IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

訪問許可を貰える、OB訪問時の依頼メールの書き方と例

更新日:2022年08月15日

メールマナー

インターネットや情報誌などで企業研究をすすめていると思いますが、より生きた企業情報を得るならOB・OG訪問が必要です。学生が社会人にアポイントをとるにはどうしたら良いのでしょう?ここでは皆さんがOB・OG訪問をするときのメールの書き方についてお伝えします。例文も付けておきますのでテンプレートとしてお使いください。

「履歴書ってどうやって書けばいいの?」 「面接でなんて話せば合格するんだろう」 そんな人におすすめなのが「就活ノート」 無料会員登録をするだけで、面接に通過したエントリーシートや面接の内容が丸わかり! 大手企業はもちろんのこと、有名ではないホワイトな企業の情報もたくさんあるので、登録しないと損です! 登録は1分で完了するので、面倒もありません。ぜひ登録しましょう!

OB・OG訪問で企業の本当の姿を知る

OB・OG訪問とは、自分が在籍する大学の卒業生(OB・OG)で、自分の志望企業に勤めている人に実際に面会し、情報を得る方法です。公開情報や企業説明会などでは明かされない、社員が直接知っている企業の姿を知ることができます。例えば ①実際の業務内容 ②社風 ③社員に求められている能力 ④仕事のやりがいや、困難 ⑤職場の楽しさや、悩み と、このような情報を得ることによって、将来あなたが志望企業で働いている状況をイメージすることができるでしょう。志望企業が自分に適しているかどうかの判断にも役立ちます。 大学のOB・OGは、同じ大学の先輩としての立場で、親身になって情報を教えてくれるほか、就職活動の相談に乗ってくれることもあります。企業の本当の姿を知ることは、就活でも最も大切なことですから、積極的に行いましょうね。そして、社会人と接触する就活の一環として礼節をわきまえて行動することが大切です。

OB・OG訪問先をみつける

OB・OGを紹介してもらう、自分でみつける等、いくつかの方法があります。 ①ゼミやサークルなどに志望企業のOB・OGがいる場合は、担当教授や先輩から紹介してもらう ②大学のキャリアセンター・就職課に問い合わせる ③SNSを利用し、大学名や勤務先で検索してみつける

OB・OG訪問のメールを書くときのマナー

社会人に必要なビジネスマナーとして、以下の点に注意しましょう。 ①誤字脱字に注意 ②一文が長くなりすぎないように改行 ③返信は速く ④時間帯に配慮、夜間は避け朝一番に送信する ⑤アポイント決定後、日程・時間変更はNG(やむを得ない場合は電話を入れて謝罪する)

OB・OG訪問のアポイントメールの書き方

ビジネスメールのマナーをふまえて、いよいよ実際にメールの作成になります。 先輩のメールアドレスにメールをし、お時間をいただけないかお願いします。ここで注意しなければならないのは主に4つです。 ①件名には「用件」「大学名」「名前」 ②メールアドレスをどこで知ったか伝える ③熱意をもってお願いする ④日にちや時間の調整はこちらから提案する ⑤最後に改めてお願いをする

1. 件名には「用件」「大学名」「名前」を盛り込む

先輩にとっては突然の依頼です。メールのタイトルにはOBまたはOG訪問と一目でわかるようにします。同時に大学の後輩であることと、名前を知らせます。 例:件名 【OG訪問のお願い】○○大学 一括美玲です。

2. メールアドレスをどこで知ったか伝える

知らない相手がどこでメールアドレスを知ったのかは、わからないと不安になるものです。きちんと伝えましょう。 例:紹介/照会元を伝える 大学の就職課で□□様の連絡先を紹介していただきました。

3. 熱意をもってお願いする

忙しく働く社会人に時間をいただくのですから、用件・結論を先に述べてわかりやすくします。そして、企業に興味をもった理由を簡潔に述べます。そして、先輩にぜひとも話を伺いたい旨を伝えます。

4. 日にちや時間の調整はこちらから提案する

次のページ:OB・OG訪問のアポイントメール:例文
初回公開日:2016年10月26日

記載されている内容は2016年10月26日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング