IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

ヘアバンドが似合わない理由は?解決するためのアレンジ方法も紹介!

更新日:2022年02月22日

暮らしの知恵

ヘアバンドが似合わない人について、いくつかのパターンに分けて理由を解説しています。また、ヘアバンドが似合わないときの解決策として、髪型のアレンジ方法を紹介しています。この記事を読めば、顔の形などに合わせた自分に似合うヘアアレンジが分かるでしょう。

ヘアバンドが似合わない理由や解決策を徹底解説!

おしゃれなヘアアレンジのために、ヘアバンドを使いたいと考える人が多いでしょう。しかし、実際に着けてみると、イメージと違ったり、似合わなかったりすることもあります。 この記事では、ヘアバンドが似合わない理由と、解決策を紹介します。ヘアバンドが似合わないと思っている人は、この記事で紹介している使い方を、日々のヘアアレンジに取り入れてみてください。

ヘアバンドが似合わない理由

ヘアバンドが似合わない理由は、人によってさまざまです。例えば、ヘアバンド自体のデザインや、各々の髪質や顔の形のせいで似合わないこともあるでしょう。ここからは、似合わない理由を詳しく説明します。

理由①ヘアアレンジが上手にできていない

素敵なヘアバンドを購入しても、ヘアアレンジが下手だと、野暮ったく顔に似合わない印象になってしまいます。似合わないという人は、現在のヘアアレンジを見直すのがおすすめです。 似合わない印象を解決するおしゃれなヘアアレンジは、ロングヘアやショートヘアなど、髪型ごとに存在します。自分にはヘアバンドが似合わないと思っている人は、この記事で紹介するアレンジを参考にしてください。

理由②ヘアバンドのサイズや色が合っていない

おしゃれなヘアアレンジをしたにもかかわらず、似合わないと感じる場合もあるでしょう。この場合は、ヘアバンドのサイズや、色がよくないことが多いです。 サイズが大きすぎると、簡単にずれてしまいます。目元が隠れてしまうと、人におしゃれな印象を与えることができません。また、小さすぎるとハチマキのようになってしまいます。そのため、伸縮性を考えつつ、適したサイズを選ぶことが重要です。 色でも、似合わないという印象を大きく変えることができます。茶色などの落ち着いた色の服の場合は、似た系統の色にすると浮きません。似合わないと思っている人は、ヘアバンドの色を見直してみましょう。

理由③髪の量が多すぎる

髪の量が多すぎて重い印象の人は、ヘアバンドが似合わない傾向にあります。特に、固く太い髪質の人は、毛が浮いて頭が大きく見えることがあるため、工夫が必要です。 髪の量が多い人は、ヘアワックスで整えたりヘアアイロンで巻き髪にして、アレンジしやすい状態にするとよいでしょう。髪をまとめてから着けるのも、おすすめです。

理由④顔の形が面長または四角

顔の形が原因で、ヘアバンドが似合わない場合もあります。面長や、エラが張った四角の顔のせいで似合わないと感じている人は、使用するときに注意が必要です。 面長の人は、おでこを出すと顔がより縦長に見えて、似合わないという印象になってしまいます。解消するには、前髪を残すヘアアレンジにするとよいでしょう。 ヘアバンドは、顔の周りの髪をまとめる役割を持ちます。そのため、顔の四角い人がヘアバンドをつけると、エラがより目立って似合わなくなってしまいます。エラの悪目立ちを防ぐためには、顔の周りの髪を少し残す工夫が必要です。

理由⑤頭の形が絶壁

次のページ:ヘアバンドが似合わないときの解決策【ロングヘアアレンジ】
初回公開日:2022年02月22日

記載されている内容は2022年02月22日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

アクセスランキング