IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

休みを会社にメール連絡する時の書き方は?状況にあわせた文例も紹介

更新日:2021年12月10日

メール

メールで休みの連絡をするときの、正しい書き方や注意点について説明します。会社へ、休みの連絡をメールでするときは、ビジネスメールの基本についてまとめました。また、体調不良のときなど、ケース別の具体的な文例も紹介していますので、参考にしてください。

休みを取れないことが負担になっているのなら、退職についても検討してみてください。体調不良を理由に休みを取った結果、職場の人間関係が悪くなるようでは、必要なときに休みが取れません。 また休みのあいだの仕事を、快く引き受けくれる同僚がいない状況では、休みを取ることも難しいです。このような職場では、とても労働環境が良いとは言えないでしょう。 焦って退職や転職を決める必要はありませんが、早めに準備をしておくことも必要です。本気で退職をしたいと思ったとき、すぐに行動ができるように、準備を始めておきましょう。

退職を伝えにくい場合は退職代行サービスを利用する

退職はしたいが、実際に退職する意思表示を、自分では伝えづらい方もいることでしょう。退職するためには、わざわざ会社に出向いて、会いたくもない上司に頭を下げる必要があります。 そんな状況を避けたいのなら、自分の代わりに退職したいことを伝えてくれる「退職代行」を検討してみてください。数万円の料金はかかってきますが、自分の心労を少しでも減らすことができます。

休みを連絡するメールは簡潔に書くことがポイント!

本記事では、休みの連絡をメールでするときの書き方や、注意点を説明してきました。ビジネスメールで一番大切なことは、相手が読みやすいメールになっていることです。 本記事で紹介した注意点を、しっかりと押さえることで、自然と正しいメールが書けるようになります。最後に、メール全体の誤字脱字、送信先が間違っていないかを確認できれば問題ありません。 丁寧な印象のメールを書くことで、お互いに気分よく休みを取ることができます。「5W1H」を意識した本文を心掛け、相手に正しく伝わりやすい工夫をしましょう。

初回公開日:2021年12月10日

記載されている内容は2021年12月10日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

アクセスランキング