IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

未経験者がネットワークエンジニアになる方法|求められるスキルとは

更新日:2020年08月14日

プログラミング学習

企業で使用されているサーバーやネットワークの設計、保守などを担う職種として、ネットワークエンジニアが注目されています。未経験者がネットワークエンジニアになる方法はあるのでしょうか。今回は未経験者でネットワークエンジニアを目指すためのノウハウをご紹介します。

未経験者がネットワークエンジニアになる方法

ネットワークエンジニアとは、企業で使用されているサーバーやネットワークの設計、構築、保守などを担う職種です。幅広い業務を担当するため、やりがいのある仕事だといえるでしょう。 近年エンジニアを志望する人は増えているといわれていますが、実務経験がない人でも、ネットワークエンジニアへ転職することは可能なのでしょうか。 今回は、未経験者がネットワークエンジニアになるための方法や、必要なスキルなどについてご紹介していきます。

未経験でもネットワークエンジニアになれるのか

未経験の人がネットワークエンジニアになることは、可能なのでしょうか。ノウハウもない初心者だとして、異業種からいきなりネットワークエンジニアへの転職というのは現実的ではなく、厳しい道のりになるかもしれません。 しかし、独学でプログラミングを学んだ経験がある人や、スクールなどに通って知識を得た人であれば、実務経験がなかったとしても採用される可能性があるでしょう。

未経験のネットワークエンジニアに求められるスキル

プログラミングを独学で学んだ人や、趣味でプログラミングを作った経験がある人などは、実務経験に関係なく、エンジニアになれる可能性はあるでしょう。 しかし、未経験でネットワークエンジニアを志望するのであれば、それなりに事前の準備や研究、対策を練っておく必要があります。 それでは、未経験者がネットワークエンジニアになるために必要なスキルについてご紹介します。

好奇心や知的探究心があること

情報系の分野は日々変化しているでしょう。新しいIT関連の情報は、逐一キャッチしていく必要があります。そのためには、情報を得ようとする意識の高さが欠かせないのではないでしょうか。 情報収集力を養うためにも、常に好奇心や物事への探究心がある人でなければ、ネットワークエンジニアとして働くのは難しいかもしれません。 OSや機器などのトレンドは、仕事と直接的にかかわる分野でなくても、最低限の知識や情報は認識しておくのがベターです。

常にチャレンジし続ける、変化を求められる人

ネットワークエンジニアには、ネットワークやハードウエアについての専門スキルが要求されます。また、クライアントの主旨や目的をもとに、提案や設計をしていくことになるでしょう。 アイデアや技術が日々変化していく中で成果を出すためには、いろいろなことにチャレンジしていく必要があるのではないでしょうか。 さらに、問題が発生した時など、迅速に対応する行動力も問われるので、さまざまな変化に対応できるスキルも求められるかもしれません。

コミュニケーションが苦ではないこと

ネットワークエンジニアは、IT系の技術職という専門的な分野です。しかし、システム設計をするにあたり、クライアントのニーズにも対応する必要があります。要望をヒアリングして、相互理解できるコミュニケーション能力は大切な要素になるでしょう。 よりよいネットワークシステムを設計するプロフェッショナルとして、クライアントに納得してもらわなければ、仕事として成り立たないかもしれません。そのため、コミュニケーション能力は必要なスキルだといえるでしょう。

未経験のネットワークエンジニアに必要な勉強

ネットワークエンジニアになるためには、未経験だとしてもプログラミングを独学で学んでいたり、講習や講座に通って勉強したりしているとよいというのは先述した通りです。 それでは、未経験者がネットワークエンジニアになるための勉強方法には、どのようなものがあるのか、具体的にご紹介しましょう。

大学に通ってネットワークエンジニアを目指す

初回公開日:2020年05月08日

記載されている内容は2020年05月08日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

アクセスランキング