IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

会社から逃げたいと思うのは悪いこと?正しい逃げ方とポイントを解説!

更新日:2021年12月10日

退職

会社から逃げたい、行くことが辛いのは甘えになるのでは?と悩んでいる人に向けた、気持ちの推移の解説です。人間関係や生活がうまくいかず、仕事を辞めたい人へその原因も説明します。会社の正しい逃げ方や、逃げたい気持ちを実行に移すポイントも紹介していきます。

会社から逃げたい時はどうすればよい?

会社から逃げたいけれども逃げたいと言えない、と悩んだことがある人は多いのではないでしょうか。辛いけど臆病で言えない人、上司と話し合うことが辛い人、転職が不安な人と理由もさまざまです。 そもそもなぜ会社に行きたくない、逃げたいと思うのでしょうか?この記事では会社から逃げたい時の心理や正しい逃げ方を紹介します。

会社から逃げたい・辞めたいと思う主な原因

原因①仕事の環境・条件が悪い

環境や条件が悪いと、仕事に対する意欲が低下するといわれています。残業や休日出勤が続くと、会社から逃げたいと考える人が増える傾向があります。もっとよい労働環境で仕事をしたいと思うからでしょう。 ある転職サイトの調べでは、20代~40代以上の会社から逃げたいと思う理由1位は給料の低さでした。努力しても給料が上がらないと、仕事に対するやる気がなくなり、会社から逃げたいとなるようです。給料アップの交渉で、上司との関係が悪くなったという話もあります。

原因②人間関係が悪い・価値観が合わない

人間関係の良さや価値観の一致は、仕事を続けるために必要な要素だといわれています。バランスがとれないと、辛いから辞めたいと考える人も多いのでしょう。 会社で相談できる人がいないと仕事の悩みも話せず、会社から逃げたいと思う傾向があります。上司に対する遠慮や恐怖、話しかけられる雰囲気がないなど人間関係の悪さが原因です。 仕事を辞めた理由に、会社の将来性や市場価値と答える人も増えています。自分と会社の価値観の相違で会社を逃げたいと思い、退職を選ぶことが要因です。

原因③ハラスメント行為がある

ハラスメントは、防止対策が強化されているほどの問題といわれています。「上司との関係が崩れるから」と我慢している人も多いようですが、逃げたい気持ちを優先しましょう。 逃げハラは、上司が仕事をするうえでの責任から逃げてしまう行為です。妊娠出産による身体的変化を指摘してくる、マタハラも問題視されています。家族の介護をしながら働く社員に、仕事に関する制限をかけるケアハラも高齢化社会が進むにつれて増加しています。 パワハラやセクハラの他にも、ネット上ではこのようなハラスメントが話題となり、会社から逃げたいという声もあがっています。

会社から逃げたい・辞めたいと思うのは甘え?

環境改善を求める「逃げ」は悪いことではない

会社は快適な仕事環境のために、改革しなくてはならないといわれています。配置変え希望や、辛いからと転職することは逃げることにはなりません。 過度な残業や人間関係が悪く相談もできないなど、劣悪な環境で働く人もいます。その状況が続くと、会社から逃げたいという気持ちがわいてくる可能性があります。 環境改善を求めることは労働者の特権であり、改めるのは会社の役目です。変わらないようであれば、会社から逃げたい気持ちを重視しましょう。

自分の心身や人生は大事にしてよい

次のページ:会社から逃げたい場合の正しい「逃げ方」
初回公開日:2021年12月10日

記載されている内容は2021年12月10日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

アクセスランキング