IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

HSPにおすすめの仕事と向いていない仕事は?選び方と続けるコツも!

更新日:2022年01月05日

就活ノウハウ

HSPの特徴や、HSPに向いている仕事や反対に向かない仕事を紹介しています。後半では仕事選びのポイントや、仕事を続けるポイントなども解説しています。HSPだけでなく、仕事を辞めたいと思っている方や、仕事が長く続かないと悩んでいる方にも、おすすめの記事です。

HSPにおすすめの仕事を知りたい!

「仕事を辞めたい」「いつも仕事が続かない」そのように悩んでいませんか。HSPは、繊細がゆえに人間関係で悩み、過度なストレスを抱えてしまう方もいます。 しかしHSPだからといって、全ての仕事が向いていない訳ではありません。本記事では、HSPの特徴を踏まえ、向いている仕事と反対に避けた方が良い仕事、仕事選びのポイントを紹介しています。 後半では、HSPでも無理なく仕事を続けるコツを解説しています。人間関係がうまくいっていない方や、仕事を辞めたいと思っている方も参考にしてください。

HSPの特徴を確認してセルフチェックしよう

HSPにはいくつかの特徴があり、自分に当てはまっているのか、疑問に思う方も多いでしょう。この項目では、HSPの特徴の説明やセルフチェックもあるため参考にしてください。

HSPの性格の特徴

HSPは、「DOES(ダズ)」という4つの特性があります。これは、HSPの特徴の頭文字をとったものです。 Depth of processingは、「物事を深く考える」ことです。人と話をするときでもゆっくりと深く考え、話をしたり調べものをしたりする際に深く掘り下げるという特徴があります。 Overstimulatedは、「過度に刺激を受けやすい」ことです。人混みや大きな音が苦手、友人との時間は楽しいけれど気疲れしてしまう、人の些細な言葉で傷ついてしまうなどの特徴があります。 Emotionally reactive and high Empathyは、「共感能力が高い」ことです。他人からの影響を受けやすい、感情移入しやすいなどの特徴があります。 Sensitivity to Subtletiesは、「些細な刺激を察知する」ことです。光や音、かすかな匂いなど、些細な刺激にすぐ気づき、五感に敏感という特徴があります。

HSPのセルフチェック

アーロン博士によるHSPのセルフチェックには、いくつかの項目が挙げられています。痛みに敏感であるか、一度に多くのことを頼まれてしまうと困ってしまう、など複数の項目があります。 この中で14個以上該当する場合、HSPとされています。セルフチェック項目の中で、自分がいくつ当てはまるのかをチェックしてみてください。

HSPにおすすめの仕事

HSPの特徴とチェックリストからも分かるように、仕事が続かないことや人間関係に悩むことが多いようです。しかし、HSPの特徴を強みとして生かすことで、自分らしさを発揮しながら楽しく働くことができます。次に、HSPに向いている仕事を具体的に紹介します。

創造的(クリエイティブ)な仕事

発想力に富んでおり、細部にまでこだわりを持つHSPは、クリエイティブな仕事に向いています。これらの仕事は、従来にない独自性や革新的なアイデアを求められます。HSPの感受性が高さを生かして、能力を発揮することができるのです。 クリエイティブな仕事は一人でコツコツと作業に没頭することができるため、他者を気にすることが少なくてよいのもメリットです。 SNSやIT技術の革新により在宅で完結するものも多いため、環境を気にせずに仕事に没頭できます。

初回公開日:2022年01月05日

記載されている内容は2022年01月05日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

アクセスランキング