IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

仕事でイライラした時の対処法8選|イライラした時の注意点4つ

更新日:2022年01月24日

言葉・雑学・歴史

職場はイライラすることが多く、ストレスがたまりやすい場所です。多くの原因は上司や同僚、部下、顧客などの人間関係によるものでしょう。ストレスをためずにお互いに気持ちよく働くためにも、自分にあったストレル発散方法を見つけていきましょう。

イライラした時の原因3つ

多くの方が、様々な原因から仕事でイライラした事があるのではないでしょうか。多くの原因は同僚同士、上司、お得意先などの人間関係によるものです。 具体的には、頑張っている自分をちゃんと評価してくれない、後輩が指示通りに動いてくれない、得意先や上司から無理な要求をされるなどがあります。 この記事では、職場でイライラする原因や解消方法などをご紹介していきます。

原因1:仕事の人間関係の場合

仕事でイライラする多くの原因は、人間関係です。 例えば、就業時間の終わりがけに仕事を頼まれたり、上司のミスを押し付けられたり、嫌みを言われることもあるでしょう。 このような人間関係の対処法は、苦手な人との距離をつかむことです。相手との距離を保ちながら、コミュニケーションを図ればイライラも少なくなります。 また、相手への期待が大きいほどはずれた時の落差も大きくなってしまうため、人に期待をしないということも意識すると良いでしょう。

原因2:人と意見が合わない場合

自分と価値観や波長が人と合わない時、イライラしてしまうことがあるでしょう。 合わない人の特徴としては、「我が強く、人の意見を受け入れようとしない頑固な人」、「気分によって言っていることややっていることがコロコロ変わる人」、「自己中心的で協調性がない人」などがあります。 人には色々な価値観があるため、自分と違う価値観を受け入れることは難しいことですが、まずは相手の意見に耳を傾ける努力をすることが必要です。違った考えが仕事をする上でいいアイデアになる時もあります。 その他の対処法としては、「相違点ではなく類似点を探す」、「聞き上手になること」です。相違点ばかりを探すと相手の嫌な部分ばかりを見て、どんどん距離が広がっていきます。類似点を見つけるように努力すれば、相手との距離も縮まり、仕事もしやすくなります。

原因3:自分に原因がある場合

仕事でイライラする原因として、「自分自身」があげられます。仕事で上手くいかない、体調が悪い、寝不足、家庭の問題などを抱えていて余裕がない時があります。 普段なら何でもなく聞き流せることでも自分に余裕がなければ、イライラしてしまうのです。 このような場合の対処方法として、「一度生活習慣を見直す」、「家庭等の問題を持ち込まない」などがあります。そして、自分の心に余裕を持つことが必要です。

仕事でイライラした時の対処法8選

職場は、イライラする原因のたまり場です。「上司や顧客から理不尽な要求をされる」、「後輩が指示に従わない」などほとんどが人間関係のストレスです。 このようなストレスな状態が続くと、関係のない人に八つ当たりしたり、イライラしてしまう自分自身に自己嫌悪になったりして、仕事に支障をきたしてしまうでしょう。 職場でよりよい人間関係を築き、安心して仕事ができるように、ストレスをためない方法やイライラした時の対処法をご紹介します。

対処法1:リラックスする時間を持つ

職場でイライラしたら、リラックスする時間を持ちましょう。またリラックスすることにより心に余裕が生まれ、コミュニケーションが円滑になるため、仕事もしやすくなります。 リラックス方法は様々です。音楽を聞く、香りを楽しむ、ストレッチやゆっくり深呼吸するなどがあります。自分にあったリラックスする方法を見つけることが大切です。

対処法2:原因を把握する

イライラの原因を把握することで、解決方法が見つかりストレスの軽減につながるケースが多いです。 相手から言動や態度がイライラの原因の場合は、自分ではどうすることもできないことがあります。その場合は、相手を変えようとするのではなく、「自分の行動や考え方」を変える必要があります。 相手が変わらない場合は、自分ができることをしてイライラの原因をなくす必要があります。例えば、締め切りを守らない人がいたら、締め切り前のリマインドを積極的に行うとなどがあります。

対処法3:他人の価値観を理解する

人には、色々な価値観があります。その価値観が自分と合う人合わない人がいて、合わない人に対してイライラが生じてしまいます。 価値観の違う人と上手くコミュニケーションするためには、お互いの価値観を認め合い、譲り合うことが大切です。価値観を理解するには、「相手の価値観に合わせる」ことが必要です。それによって、良好な人間関係を築き、その後、自分の価値観も伝えていく方法もあります。 お互いがストレスにならないように、コミュニケーションをとり、お互いの価値観を認め合うことが大切です。

次のページ:仕事でイライラした時の注意点4つ
初回公開日:2020年10月01日

記載されている内容は2020年10月01日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

アクセスランキング