IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

エンジニアへの転職に成功するためのポイント3つ

初回公開日:2020年05月08日

更新日:2020年05月08日

記載されている内容は2020年05月08日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

プログラミング学習

エンジニアへの転職を希望する人のなかには、エンジニア未経験の人もいるでしょう。エンジニア未経験でも転職ができる求人はあります。しかし、転職活動を始める前にエンジニア業界の特徴や、転職を成功させるためのポイントを把握しておきましょう。

エンジニアに向いている人の特徴

エンジニアに向いている人の特徴
※画像はイメージです
出典: https://pixabay.com

IT業界は慢性的な人手不足なので、エンジニアの需要は高いといえるでしょう。また、エンジニアは専門的な知識や技術を求められるため、収入も高くなりやすいです。そのため、エンジニアへの転職を希望する人もいるのではないでしょうか。 しかし、エンジニアに限らず、どのような仕事でも人によって向き不向きがあります。もし、エンジニアへの転職を希望するのであれば、まずは自分がエンジニアに向いているかどうかを確認してみましょう。

エンジニアに向いている人の特徴1:自分の手で何かを作りたい

エンジニアはIT関連の仕事ではありますが、その仕事内容はものづくりともいえるでしょう。そのため、自分の手で何かを作りたいと思っている人は、エンジニアに向いているのではないでしょうか。

エンジニアに向いている人の特徴2:地道な作業に耐性がある

エンジニアに向いている人の特徴2:地道な作業に耐性がある
※画像はイメージです
出典: https://pixabay.com

エンジニアの仕事には、ひたすら細かい作業を繰り返すこともあるでしょう。また、その細かい作業を1箇所でも間違ってしまうと、システムが全く動かなかったり、思ったような動作をしてくれなかったりする可能性があります。 そのため、地道な作業でも集中力を切らさず、正確に続けていけるような耐性や我慢強さを持っている人が、エンジニアには向いているのではないでしょうか。

エンジニアに向いている人の特徴3:好奇心旺盛

ITの技術はどんどん向上していくので、エンジニアは常に新しい知識や技術を習得していくことが求められるでしょう。そして、その新しい情報を獲得するために、アンテナを張っておく必要があります。 好奇心旺盛な人であれば、新しい知識や技術に興味を持ちやすいのではないでしょうか。また、その知識を吸収して、スキルアップを続けていきやすいので、エンジニアに向いているといえるでしょう。

エンジニアという職種の特徴

エンジニアという職種の特徴
※画像はイメージです
出典: https://pixabay.com

エンジニアといっても、コンピューターのシステム開発や設計をするシステムエンジニアや、設計をもとにプログラミングを行うプログラマー、サイトやアプリなどのWebを利用したシステム開発をするWebエンジニアなど、その種類は幅広いです。 また、エンジニアの種類によって、仕事内容や求められるスキルは異なります。しかし、エンジニア業界全体に共通する特徴もあるでしょう。

エンジニアの特徴1:専門技術を身につけられる

エンジニアの仕事では、ハードやソフト、プログラミングなど専門的な知識と技術が求められるので、まずはこれらを習得する必要があるでしょう。 また、これらの技術は進化していくため、エンジニアになることで常に学び続けることが可能になります。専門技術を身につけておくと、もし転職をすることになっても、次の仕事が獲得しやすくなるのではないでしょうか。

エンジニアの特徴2:社会の役に立てる

エンジニアの特徴2:社会の役に立てる
※画像はイメージです
出典: https://pixabay.com

エンジニアは種類によって仕事内容が異なります。企業のITインフラを構築したり、AI技術によって社会問題を解決に導いたりすることが可能なため、エンジニアは社会の役に立っている仕事が多いといえるでしょう。 そのため、社会の役に立ちたい、困っている人を助けたいなどの思いを持っている人は、ひたむきに仕事に取り組みやすいので、エンジニアに向いているのではないでしょうか。また、気がつくと、人の役に立っていたということもあるかもしれません。

アクセスランキング