IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

保冷バッグでアウトドアを楽しもう!商品11選をご紹介

アウトドア・スポーツ

アウトドアに限らず、子どもの部活や運動会、買い物など、何かと活躍する必須アイテム保冷バッグ。最近は、保冷バッグのバリエーションも増え、機能性を持ちつつ、デザイン性も兼ね備えたも増えています。様々な保冷バッグの特徴を紹介していきます。

アウトドアの必須アイテム!保冷バッグとは?

キャンプやハイキングなどのアウトドア、学校の運動会、夏場の買い物など、何かと大活躍の保冷バッグですが、デザインが可愛いものや、保冷力など機能性が充実しているものなど種類は様々です。 今回は、機能性に優れたものからおしゃれなものまで様々な商品を紹介していきます。

保冷バッグの選び方

スポーツやアウトドアだけでなく、ピクニックや運動会。お買い物でも大活躍の保冷バッグ。しっかりとしたハードタイプのクーラーボックスと比較したら性能は劣るといわれますが、使わないときは折り畳むことが出来るため、収納もかさばらず気軽にどこにでも持っていけます。そもそも保冷バッグはどのくらいのスペックがあれば充分であると言えるのでしょうか?

:保冷バッグの選び方1:サイズで選ぶ

クーラーバッグを探していると、○ℓというサイズ表記がされています。素材やクーラーバッグの形によっても変わってきますが、実際にどのくらいの量が入るのでしょうか。一般的な目安を説明します。 例えば14ℓですと、全て飲み物を入れた場合「500ml×12本=約6kg」入ります。アウトドアだけじゃなく普段から気軽に使う方には、10~20リットル前後のサイズが良いでしょう。 デイキャンプやバーベキュー用だと20ℓ以上の容量がある保冷バッグがあるとよいでしょう。状況に合わせて複数使いするのもよいでしょう。

保冷バッグの選び方2:用途で選ぶ

保冷バッグを使う目的によって、保冷バッグの中に入れる内容量は当然変わってきます。 日常の買い物や、学校の運動会のお弁当を入れておくだけならそれほど大きな容量のものでなくてもいいかもしれません。 しかし、アウトドアでバーベキューの食材を入れていく場合、参加人数によっては大量の食材、飲み物を入れる必要が出てきますので20ℓ以上の大きめサイズのものが必要になってきます。使う場面や入れるものの量を考えて使い分けをしたほうがいいですね。

保冷バッグの選び方3:デザインで選ぶ

アウトドアで使うような高い機能性だけじゃなく、部活などちょっとした時はデザインもかっこいいオシャレな保冷バッグを持ちたいという人もいます。 特に男の子にはスポーツブランドの保冷バッグがのようです。

保冷バッグの選び方4:ブランドで選ぶ

保冷バッグと一言で言っても様々なブランドから出ています。 当然、ブランドごとにデザインや保冷能力などの機能性などそれぞれ個性とこだわりがあります。ブランドにこだわって選んでみるのもよいかもしれません。

保冷バッグ総合5

ここからは、様々なブランドから、持っていておしゃれな保冷バッグ。保冷効果を長く保つ高性能な保冷バッグなどを厳選してご紹介します。使用目的にあったお好みの保冷バッグを見つけてみてください。

アクセスランキング