IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

東レのインターン対策|倍率、選考方法など2015年情報

更新日:2020年11月07日

インターンシップ

今回は、有名大企業、東レのインターンシップについてご紹介するので、今後の活動の参考になさってください。東レはかの、榊原定征経団連会長が最高顧問を務めている企業でもあります。私たちの就活を左右する経団連の会長がかかわる会社です。興味がわいたらぜひ応募してみてください。

インターンの倍率を知る

東レのインターンシップでの採用人数は非公開となっています。なので、一概には言えませんが、企業であり、期間が短くコースも少ないので、おそらく倍率はかなり高いと考えられます。しっかり対策を打たないと、書類選考も通過は難しいでしょう。

ES対策

東レのインターンシップへの応募数は、かなり多くなると考えられます。なので、大学や大学院で専門分野を学んでいる方も少なくないはずです。その中で、採用を勝ち取るのは厳しいかもしれませんが、ESの内要をしっかり記入すれば、確率は上がります。おそらく、今までの経験や志望動機などを聞かれる欄があると考えられます。そういった欄で他者と差をつけるためにも自己研究、自己理解は必須です。しっかりと塾考して、内容に抜け目がないようにしなければなりません。

面接・ディスカッション対策

基本はESでの対策と同じです。しっかりと自己研究しておくことが重要です。ESに記入した内容は面接などで掘り下げて聞かれることも多いので、あらゆる角度からの質問に答えらえるように、シミュレーションや深い考察を事前にしておくことが重要です。アドリブが苦手な方も少なくないと思いますが、ESに書いた基本的な内容をしっかり頭に入れておけば、ある程度の応用もできるはずです。当日になって焦ってしまわないためにも、あらかじめの準備は重要です。

東レのインターンシップ対策で重要なのは、自己理解

東レのインターンシップ対策で重要なのは、やはり自分を理解することです。東レのような大企業では、人事の方も経験が豊富で生半可なちしきや経験は通用しません。なので、自分に嘘をつかず、今までの経験や、その時なぜそう考えたのか、自分の中のある考えに対するエピソードなど、徹底的にシミュレーションをし、突っかかるごとに考え直していくことが、基本であるとともに最重要です。しっかりと基本を抑えて対策をしていきましょう。

おわりに

以上、東レのインターンシップについて見てきました。注意すべき点としては、倍率が高くなることが予想される点、就活でも同じことが言えますが、基本が重要である点です。自分についてしっかりと理解できているかについて、応募人数が多くなればなるほど重要視されます。何度も言いますが、基本をしっかり抑えることが、東レのインターンシップ選考に通過する上で一番大事です。かりに選考に落選しても、その中で経験した自己研究と自分の理解については、このごの就活にも必ず応用できるので、ぜひ自分を見つめ直し、選考に臨んでください。 東レのインターンシップ以外でもインターンシップに参加することで得られる経験はとても貴重です。しかし、中にはインターンシップに行けない企業もあります。そのような場合には人事や社員と焼肉を食べながら、インターンに行けない企業の仕事の様子を知るといいでしょう。

初回公開日:2016年12月01日

記載されている内容は2016年12月01日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング