IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

スターバックスコーヒージャパンの年収はいくら?転職のポイントも解説

更新日:2022年01月17日

年収・給与

日本人に人気のあるスターバックスコーヒージャパンの平均年収を新卒・職種別・競合業者などに分けて説明します。スターバックスコーヒージャパンに転職するためのポイントやアルバイトから正社員になる流れも詳しく解説します。スターバックスの年収を知りたい方はご覧ください。

スターバックスコーヒージャパンの年収を解説

スターバックスコーヒージャパンは、世界的に有名なコーヒーチェーン店の子会社で、日本のコーヒー業界でも人気がある企業です。 ここでは、スターバックスコーヒージャパンの年収を、年齢や職種などに分けて詳しく解説します。中途採用のスタッフが活躍していることでも有名な企業なので、転職のポイントや転職時の年収も紹介します。

スターバックスコーヒージャパンの詳細

スターバックスコーヒージャパン株式会社は、日本のコーヒー業界で確固たる地位を保っている大手企業です。スターバックスコーヒージャパン株式会社の詳細を、会社概要や事業内容など個別で分けて詳しく解説します。

詳細①会社概要

スターバックスコーヒージャパンは、1971年に誕生した米スターバックスコーヒーの日本支社です。1995年に設立され、本社は東京都品川区にあります。資本金は254億6,181万円で、2021年9月末時点で店舗数が1,685店舗(うちライセンス店舗141店舗)、従業員数は4,508名です。 設立当初は、日本の株式会社サザビーとスターバックス・コーポレーションの共同事業でした。 2015年に、スターバックス・コーポレーションの完全子会社となっています。 出典:会社概要TOP|スターバックスコーヒージャパン 参照:https://www.starbucks.co.jp/company/summary/?nid=mm

詳細②事業内容

スターバックスコーヒージャパン株式会社の事業内容は、コーヒーストアの経営とコーヒー及び関連商品の販売です。 銀座に1号店がオープンして以来、カスタマイズできるオーダー制度やおしゃれで落ち着ける雰囲気が話題となりました。その影響もあり、現在も全国へ店舗数を広げています。 コーヒー以外に、スコーンなどのデザート類や季節ごとの期間限定商品に、力を入れているのも人気要因の一つです。

詳細③業績

スターバックスコーヒージャパンは、2015年に上場廃止となっており、公式HPには2014年までのデータが載っています。2013年から2014年までは売上高、営業利益、当期純利益の全てが右肩上がりとなっており、業績として上々です。 しかし2019年から発生している新型コロナウイルス感染症の影響で、他の飲食業と同様に苦しい業績が続いています。そのため、2019年度以降の営業利益は、特別損失(緊急事態宣言での休業など)があるため赤字の可能性が高いです。 出典:スターバックスコーヒージャパン公式ホームページ|プレスリリース(2014年度)TOP 参照:https://www.starbucks.co.jp/press_release/pr2014-950.php

年別2012年2013年2014年
売上高(億円)1,0771,1651,256
営業利益(億円)77.9697.15109.51
当期純利益(億円)38.4453.1759.98

詳細④将来性

次のページ:スターバックスコーヒージャパンの平均年収
初回公開日:2022年01月17日

記載されている内容は2022年01月17日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

アクセスランキング