1つ目は、「道理や論理にかなっているさま」です。道理は、物事の筋が通っているという意味です。考えや行動に矛盾がなく、理屈に合っているという正しい様子を表しています。 2つ目は、「むだなく能率的であるさま」です。作業にむだがなく、物事がスムーズに進んでいる状態を表しています。言葉の意味を理解できれば、正しく使うことができるでしょう。

「合理的」の使い方と例文

前述したように、合理的という言葉には、2つの使い方があります。誰もが納得する正しい行動をしている様子を表すものと、むだがない行動について表すものです。 誰もが納得する正しい行動をしている様子を表す例文としては、「明日はテストがあるため、山田君がいつも以上に勉強をしているのは、合理的です。」などです。 むだがない行動のついての例文としては「家事の手順を合理的にしたため、時短につながりました。」、「合理的に行ける道を選ぶことで、予定時刻よりも早く到着できます。」などがあります。 このような合理的の使い方を、例文を参考にしながら確認してください。

「合理的」の類義語と対義語

合理的には、類義語や対義語があります。それぞれの意味や特徴を知れば、言葉を言い換えることが可能です。言葉を状況に応じて使い分け、相手に誤解のないような会話をしましょう。ここからは、合理的の類義語と対義語を紹介します。

「合理的」の類義語①論理的

論理的とは、事実を順序よく並べ、筋道を立てて説明をしている様子を指します。道理や論理にかなっているさまと、同等な表現だと思ってよいです。しかし、論理的は、物事のむだをなくす様子を表す意味では使わないでしょう。 「佐藤さんの資料は、論理的に作られているため信ぴょう性があり、とても分かりやすいです。」のように使います。

「合理的」の類義語②理性的

次のページ:「合理的」は意味を知って合理的に使おう!
初回公開日:2022年03月11日

記載されている内容は2022年03月11日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

アクセスランキング