IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

「最終面接結果の待ち期間」と「問い合わせ方法」

就活の面接

他に受けた会社から内定が出ていれば返事をしなければならないので、判断が難しいところです。最終面接の結果待ちで不安な方のために、最終面接結果の待ち時間、待たせる理由について解説します。最終結果を待ち中の人は、ここを読んで安心してくださいね。

更新日時:

「履歴書ってどうやって書けばいいの?」 「面接でなんて話せば合格するんだろう」 そんな人におすすめなのが「就活ノート」 無料会員登録をするだけで、面接に通過したエントリーシートや面接の内容が丸わかり! 大手企業はもちろんのこと、有名ではないホワイトな企業の情報もたくさんあるので、登録しないと絶対に損です。 登録は1分で完了するので、面倒もありません。ぜひ登録しましょう!

最終面接の結果通知は「一般的に3日以内」「遅くて1週間」

内定通知では、一般的に3日以内に電話などで連絡があります。 面接時に「1週間以内に結果を知らせる」ことを伝えることが多いようです。それでも実際には1週間以上たっても連絡がないことも少なからずあります。2週間までは望みを捨てずに待ちましょう。

最終面接の結果は「採用なら電話」「不採用ならメールか郵送」で通知される

企業からの結果連絡の方法は企業によって違いがあります。 こんなことが言われています。 ・内定通知は電話でくる ・不採用の場合は、メールか郵送通知 しかし、企業によってはメールや文書で採用のお知らせが来る場合もありますから一概にはいえません。

最終面接の結果通知が遅い理由:企業が合否を保留したい

最終面接の合否結果が遅い理由として考えられるのは ・企業側が合否を慎重に吟味し、保留している ということがあります。なので場合によっては、2週間ほど経って内定の通知が来ることもあります。 選考は、すべての応募者との面接を終えてからでなければ、結果を出すことができません。すべての応募者との面接をするには時間がかかります。また、選考をする際も、複数の採用担当者の意見をまとめる場合もあるため、審査に時間がかかり、内定連絡に遅れが出るようです。 各企業、採用する新卒の数を決めていて、しかし内定を出しても必ずしも入社してくれるとは限らないため、評価の高かった学生を上から選んでいくことに非常に慎重になるんです。 人事の声 結果連絡が待ちきれないという就活生の質問に、こんな回答がありました。

一部上場の企業で、以前採用にかかわっていた事があります。 企業によって採用の方法が異なりますので一概には言えません。わが社では、書類審査から2次面接までに応募者を相当絞り込んだ後で最終面接を行い、最終面接で更に約1/4にしますが、最終面接後の絞込みは各部門の欲しい人材に振り分ける形で絞込みを行います。 その為、全ての採用候補が出揃うまで採用が決定せず、早い段階で最終面接をした学生さんは、2週間くらいお待ち頂く事もありました。 採用サイドもできるだけ早く連絡してあげたいと思っているのですが、どうしてもギリギリになってしまう事情もある点、ご理解頂きたいと思います。

現役人事のものです。

当社の場合、時期にもよりますが、今ぐらいだと、「結果は1週間から2週間後、それ以内にはご連絡します」と伝えますが、内定者には、1週間で連絡します。「1週間以内」と伝えた場合は、ほぼ3日以内に連絡します。(内定者にはね)

以上からわかるように、最終面接の結果連絡が遅れる理由は ・応募者数が多く、振り分けに時間がかかる ・内定者には早く通知するが、それ以外の人は据え置いている の2つが考えられます。

合否連絡を問い合わせ方

1週間は最終面接でも結果通知の目安期間です。この例のように、必要に迫られる場合は企業に問い合わせても失礼ではありません。ただし、ビジネスのマナーにのっとって丁寧に聞きましょうね。 電話での問い合わせ例: 「いつもお世話になっております。XXXX日に面接を受けたXXX大学のXXXと申します。合否について担当のXXXX様からXX日以内に連絡があると聞いたのですが、その後どうなりましたでしょうか。よろしくお願いいたします。」 メールでの問い合わせ例: XXXX株式会社 XXXX様 お世話になっております。〇〇大学の△△と申します。 先日はお忙しい中、私の為に面接のお時間を割いていただきありがとうございました。 ○○日に面接を受けましたが、合否結果について、何日頃にご連絡を頂けるか教えていただくことは可能でしょうか。 面接の際に聞きそびれ、今頃このようなメールを差し上げますこと何卒お許し下さい。お手数ですが、ご連絡いただけますと幸いです。 〇〇大学 △△

あらかじめ面接時に確認しておくと安心

面接後は退席する前に、面接官に 「ありがとうございました。次は、また面接や試験などがありますか?」 「次のステップは何でしょうか?」 など、“次回”に関する質問を投げかけてみるのも手です。 企業側のスケジュール、合格の場合はいつ連絡がいくかなどをそれとなく教えてもらえる可能性も高く、面接官にも前向きな姿勢を評価してもらえるでしょう。

望ましいお礼メール

また、面接後すぐに「お礼メール」を送っておくとより良いですよ。企業は選考に忙しいので返信は期待せずに、それでも手を打っておけば効果は期待できるのです。効果とは、こういうことです。 ・面接のフォローアップで好印象を企業に与える ・返信がくれば良いサイン ・今後の予定についてさりげなく聞き出すいいチャンス お礼のメールを送って、まだ10日も返事がないときは、先に述べたように丁寧に次の挨拶メールをしてみましょう。

志望企業の内定獲得のカギは「自己PR」

就活の面接時、ESや履歴書で他のライバルと差をつける「自己PR」。自分らしさを採用担当者に伝え、注意を惹き付けるためには、論理的で採用担当者が見ているポイントを抑える必要があります。 穴埋めだけで、自己PRのポイントを抑えられる資料をこちらに用意しました。自己PRで内定を獲得し、納得の年収と、圧倒的成長を実現できる企業への切符を手に入れましょう。

関連タグ

アクセスランキング