IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

2016年テラモーターズ株式会社のインターン対策|倍率、選考方法など

インターンシップ

日本から世界へ、また日本へと新産業へ参入しようとチャレンジする「テラモーターズ」は創業者とともに新規事業を育て上げるメンバーとして学生インターンを募集しています。今回は「テラモーターズ」インターンシップの内容についてお伝えします。

更新日時:

「テラモーターズ株式会社」のインターンシップ対策:企業研究

インターンに応募する前に「テラモーターズ株式会社」のことを知っておきましょう。企業ホームページにあるように「テラモーターズ」はアップルやサムスンを超える世界NO.1のEVカンパニーを目指します。創立期からベトナム・フィリピン・インドに現地法人を設立という、海外を意識した事業展開をしています。

「テラモーターズ株式会社」企業概要

「テラモーターズ」は電動二輪・三輪・四輪車の開発・設計、そして販売事業を行っています。特に国内EV(電動バイク)市場においては、創業2年目に販売台数1位となり、現在も新型電動バイク「A4000i」、業務用電動バイク「BIZMOⅡ」などを主力製品として事業展開しております。 企業名:テラモーターズ株式会社 所在地:本社 東京都渋谷区神宮前5丁目53-67コスモス青山SOUTH棟3階 代表者:代表取締役 徳重 徹 設立日: 2010年4月 資本金: 16億676万円(資本準備金含む) 事業内容:電動バイク・電動三輪・電動シニアカーの開発・設計・販売

「テラモーターズ株式会社」企業の特徴

「アップルを超える企業になる」 とは、創業以来「テラモーターズ」のオフィスに本当にこの言葉が掲げられているのです。創業二年目には約3,000台を売り、国内の電動バイクメーカーのトップとなりましたが、国内のシェア争いにとどまらす、その先のもっと大きなビッグビジネスをめざし、メガベンチャーへの足がかりとしてインドやベトナムといったアジア諸国への進出を進めています。 電動2輪・電動3輪の製造・販売:インド・バングラデシュ・ベトナム・フィリピンを中心に事業を展開 マルチコプターを用いたサービスを展開するテラドローン株式会社:2016年2月に設立

「テラモーターズ」のインターンシップ対策:実施内容を知る

創業社長と新規事業を一緒に育て上げる、アグレッシブな学生インターンのを募集します。”Change TheWorld”のコンセプトからなる、新規事業立ち上げ。日本市場とグローバル市場を見据えた、新産業への本格参入を開始する「テラモーターズ」です。 新規事業の立上げ サービス開発 セールス&マーケティング オペレーション構築 カスタマーサポートなど

「テラモーターズ 営業・マーケティング」インターンシップ 実施内容

応募対象 就職希望者、インターンのみどちらでも可 応募方法  電話 03(6419)7913 または各webページより 例※1 「テラモーターズ 営業・マーケティング」インターンシップ 勤務情報 エンジンから電気モーターへの100年に1度の革命、パラダイムシフトが叫ばれる中、当社は、快適コミューターの世界標準となる新しい乗物で、果敢にイノベーションに挑戦します。既成概念を打ち破る、新しい乗物の“かたち”で、マーケットを創造します。 勤務期間  原則3ヶ月以上 勤務時間  就職希望者:週4.5日以上(土曜日含む)、1日8時間以上 インターンのみ:平日週2.5日以上、1日8時間以上 給与   未定 交通費支給:月3万円まで 勤務地  東京都渋谷区宇田川町34番5号サイトービルIII5階(ハローオフィス内) 最寄駅:渋谷駅から徒歩3分 「テラモーターズ」とともに世の中を変えたいというマインドを持つ、実践的なビジネスにすぐに携わりたい学生を募集しています。

「テラモーターズ 営業・企画・広報」インターンシップ 実施内容

応募対象 就職希望者、インターンのみどちらでも可 応募方法  電話 03(6419)7913 または各webページより 例※2 「テラモーターズ 営業・企画・広報」インターンシップ 勤務情報 かつてはものづくり分野で世界に名を馳せていた日本ですが、今ではすっかりその勢いを失っています。自己主張が弱いのが日本人の国民性ともよく言われます。 日本人の萎縮したメンタリティを打ち壊し自信を取り戻させるために、ものづくり分野でもう一度、日本から世界に対しイノベーションを起こす、その先陣を切ることが「テラモーターズ」のミッションです。 勤務期間  原則3ヶ月以上 勤務時間  平日週2.5日~3日 午前9時~午後9時 給与   未定 交通費支給:月3万円まで 勤務地  東京都渋谷区宇田川町34番5号サイトービルIII5階 「テラモーターズ」インターン採用日程 「テラモーターズ株式会社」インターンの採用日程は決まっていません。各種Webページから申し込むか、電話で問い合わせましょう。この問い合わせから採用への階段が始まります。あなた自身のスケジュールをよく整理してから応募しましょう。

「テラモーターズ株式会社」のインターンシップ対策:採用対策

画像:創業者インタビュー記事より 「テラモーターズ株式会社」インターンシップは一律に確定された採用過程をとりません。申し込みから個人対応で採用が決まっていきますから、あなた次第で成功をかちとる道筋がここから始まっていると言えます。創業者や活躍する社員のインタビュー記事などをよく読み、疑問や知りたいことを整理して、自分が関わりたい仕事に関心をもって、応募担当者にそれを伝えましょう。取り掛かりとして創業者のインタビュー記事を一部抜粋して紹介します。 「日本企業の新しい成功モデルをつくりたいんです。最近は少しましになりましたが、日本では成功したベンチャー企業といっても、せいぜい売上げ10億から20億円くらいで、上場しても大して伸びない。一方の大企業も情けなくて、一部を除き、なかなか変革ができません。 (中略) スポーツの世界では、野球では野茂、サッカーでは中田のような選手が出てきて世界で堂々とプレーするようになると、俺も世界でやりたい、という後進が山ほど現れました。日本人は引っ込み思案だから、誰かが手本を示さないと、自分から前に出ることなんて考えない。僕は企業経営という分野で、それを実現したい。世界市場、特にこれから急成長するアジアで活躍するプレイヤーになりたいのです。」・・・インタビュー「社会リーダー」の軌跡 ※3

「テラモーターズ株式会社」のインターンシップ対策で重要なのは、スピード感ある起業家精神

例えば大手商社に入社しても20代は新人、海外に関わるのは30代、40代という盤石の歩みは世界のスピード感からは取り残される。そう感じて「テラモーターズ」インターンシップから刺激に満ちている当社に魅力を感じ、大手メーカーの内定を辞退して「テラモーターズ」に入社する人が少なからずいるのです。20代のうちから大きな仕事に関わり、今はまだ小さな会社とともに成長を分かち合う、それを自らのキャリアの糧にすることを喜ぶ人は、「テラモーターズ」インターンシップに参加する資格があります。

おわりに

「テラモーターズ株式会社」のインターンシップを紹介してきましたが、いかがでしたか?もしあなたが、就職する企業が自分自身の成長の場であると考えるなら、もし従来の日本企業で自分を生かせないと考えるなら、ぜひ「テラモーターズ」のインターンシップに挑戦してみましょう。 「テラモーターズ株式会社」のインターンシップ以外でもインターンシップに参加することで得られる経験はとても貴重です。しかし、中にはインターンシップに行けない企業もあります。そのような場合には人事や社員と焼肉を食べながら、インターンに行けない企業の仕事の様子を知るといいでしょう。

[参考資料]

面接官が使ってる評価シートをプレゼント!

インターンシップの選考や、終活の選考で必ずある面接。「面接官が何を見ているか」が分かれば、想定質問への回答も用意でき、落ち着いて面接にのぞんで、ライバルに差をつけられます。 ・面接官の評価基準 ・どのような質問が来るか 上記2つがわかる資料をこちらに用意しました。他の学生が手に入れていない、面接官が実際に使っている評価シートを手に入れて、選考を通過しましょう。無料でダウンロードできます。

関連タグ

アクセスランキング

《最大6つの質問で診断完了!》
Facebook Messenger
経由で
あなたにマッチした転職を診断します。

今スグ診断(無料)

《最大6つの質問で診断完了!》
Facebook Messenger
経由で
あなたにマッチした転職を診断します。

今スグ診断(無料)